ピックアップ

不思議系ネタ

洒落怖 カテゴリー

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

大学で本物の人間の遺体を解剖していたところ、いきなり作業中に鳴ったんだ、アレが・・・

2015年01月16日



303: はむ 04/05/01 03:02 ID:fEI7FVSi
そんなこんなで、大学に行くようになりました。
身元がバレルといやんなので詳しくは書きませんが。
ま、興味は湧かないと思うしね。

怖い話ってどうでしょう、本人は怖くても他の人はフーン。。。
くらいの感じなのかな。



話を戻そう。大学に進学してからもやっぱりバイトはいろいろと
やりました。居酒屋、コンビニ、飲食店、家庭教師、塾講などなど。

どうしよう、バイトの事から書いちゃおうかな、それとも大学での事を
書いちゃおうかな。大学は6年制なところなのね。だから、ここの板的には
面白いかもしれないよな。うん、そうだ、大学の事から書こう。

306: はむ 04/05/01 03:13 ID:fEI7FVSi
大学に進学してからの話。

この大学は独特な閉塞感のある大学で、勿論今現在も息苦しい次第だ。
他の同じ分野の大学もそうなのかもしれないけど、この空気って嫌なんだよね。
まぁ、そんな日々を送ってたさ。

解剖学の実習ってのがあるのね。実際にご遺体を分解していくやつね。
これって、大学生活序盤の一大イベントな訳よ。本物の人間なんだから。
学問上は必要不可欠なものなんだろうけど、気持ちがいいものでもないんだ。

でも、あんまりっていうか全然かな、この手の事にありがちな怖い話とかは
聞かないのよ。自分も前にあんな事があったから、多少死人が起き上がっても
大丈夫だろくらいの自信はあったんだ

【怖い話】7人ミサキ【洒落怖】

2014年12月04日

959 : 埋め立て 03/06/26 00:24
私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まりほとんど面子が変わることはありません。
これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確認を取っています。

私の2つ下にAという男の子がいた。Aは取り立てて変わったところも無い、普通の男の子だった。
ある8月(夏休み)の夕方、夕食までの間Aは家で昼寝のような感じで眠っていた。
そのうち、Aはおもむろに目が覚め、帽子を被って懐中電灯を片手に庭先へ出た。
この時のAの意識は半分寝ぼけた状態で、何故目が覚めたかは判らないとのことだ。


Aが庭先に出て行ったことに家族の一人が気づいたが、ちょっと出ただけだろうと気にも止めなかった。
家族の人の証言では、時刻は7:00頃とのことらしい。
Aが庭先にでると、6人の「人」がそこに立っていた。
性別・年齢・容姿など一切Aは覚えていないのだが、6人の「人」だと思ったそうだ。
6人はAを認めると、山の方へ(Aの家自体が山の斜面に建っていた)歩き始めた。
Aは寝ぼけた状態にもかかわらず、また見もしらずの人のはずなのに何の恐怖も感じず、むしろああついていかないといけないんだなと思い、吸い込まれるように彼らについていった。

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『生首事件』『地獄の夢』

2014年07月25日



1:本当にあった怖い名無し2012/11/02(金) 21:31:23.56 ID:DquizYRY0


3:本当にあった怖い名無し2012/11/02(金) 23:11:45.95 ID:azaMNrfi0

地獄の夢

自分にとってはかなり怖くて悲しい実体験です。暇つぶしにでも読んで頂き、ご感想を頂ければ幸いです。
---------------------------
どうやら死んだらしい。
始まりはそんな感じだった。
突然たくさんの人の中に自分が居る。周りの人の年齢は様々。
たくさんの人がいるが、顔見知りは居ないらしい。
それぞれが何をするでもなく、ただ群れている。
自分もまた人の流れに身を任せて歩いていると、少しずつ塊が細くなり、最後には一本の線になっていた。

列の先には真っ白い服を着て立派な髭をたくわえる老人。
老人は一人一人に何やら話しかけ、話し終わった人は老人の後ろの町へ消えていった。
自分の番になり、老人が言う
「さて、君は死んだわけだが、これから7日間この町で働いてもらう。」
「やっぱり。じゃあこれが神様か。天上人って普通のじじいなんだな。」
何やら笑えた。

「7日間働くことができたら1日だけ下に戻ることを許しましょう」
たった7日で戻れるのか?簡単すぎるだろ
天国最初の課題に拍子抜けしたが、そんなんでいいなら余裕余裕。
仕事を探すために町へ向かった。

仕事はすぐに見つかった。就いた仕事は道路工事の夜勤。
生きてるうちに経験しなかった事だからと軽い気持ちで始めたのだが、
これがやってみると意外と楽しい。時間はあっというまに流れていく。
一番驚いたのはどれだけ汗水流しても疲れないことだ。
死んでるってのは楽なもんだな。と毎日真面目に働いた。
これが終われば最高の給料がもらえる。
自分は大丈夫だと大切な人たちに伝えることができる。
8日目。正確には解らないが、たぶんそうだろう。
7日間の業務を終え、眠りついた所までは覚えているが、次の瞬間場所が変わっていた。
特に何も無い住宅地の細い道。見慣れた景色。
気がつけば自分が生まれ育った町に居た。
急いで我が家に向かう。たった7日離れただけなのに、不思議な気持ちだ。
家が、町が、人が恋しくて、いつのまにか走り出していた。

【怖い話】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?「開かずの間」「コックリさんとT君」「牛の森」

2014年05月19日


198: 1/4 2008/09/20(土) 21:35:00 ID:Xc6djnlE0
開かずの間


学生の時のバイト先の2階にあったのは多分開かずの間だったんだと思う。
弁当屋だったんだけど2階は休憩室と資材とか置いてた。

けど誰も2階で休憩しない。
デカイ窓あるのに昼間でも薄暗くてしめっぽい感じで、
資材取り行く時も絶対みんな一人で行きたがらない。
俺のだいぶ後に入った美大生の自称霊感持ちのかわいいけど
ちょっと変な女だけよく2階でタバコ吸ってた。

だから重くない資材とかはその女に頼むようになって、
かわりに休憩時間外の一服黙認みたいな感じにしてた。

店の資材在庫チェックのときも、当然その女面子にいれて
あと社員さんA、B二人とシフトだった俺とバイトのチーフの先輩五人でやる事になった。
社員さんBと先輩が電車の事故で遅れて三人で始めた。

おれがチェック表とか下でコピーしてたら、上から悲鳴が聞こえたので
あわてて階段をのぼってったら突然頭がびしょびしょに濡れた。
触ったら全然痛くないのに大量の血が出てた。




【年末】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?11『憑きもの』『エリちゃんと私』『ありえない』

2014年01月01日

9

1:本当にあった怖い名無し2012/11/02(金) 21:31:23.56 ID:DquizYRY0


【年末】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?10『命がけの抵抗』『神様の足跡』『願いが叶う神社』

2014年01月01日

11

1:本当にあった怖い名無し2012/11/02(金) 21:31:23.56 ID:DquizYRY0
年末ということで、『除夜の鐘』にちなんで『除夜の洒落怖』と題して、洒落にならない怖い話を108話集めてみました!

15分毎に10話ずつ、全11回で108話を公開しますよ!

現在見られているまとめ記事は、その第10回目です!






※↓「続きを読む」の後にクリックしてね!


上部に戻る