ピックアップ

不思議系ネタ

妖怪 カテゴリー

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

今昔妖かし奇談

2015年09月27日

百鬼夜行



1: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/07/31(土) 21:20:40 ID:Z2h+o0gXP
妖怪にまつわる忘れ去られた伝綺
地方の伝説から身近に伝わる妖しい話、体験談でもいいです。
妖しい雑談でもいいんです。
どこかノスタルジックで面妖な、そんなオカルトなスレです。




3: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/07/31(土) 22:21:21 ID:Z2h+o0gXP
「東京の外れの百体地蔵寺の宵祭り」

こないだ、百体ばかりの地蔵が野ざらしに祀られた寺で献灯会があった。
日の沈む頃、人々は祈りを託した蝋燭を手に持ち、地蔵の前に置いていた。
闇のなかで点々と小さな焔が揺れ動く光景は、どこか幻想的であった。
宵の口になると、広場ではインドや東南アジアに伝わる面妖な音楽と濃厚な線香の香りが流れ
祭儀に使う極め細やかな意匠を施した装飾品を身に纏った一人の男が、舞台で剣を片手に舞い踊っていた。
ダンビラのような剣を、流れるように颯と翻す様は神々しかった。

踊りの舞台も終わった頃、いよいよ宵も深くなり、雨も降りだした。
雨宿りで人が集まったお堂の中では、誰しも見覚えのないような、妖しい映画の上映会があった。
抑揚のない古風な民謡が延々と流れ、紙粘土で作られた白い狐と老人が、まごまごと聞き取れない口調で会話をしていた。
にわかに場面は切り替わり、夕焼の山道で白い狐が赤い口を覗かせ人に襲いかかる。
湿気と寒気が同時に襲いかかり、汗が止まらなかった。
人々が固唾を飲んで映画を見守るお堂の中では、扇風機だけが必死に首を動かしていた。
雨のお堂で観る分には雰囲気と相まって面白そうな映画ではあったが、結局最後まで何の映画かはわからなかった。
民家の囲炉裏で、白い死に衣装を身に纏った老人が横たわる布団の前で、三人ほどの住職が三味線をだんだらと弾くシーンを背に
私は、赤いほおずきの枝を片手に、宵の百体地蔵寺をあとにした。
ほおずきの枝を、暗い夜道で、ぼんぼりのようにかざして帰路につくなか
今宵は、終始妖しい光景のひろがる夢のような夜であったと、しみじみと思いかえしていた。

祭りの中では、妖しい光景が今なお広がっているのです。
夏は祭りの季節。
心のうずく季節ですな。

払い屋婆ちゃん『偽霊能者こらしめ話』『幽霊を泣かせた話』『孫が取り憑かれた話』他

2014年12月15日

596 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 19:07:58.71 ID:Ke+rxmhF0
さとりの裏をかいた話

ネタ投下しに来たらまさかの被りだと…
払い屋のお婆ちゃんのお話した者ですん
さとりの裏をかいたお話

いつも術を使うために使っている薬草を取りにいくために、
婆ちゃんはよく山に入る。
ある日、にわか雨に遭ってしまい、
近くの山小屋で雨宿りをしようとした。

そこに「さとり」がいた。
毛むくじゃらで、猿のような外見をしているそうで。
山小屋に入ると、そいつがどっかりと腰を降ろしていた。
「さとりだな、と思ったな」
そうしわがれた声で云う。
「どうやって退治しよう、と思っているな」
さとりは婆ちゃんとの間合いを詰めてきた。
だが婆ちゃんの方が上手だった。
素早く拳でフェイントすると、反対の手で思いっきり殴った。
心を読めるとは言え、フェイントに対して反射的に顔を
手でガードした所為で、二回目の拳をかわせなかった。
そのまんまタコ殴りにしてKO。
婆ちゃんはさとりを山小屋の外に放り出して、
皮膚の一部をはがしてしみる草を塗った。
さとりはひいひいいって山へ帰って行ったそうな。

払い屋婆ちゃん『185体の憑霊の話』『悪魔をいじめた話』『かけだしの頃の話』他
http://occult-2ch.net/blog-entry-740.html




払い屋婆ちゃん『185体の憑霊の話』『悪魔をいじめた話』『かけだしの頃の話』他

2014年12月12日

786: 本当にあった怖い名無し 2011/04/04(月) 21:50:59.90 ID:FwdkD7VN0
2ch初心者で、すまん流れが良く分からないが書かせてもらう
俺が小学低学年の頃よく転びそうになってたりすると一瞬女の人や男の子が見えていた
ような気がする・・・
あれはなんだったんだろうもう今は見えないが
結構昔なんで記憶が曖昧で面白くなくてすまん

787: 本当にあった怖い名無し 2011/04/04(月) 21:54:58.64 ID:riokNQTj0
>>786
それこそ御先祖様か守護霊があわてて抱きとめようとしてたんじゃないの?w

常時見えたなら「空想の友達」の可能性もあったかもね

788: 本当にあった怖い名無し 2011/04/04(月) 21:57:17.03 ID:FwdkD7VN0
>>787
常時ではなかった
守護霊って二人も着くもんなのかな
いや守護霊じゃないって可能性も・・・

789: 本当にあった怖い名無し 2011/04/04(月) 22:05:24.76 ID:riokNQTj0
>>788
子供の頃って感性鋭いからねw
毎回同じ人が見えたなら憑いてる人か守護霊だと思う。

790: 本当にあった怖い名無し 2011/04/04(月) 22:06:57.95 ID:2go2mi2F0
>>788
守護霊は一人とは限らないってお払い屋だった婆ちゃんがいってた

ぬ~べ~が倒せなかった妖怪を紹介してくから、お前らは感想書いてけ

2014年12月06日

ぬーべー

1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/18(土)22:02:23 ID:DacB7Nptd
最近話題のぬ~べ~ですが、私も子供の頃大好きでした。
そんな私も先日誕生日を迎え25歳になり、なんとぬ~べ~と同い年に
なってしまいました。
ぬ~べ~の様なカッコいい大人にはなれていない自分を恥ずかしく思います。

最強の鬼の手を持つぬ~べ~ですが、原作では意外と退治出来なかったり、
取り逃がしたり、あるいは封印するだけに留まった妖怪も多く出てきます。
このスレではそんな妖怪を紹介していきたいと思います。

ちなみに、初めから無害あるいは有益な妖怪については省いております。
(ぬ~べ~が勘違いして攻撃してしまった妖怪は紹介します)
別の機会があれば良い妖怪達も紹介したいです。


※多分にネタバレを含んでいますので未読の方は注意。
※「倒さなかった」の定義は曖昧なので細かいツッコミは無しで。
妖怪退治の仕事してるけど、何か質問ある?
http://world-fusigi.net/archives/6972808.html




2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/18(土)22:03:31 ID:DacB7Nptd
no title

no title



千鬼姫/#4,5 守護霊交代!の巻(前編・後編)

悪徳坊主の強制守護霊交代によって、郷子の守護霊として取り付いた憑依霊。
これにより郷子はおしとやかな性格になりますが、郷子を守る積もりのない
千鬼姫は郷子を殺そうとします。
元の守護霊(武者の霊)の助けもあり、ぬ~べ~が経文に封印。
最後は悪徳坊主の守護霊として憑依させました。

ちなみに後のエピソードでこの悪徳坊主は再登場しますが、一瞬で死にます。

小さい頃から幽霊とか妖怪が見えるけど質問ある?

2014年08月28日


1: 名も無き被検体774号+ 2013/05/13(月) 22:43:44.18 ID:3z44tvHk0
暇つぶしに。




3: 【Dliveetv1347375601300903】 本日の利用料 7,425円 2013/05/13(月) 22:44:57.22 ID:LyOBdr8z0
幽霊と妖怪って違う希ガスるけど、どんなの見えるの?

5: 名も無き被検体774号+ 2013/05/13(月) 22:46:21.82 ID:3z44tvHk0
>>3
自分は妖怪だと思ってるんだけど
明確な違いは分からないから曖昧に表現して見た。
個人的な見解としては行動や言動がまだ人間らしいのが幽霊かな

4: 名も無き被検体774号+ 2013/05/13(月) 22:46:12.02 ID:KAqxWlfq0
妖怪kwsk

7: 名も無き被検体774号+ 2013/05/13(月) 22:47:03.39 ID:3z44tvHk0
>>4
実は前にも一度立てた事があるんだが
神社に閉じ込められたとかそんな感じ
小さい頃から妖怪見えるけど質問ある?(前回版)
http://world-fusigi.net/archives/5591732.html

上部に戻る