ピックアップ

不思議系ネタ

2015年01月の記事一覧

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

母ちゃんがしてきた数々の心霊体験と伝説を話す

2015年01月29日



1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/27(火)20:36:39 ID:veY
心霊番組見ると昔のこと話してくれるんだよ
てことで話してく

まず母ちゃん伝説その1
・心霊番組でうつってる霊以外の霊が見えてる
(母ちゃんしかうちでは見えてない)
・なんかの番組でほぼ廃墟の家に入ったとき、布団とかいれる箱を霊能者が目つける→母ちゃん「あかんあかん、おばあさんおるし近よったらあかん」→霊能者が箱あけるとおばあさんの写真でてくる




【UFO】米空軍UFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」 ウェブで閲覧可能に…1万2618事例中、5.5%は今も謎のまま(画像あり)

2015年01月22日

  • カテゴリ:UFO
1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 09:10:04.59 ID:???0.net
米空軍のUFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」が情報開示され、
ウェブ上で誰でも閲覧できるようになりました。同調査は、1947~1969年に行なわれたもので、1万2618件に上るUFO遭遇事例が対象となっています。

このうち、全体の5.5%にあたる701件の事例は、現在も未解決の謎として残っているといいます。
プロジェクト・ブルーブック関連の調査ファイルはこちらのサイトで年代別にまとめられており、PDFで閲覧できます。
http://projectbluebook.theblackvault.com/

no title

▲ラボックライト事件。1951年8月30日、テキサス州で目撃された群れをなして飛ぶ発光体。
米空軍の見解では、チドリの群れだった可能性が高いとのこと。
鳥の白い胸の部分に地上の都市の光が反射したと説明されている。

no title

▲1951年の冬、ニュージーランドで撮影された写真。
撮影者はUFOであると考えたが、米空軍はレンズ雲だったと結論。

no title

▲ケネス・アーノルド事件。1947年6月24日に自家用飛行機でレーニア山の上空を
飛行中だったケネス・アーノルド氏が9機のUFOを目撃。米国調査機関がこの事例に関心を示した。
写真は1947年7月12日にオクラホマ州タルサ上空に出現した類似のUFO。

no title

▲1965年4月15日、ネブラスカ州オマハで撮影されたUFO。詳細不明。

no title

▲1954年12月27日、ニューヨーク州ブロンクスで撮影された潜水艦型UFO。詳細不明。

no title

▲1949年、ロズウェルで撮影された写真。同様の写真が多数あるが詳細不明。

no title

▲1957年7月、オハイオ州で発見され、異星人文明由来ではないかと考えられた謎の石。
専門家は当初、100年前の隕石であるとしたが、後に見解を改め、氷河中の堆積物の破片であると主張した。

no title

▲1965年8月3日、カリフォルニア州サンタアナ、交通調査員レックス・ヘフリン氏がポラロイドカメラで撮影。
米海兵隊エルトロ空港上空を真昼間に飛行していたとされるが、他に目撃者はいない。

no title

▲プロジェクト・ブルーブックのメンバー。
中央に座っているのが同プロジェクトの最後の長官ヘクター・キンタニラ氏。

http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2056
パイロットは全員UFOを目撃しているよ!でもそれを言うと降ろされるので上には言えない・・・
http://world-fusigi.net/archives/4730279.html




いまだ解明されていない不思議な写真

2015年01月20日

1: 頭突き(豚)@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 15:13:12.29 ID:mcfVx4pp0.net BE:829826275-PLT(12001) ポイント特典
 世の中にはたくさんの不思議な写真が存在する。後になってニセモノだったということを撮影者が告白したり、加工した事実がバレてしまうケースも少なくないが、その中でもいまだに謎のままになっている不思議な写真を、ニュースサイトの「American Live Wire」からご紹介しよう。

1. 黒い騎士の衛星
 現在、各国が多くの人工衛星を地球の軌道で航行させているが、この写真はそれより前の1960年に撮影されたものだ。
 この形状もかなり奇妙であるが、いつ撮影されたかを知るとますます謎は深まる。
no title


2. コッパー家の家族写真
 この写真について詳しい情報は知られていない。唯一判明しているのは、コッパー家が新しい住居に移り、記念にこの家族写真を撮ったという事実だけだ。
no title


3. エリサ・ラム(Elisa Lam)事件
 2013年1月、カナダの学生エリサ・ラムさんは、ロサンジェルスのダウンタウンにあるいわくつきのホテル、「セシルホテル」にチェックインした。
その後、彼女は行方不明になり、家族から捜索願が出される。
翌月、「セシルホテル」は宿泊客から「水の出が悪い」「水の味がおかしい」という苦情を受け、屋上に設置された給水塔を点検するが、貯水タンクからエリサさんの腐乱死体が見つかった。
https://www.youtube.com/watch?v=JQcTuTXpj3c



4. フレディ・ジャクソンの写真
 映っているのはゴダード戦隊の戦友たちである。しかしよく見てみると、ある人の後ろに男の姿が写っている。何とそれは、亡くなったフレディ・ジャクソン氏なのだ。
no title


5. 月面のピラミッド
no title


その他
no title

no title

no title

no title

no title

http://tocana.jp/2015/01/post_5568_entry_2.html
嘘か!本当か!今も語り継がれる奇妙な都市伝説。
http://world-fusigi.net/archives/6526400.html




世界でまだ解明されていない謎

2015年01月20日

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/20(火) 11:09:15.68 ID:/UeN8gHK0.net
暇だからあげてく

月の謎
■地球の衛星「月」についての謎はいまだに解明されていないことばかり
NASAの科学者たちでさえお手上げレベルの不思議な月

・月は同じ面しか地球に見せないのだが、自転周期と公転周期が全く同じという、
偶然とは思えない不思議。
・月と太陽の地球から見た大きさがほぼ等しい。月と太陽の大きさ(直径)の比は
1:400だが、地球からの距離の比も1:400である。
なので月と太陽が一直線に並ぶと皆既日食が見られる。ちなみ月は衛星としてはありえない大きさである。
・月に衝撃を与えて人工的な地震を発生させると3時間以上揺れが続いた。
このことから月の内部は空洞であると考えられる。




上部に戻る