ピックアップ

不思議系ネタ

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

おまいらが昔あった不思議な体験について語れ

2011年12月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不思議な体験晒せ

11:日本昔名無し2006/06/10(土) 13:58:10
風邪引いたときすごい夢みた 自分がすごい小さく感じるってか宇宙の壮大さを感じる夢 いつもみる…



23:日本昔名無し2006/10/25(水) 21:37:47
>>11
俺も風邪引いたとき、その夢よく見る。
自分をすごく小さく感じると同時に、とてつもなく大きな存在を感じる夢。
その存在は人間を遥かに超えた存在なんだけど、何なのかまったくわからない。
生物なのか、ただの物体なのか、それとも...
少なくとも、「海や山で大自然を感じて、人間ってちっぽけな存在なんだなって感じる」という類ではない。
その存在に底知れぬ不気味さを感じる。

よく考えたらぞっとする夢。







32:日本昔名無し2007/01/16(火) 16:59:06
>>23
それメッチャわかる。
俺も背丈的な話じゃなくて夢の中での人間の存在が小さくなる。
言葉に表せないんだけど物凄い恐怖になる。
で毎回ボス的なのが出てきて人間がそいつから逃げようとするんだけどどう足掻いてもどうにもならないみたいな

ゾクってして朝起きると汗メッチャかいてて風邪引いてる。
起きても数分は夢と現実の区別がつかない。
起きたときは「うわあああああああああ、やられるうううううう」みたいなとてつもない恐怖



105:日本昔名無し2007/05/11(金) 02:50:26
>>32
↑これ見てびっくりした。
俺も確か中学あがったぐらいまでこんな夢を見てた。
今考えると、庇護の外へ出ることへの不安が抽象化されたような夢。
重圧感のある闇の化け物が次々に高く伸びて、自分を覆いつくす。
俺は未だに送電線の鉄塔や、港にある巨大な機械やタンクに、
恐怖ではないが、無気力にならざるを得ないような圧倒された
感じをおぼえる。



113:日本昔名無し2007/05/12(土) 01:12:49
>>105
おれもあるぞ!
どうしようもなく広大な宇宙の闇の中に
綺麗な地球がぐるぐる回っているだけなんだけど、
何ともいい知れぬ恐ろしいほどの、頭が狂ってしまうほどの恐怖みたいな
ものを感じるのよね。

決まって、熱を出したときに見ていた。
小学生に上がる頃から、ぷっつり見なくなった。



18:日本昔名無し2006/10/23(月) 16:24:31
きつね火は本当にある。小さい頃、田舎の山一面提灯の灯りみたいなのが、
点いたり消えたりしてた。おふくろも一緒に見てた。



27:日本昔名無し2007/01/13(土) 21:08:00
消防のとき、家に帰って、ドアを開けたら、玄関に血がぽたぽたと落ちていた。
びっくりして母親を呼んだら、もう血がなくなっていた。
なにかと見間違えたんじゃないのと、笑われた瞬間、電話がかかってきたのが、
田舎の祖父が、大動脈破裂で急死したという知らせだった。



29:日本昔名無し2007/01/14(日) 18:48:17
小さい時、誰もいない筈のトイレのドアノブが独りでに動いてたコトがよくあった



387:日本昔名無し2011/03/18(金) 17:37:40.42
>>29
ナカーマ



37:日本昔名無し2007/01/21(日) 01:44:55
大学生の時、同じゼミの女の子の下宿に、5人くらいで遊びに行った時のこと。
あまり酒が強くない自分は、早々につぶれて寝てしまった。

目を覚ますと、夜の二時くらいで、みんな帰っていて、宿主の女の子だけになっていた。
そんなに気があったわけではないが、なんとなくエッチな雰囲気になり、その子を相手に童貞を捨てた。
彼女のリードがよかったのか、自分に酔いが残っていて気が大きくなっていたのか、われながらうまくいったと思っていた。
そして行為の後、そのまま泊まるのは気まずかったので、自分の下宿に帰った。
朝目覚めて、これで俺も大人になったと思っていた。

その日の午前中、大学に行って友人から聞かされた話は信じられない内容だった。
自分は酔いつぶれた後、友人らに担がれて、下宿まで帰ったこと。
昨夜、自分が童貞を捨てたと思っていた彼女は、
自分たちが帰ったあと、下宿のワンルームマンションの屋上から飛び降り自殺をしたということ。

記憶に残っているあまりにも生々しい感触に、今でも自分の童貞喪失は、その夜のことだと思い続けている。



38:日本昔名無し2007/01/21(日) 19:00:01
>>37
怖えぇ(((( ;゜Д゜))))

その娘に何があったんだ・・・



54:日本昔名無し2007/02/18(日) 00:19:12
物心がついた頃から、
「〇〇(俺の名前)は1回死んだんだ」
って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。
その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。
多分自分が生まれる前の記憶だと思う。

俺の実家は1つの敷地に「隠居」と「勝手」っていうのがあって、隠居にはばあちゃんとじいちゃんが住み、勝手には1つの家族が住む。
その隠居と勝手の間の道は車1台が余裕に通れるくらいなんだ。


そして俺の記憶ではその隠居と勝手の間でばあちゃん、じいちゃん、両親、親戚その他もろもろに囲まれてばあちゃんに斧で殺された記憶がある。
みんな無表情だった。

余りにもリアルな記憶だったから物心付いた頃からそう言っていたんだと思う。



62:日本昔名無し2007/02/24(土) 13:34:22
独身時代の話。

部屋でテレビを見ていたが、少しウトウトとしてしまったとき
彼氏が友達の家に行くのに事故ってしまうという夢を見た。
ハッと目が覚めたがやけにリアルな夢で気持ちが悪かったので
彼氏に電話をすると、その友達の家に行くのに家を出るところだった。
行かないでと言ったが、馬鹿にして電話を切られてしまった。
事故りませんようにと祈っていると、2.3分後電話がかかってきて、
どうしても車のエンジンがかからないから行かないと言っていた。
次の日には車はなんとも無かった。

今でも旦那とアレはなんだったんだろうと話している。



64:日本昔名無し2007/02/25(日) 15:24:39
昔というより今も見るけど時計を見ると
1:11 2:22 3:33 4:44 5:55 11:11 12:34
を三回に二回の確立で見る
ただ時間を聞かれたり、焦ってて何回も見るときは見ない
自然じゃないとだめっぽい



69:日本昔名無し2007/03/25(日) 03:43:01
>>64
俺発見wwwww



67:日本昔名無し2007/03/18(日) 21:29:56
>>65
つ鐘馗
kwskはwiki様に聞いてみな



71:日本昔名無し2007/03/28(水) 03:12:37
スレ違いかな…だったらスマソ

私がトイレを覚えたての3才の頃。
トイレに行ったはずの私がなかなか戻って来ないのが気になった母親がトイレまで見に行ったらしいんだけど、
何故か私はトイレの中に入らずドアの前で無言で立っていたみたい。
不思議に思った母が私に「何でトイレせずにそんなところでずっと立ってるの?」って聞いたら
「だって、今はおじいちゃんが入ってるから私が邪魔しちゃいけないでしょ。おかあさんが今ドア開けたから怒ってるよ」
って真顔で応えたらしい… 
もちろんトイレには誰もいなかったのに((((;?Д?)ガクガクブルブル
全然覚えてないけど、私には何かが見えていたのだろうか。



72:日本昔名無し2007/04/11(水) 14:26:31
僕んちの仏間にはコタツがおいてある。年がら年中ってワケじゃないけど、結構な季節になるまで。
で、春になると日差しが差し込んでかなりいい感じになる。
当然心地よくて、仏壇の座布団に頭のっけてよく寝てた。
その日も懲りずにコタツで寝てた。すると変な夢を見た。
視界がぼやけている…。見覚えのある部屋――仏間だ――、見覚えのある背中――それはなんと僕だった。
僕がこちらに背中を向けてぐっすり眠っている。驚くべきことに僕はそれを斜め後ろから眺めている…!
一瞬混乱したが、すぐに『ああ、これは夢だな』と思った。
夢なんだから好きな事をやろうと思って、自分の寝顔を覗いてやろうと思った。
体を動かそうとする…と、いきなり圧力がかかって動けなくなった。
え?なんで?と思った瞬間に体がビクッとふるえて目が覚めた。

お母さんに話したら怖がられた。でもたぶん夢でしょう。
仮に夢じゃなかったとして、幽体に金縛りなんて有り得るのでしょうか?
経験者の人、誰か教えて~。



73:日本昔名無し2007/04/14(土) 11:13:36
>>72
俺は経験者じゃないけど、多分その夢の中の自分の顔は見てはいけないものだったんじゃないかな?
それで、何かがそれを止めてくれたんじゃないだろうか・・・・



74:日本昔名無し2007/04/15(日) 11:00:25
>>73
ガクガク(((( ;?Д?))))ブルブル



75:722007/04/15(日) 11:13:45
>>73 教えてくれてありがとう。
…怖いなぁ、それ。怖いけど、止めてくれたのは誰なんだろう…?
おじいちゃんとは面識がなかったし、やっぱりおばあちゃんかな…。
ともあれ、止めてくれてありがとう、おじいちゃん、おばあちゃん…。(ホロリ



87:日本昔名無し2007/04/24(火) 13:58:29
ここの住人で、霊(悪霊?)の臭いを感じた人は居ませんか?

私には霊感とか霊能力とかは全く無く、また霊とか魂とかは信じない性格なんですが、
以前、四畳半のアパートに住んでいた頃、時折部屋に変な臭い(甘い様な生ゴミ系の
臭い)が漂って来る時がありました。別にその日はゴミ収集の日でもなく、下の部屋
や、隣の部屋でもその原因(臭い)となる様な事は何も無かったのです。また、ドアー
を開けて廊下に出ても何も臭いませんでした。そして、数分経つとその臭いは消えて
無くなるのです。 後で、ある本を読んだのですが、それは“霊の臭い”だそうです。
未だに半信半疑なんですが……



95:日本昔名無し2007/04/25(水) 17:58:47
>>87
甘いアロマ系の香りを出すオサーンなら知ってるけど。
ただ座ってるだけで何の前触れも無く、部屋中をそんな匂いにしちゃいますよ。
本人も謎に思ってるそうです。



100:日本昔名無し2007/05/09(水) 10:15:44
小さい頃、夜、目が覚めてトイレに行く時、階段を2~3段下りてからその後
ふわ~と飛んで階段の一番下まで行ってた。
(帰りは飛べずに普通に階段を上った)

こういう事が頻繁になった。

毎回、そういうシチュエーションに遭遇する度に「この間飛べたのは夢だったのかも?」
と思ってちょっと迷うんだけど、勇気をだして飛んでみるとやっぱり飛べた。

今となっては全てが夢だったのかどうだか分からない。



153:日本昔名無し2007/07/21(土) 11:57:54
>>100
すごい!俺と同じ体験だ。思わず自分が書き込んだのかと思ったくらい。
この板に来るのは初めてだからそんなはずはない。
似ているところもあれば、違うところもある。

似ているところ
>階段を2~3段下りてからその後
>ふわ~と飛んで階段の一番下まで行ってた。
>(帰りは飛べずに普通に階段を上った)
>こういう事が頻繁になった。

俺もそう。何故か階段の一番上から飛べない。
いつも階段を2,3段降りてから、この現象が起こる。
俺の場合は飛ぶというより、空中に浮かんで平行移動して階段の一番下まで行く感じ。
帰りは飛べずに、普通に歩いて階段を昇る。

違うところ
>毎回、そういうシチュエーションに遭遇する度に「この間飛べたのは夢だったのかも?」
>と思ってちょっと迷うんだけど、勇気をだして飛んでみるとやっぱり飛べた。

俺の場合は、いつもは飛べなかった。(自分の意思では飛べなかった)
飛ぼうとしても飛べなかったこともあるし、逆に勝手に飛ぶこともあった。



101:日本昔名無し2007/05/09(水) 20:21:21
夢から覚めたら体が宙に浮き、やがてすぐに体に戻った。まだ寝ぼけてるのかと思ったがその内決定的な事実を認識した。
体がなかなか元に戻らず焦り、やっと戻れた時に幽体離脱だったと理解した。今は治ったらしく、全然ならない。
既出っぽくてスマソ
スレチかも



103:日本昔名無し2007/05/10(木) 15:35:58
>>101
昔よく同じような夢を見てた。家の階段の時もあれば学校や店の階段の時もあった。
上る時も飛んでたw
でも寝てる自分に戻る、とかそういうのは無い

>>101は幽体離脱だったのか?w


自分は夢の中でこれは夢だと自覚&周りの人に説明する夢を見たり、夢の中で三重に繰り返される夢から目覚める夢を見たこともあったw
夢の中で目覚めて、それがまた夢で、起きて、さらにそれが夢で…っていう夢。

実際現実に起きた時、これもまた夢なんじゃないかと錯覚して少し混乱したことある



106:日本昔名無し2007/05/11(金) 03:22:08
>>103
101だけど、寝ている状態からは見えない位置にある本棚を見たり、
何より自分の顔や姿全体を見下ろしていたことに驚いたから幽体離脱だと思ったんだがもしかしたら違うのか?
あと、時計も見た。浮いてる時に見た時間と起きた瞬間以降の時間は繋がってた。



107:日本昔名無し2007/05/11(金) 03:28:25
横槍入れるようだけど、その離脱した時ってどのくらいはっきりしたものなのかな。
今部屋の中とか見回してみて、それと同じくらいの認知能力なの?



119:日本昔名無し2007/05/13(日) 13:52:55
>>107 認知能力はリアルと変わらない感じだった。
自分の手を見ようと前に持ってきたら自分の手が見えず布団が見えた。
本棚の本に手を伸ばしたらさわれなかった。
そういえば耳鳴りみたいのがあった。幽体離脱した時エレベーターに乗った時みたいな妙な感覚(負荷?)があって、それ以来エレベーターがもっと苦手になった(T_T)


※管理人:
どうやらこの体験は明晰夢を見てたようですね!


関連記事
◆明晰夢を見る方法:お前ら明晰夢で二次元行ってセクロスしまくろうぜwww
◆幽体離脱のやり方:お前ら幽体離脱であそぼうぜwwwやり方教えてやるよ!



121:日本昔名無し2007/05/14(月) 16:37:01
>>119
おぉっ、一度経験してみたい!
ちょっと心理学勉強するわ。気になって仕方がない。



120:日本昔名無し2007/05/13(日) 17:25:33
身近な関係の人が死ぬ時の「虫のしらせ」ってのが結構あった。
迷信みたいなベタなものだけど、神棚の物が落ちたり、箸が突然折れるとか。
心配した親が真っ先に田舎や親戚にさりげなく電話してみると、
ほぼ確実だったことから今でも迷信を信じちゃう。
今は全く無いんだけど、親の死に目に会えないと嫌なので、
夜は絶対爪を切ることはしません。いろいろと一応実行してます。



138:日本昔名無し2007/06/30(土) 05:20:54
今15になる娘がまだ幼児だったころの話。
旦那がいるときは娘は普通に「お母さん」と私を呼ぶのだが
二人きりのときは私の下の名前を呼び、
いかにも内緒話をする、といった口調で
「○○(私の名前)、ぼくを覚えている?」
「○○にまた会いたかったから、生まれてきたんだよ」
とよく言っていた。
なんとなく気味が悪かったけど、成長するにつれていつのまにかそういうことはなくなった。

娘はその当時のことをうっすら覚えているらしく、
「なぜそんなことを言ったかはわからないけど、お母さんを見るたびに好きな人を見ているような
なんか懐かしくてしょうがないような気持ちになっていた気がする。
で、なんでかお父さんの存在がうっとおしくて、邪魔に感じてた」
と言うことがある。
今はそういうことはないそうで、一安心。

なんだったんだろう。



139:日本昔名無し2007/06/30(土) 18:37:42
夜中の住宅街を車で走っていたら小川の上を若い男が歩いていた
そんなバカな!と思い車を止めてみたが姿が見えない
これは川に落ちたんだなと思いフェンスを乗り越えて助けに行ったが
小川は何事も無かった様に静かだった(もちろん誰もいない)

一番不思議に思ったのが全然幽霊らしさが無かったという所
着ていた安っぽい(しまむらで買ったような)ポロシャツの柄や
素材感が妙にリアルに覚えている まったく普通の人に見えた



142:日本昔名無し2007/07/11(水) 16:26:17
私はそういう体験ないんだけど、母親がたくさん不思議な体験してるので
おまいらにお聞かせしようと思う。

母親がまだ独身の頃、職場に陰気な女子社員がいたそうで。
なぜかあまり仲は良くなかったんだけど、その女子社員の方は
ウチの母にだけはいつも「悩みがあるので聞いてほしい」としつこかったんだそうな。

彼女は893の愛人とかいう噂があり、悩みというのはその893と
別れたいという事だったらしいんだが、問題が問題だけに他の女子社員はおろか
男性社員からもそれとなく避けられていた。
母も先輩から近づかないよう忠告されていたがある日、いつものように
「用事があるからごめんね」と断ったところヤケにすんなりと
「そう・・・」と言って帰っていったんだそうな。



143:日本昔名無し2007/07/11(水) 16:50:04
ホントに過疎ってますなココ(^^;)
>>142の続き

母親も彼女の態度は気になったが、断り続けるのはしんどいし
「なんだろ、まぁいっかw」ってな気持ちで帰宅した。

当時住んでた都内のアパートは木造2階建てで、
窓の外にはベランダなどはなくただ落下防止の鉄柵がついているものだった。
で、母親の自室は2階だった。
帰ってすぐに仏壇に手を合わせ、お供え物を下げた時だった。

「コンコン」・・・誰かがドアを叩く音がした。

「こんな時間に誰??」同居している母の姉なら合い鍵で入って来れるはず。
届け物にもこの時期心当たりがない。気味が悪かったので居留守を決め込もうと
そのまま足音が立ち去る気配を待った。



145:日本昔名無し2007/07/11(水) 17:28:36
>>143の続き
なんか書いてるうちにスレ違いのような気がしてきた(川--)

しかし立ち去る足音は聞こえず、なんだか空恐ろしい気分に
なったところまた今度は「コンコンコンコンコンッ」とせっぱ詰まったような
ノック音に変わった。そして、
「あけてよっ!!あけてよっ!!友達でしょっ!?」という絶叫&ドアを開けようと
ガチャガチャとノブを回す音が聞こえた。

その声は間違いなく、かの893の愛人の同僚社員であった。
「やだ、なに人の跡付けて来てんの!?いつも無視してるからって
どういうつもりなんだ??」と怒り心頭。一言怒鳴りつけようと
玄関まで向かった所・・

「ガンガン!!ガンガン!!」「あ~け~て~っ!!」と今度は激しく
雨戸を叩いて叫んでる。
「ちょ、何アイツ窓まで上がって来てんだ!近所に見られちゃうじゃん!
・・・でも、ここは2階でベランダもないのにいったい何処につかまってんの?」
と思ったとき母は初めて体中に鳥肌が立ち、布団をひっかぶった。
音はしばらく続いたが最後にいっそう大きくなり、ぱたっと止んだ。

その瞬間、母は体中を鋭い刃物でメッタ切りされるような痛みを感じ、気を失った。



146:日本昔名無し2007/07/11(水) 17:41:27
>>145の続き
長々とごめんなさい。意外に書くと長かったorz

翌日母が会社に着くと、なんだか周囲が騒がしい。
同僚に聞くと、どうやらかの女子社員が自殺したらしい。
ちょうど母の自宅に現れたぐらいの時間、千駄ヶ谷の駅で電車に飛び込んで
原型をとどめないほどメチャクチャに轢かれたとの事だった。
(ニュースにもなったらしい)

あの斬り付けられた痛みは彼女の痛みとリンクしてたのかもということと、
ドアをもし開けていたらどうなっていたんだろうと未だに不思議な体験だそうだ。

長カキコスマソm(_ _)m



151:日本昔名無し2007/07/19(木) 16:39:37
盆に母屋の死んだじぃちゃんの夢をみた。

母に言ったら、じぃちゃん帰ってきたんだねと言われた。

それから10年。

10年もたってから『実はあの時お母さんもじぃちゃんの夢を見たの。』

今さらかい?!

と思ったら弟もじぃちゃんが死んだ年の盆にじぃちゃんの夢を見たとか言い出して…。

3人の夢は
弟はうちの前を通過するじぃちゃんの夢。
母ははじぃちゃんが角をまがる夢。
私はじぃちゃんが私の部屋の軒下を歩いている夢。

夢を繋げたらじぃちゃんが母屋である自分の家に向かって歩いているという一つの夢になった。

しかも3人共通してじぃちゃんの服装まで当てた。

初盆にじぃちゃん帰ってきたんだね。

10年たったがジーンときたよ。



154:日本昔名無し2007/07/22(日) 18:35:52
上げておくよ



156:日本昔名無し2007/07/24(火) 21:04:26
不思議といぅか、、
私が消防だったころのはなし

あたりはずれがぁるくじを引いたり、お菓子を買うとき なんでたあたりのものから冷たい風が吹き上げてきてた、
集中すれば風の強度で順位まで当てていた。

そのわけのわからない力を使い、席替えは常に好きな人の隣だった

厨房になりそんな事も忘れ 三年間普通にくじを引き 普通に貧乏くじを引いてた。


今思うと胡散臭い自分、、



157:日本昔名無し2007/07/25(水) 01:39:12
俺もスピードクジの時それに近い感じのこと集中すれば出来る…

自己満の可能性もあるけど



171:日本昔名無し2007/08/05(日) 00:19:48
母方の家系は代々自分の葬式を見届けてからあの世に旅立つと、生前の祖母から聞かされていた。

曾祖父の時は葬儀の間ずっとフクロウがいて葬儀が終わると飛び立っていったらしい。
曾祖母の時は、蝉が式が始まってから終わるまで式場内でひたすら鳴き続けていたそうな。

そして去年の7月に祖母も心臓麻痺で他界。
式が始まってからどこからともなく一匹の蝶々が入ってきた。
その蝶々は通夜と告別式とちゃんと二日間式に参加して、最後に親族一人一人の頭にとまってから飛び立っていきました。

蝶々を選ぶあたりが派手好きだった祖母らしぃ…



218:日本昔名無し2007/09/18(火) 23:47:14
軍服姿で天皇陛下万歳と泣きながら死ぬ自分の夢を見た(海軍)翌朝起きてテレビを見たら昭和天皇がなくなっていた。



222:日本昔名無し2007/12/10(月) 16:44:58
これは、阪神淡路大震災のときの話し
私の家族わ皆でいつも寝ていました
そしてある日私の叔父が泊まりに来ることになり叔父を一人でそれまで私達が寝ていた部屋にねせ
その間私達は子供部屋に皆で寝ることになりました
2、3日して叔父は帰ったんですけど私達は子供部屋で皆で寝る事にハマってそのまま子供部屋で寝ていました。

そしてついにあの震災が起きてしまいました。

それまで私達が寝ていた部屋は大きなたんすが倒れ、テレビが落ちていました。
もしもあのとき急に叔父が来ていなかったら。
もし子供部屋で寝ていなかったら。

今考えても恐ろしいです。



223:日本昔名無し2007/12/19(水) 10:24:23
>>222
不思議どころじゃなくて奇跡



232:日本昔名無し2008/01/03(木) 15:26:35
小学校6年の社会の授業の時、突然担任(女・20代・かなり美人)の声色が低くドスの聞いた感じに変わり、
目つきもどこか虚空を見ているような感じになり、
戦時中の国民学校とかで先生が生徒に訓示しているかのような内容の話が始まった。
(天皇陛下がどうのこうのとか、わが国は神の国であるからどうだとか)
最初、冗談かと思ったが、ざわつくと切れたように怒り出し、女子は泣き出す始末。
ある男子が隣のクラスの先生を呼びに行き、隣の担任(女・50代)がやってきて、
名前を呼びながら、肩を2、3回叩いたら、正気に戻った。
その場にへたへたと座り込み、その日はそこで授業が中断になった。
その後もたびたびそんなことがあり、その先生はやめてしまった。
古い学校で、空襲で授業中の先生と生徒が死んだとかいう歴史のある学校だったが、
先生の異常との関連は定かでない。



234:日本昔名無し2008/02/25(月) 01:26:21
小学生の頃よく
「〇〇(私)の声が聞こえたんだけど昨日あそこ居た?」
とか言われる事があった。しかしそこに居合わせた事はない。



244:日本昔名無し2008/03/22(土) 01:22:47
不思議でも何でもないかも知れないけど、過疎ってるようだから投下
前世とか嫌いな人は見ないでね

私は男女の双子の、女の方(姉)として生まれて、
男の方(弟)とは相当仲が良い
ってことを前提にお話します

母の職場の人が、なんかすっごい霊感があるらしくて
写真を見ただけでその人の前世諸々が分かるって話題になってた
そういうの好きだから、面白半分で写真渡して見てもらったんだ

その人によると、私の前世はたくさんあるらしいんだけど、
中でも色濃いのは十二単を纏っているような日本女性で、
その日本女性は早くに夫を亡くしてしまったらしい
夫との間に一人息子がいたらしいんだけど、
「夫亡き今、この息子を私一人で立派な武士にしなければ」
という想いがあまりにも強すぎたせいで、
双子として一緒に生まれてきてしまったんだとか

その話を聞いたとき、別に嬉しくも悲しくもないのに、
今まで流したこともないぐらいの、大量の涙が出た

普通、涙が出ると鼻水とかも降りてくるけど、その時はただ涙が止まらなかった
1時間ぐらいずっと泣いてたよ
私にとってはすごく不思議な体験です



245:日本昔名無し2008/03/23(日) 01:08:50
8~9年前茨城の核燃料の会社で漏洩事故があった日
俺は夢を見た<自分が昭和20年の広島の高校生で授業中に爆弾が落ち、とっさに
椅子の下に蓋があってその蓋を空けて中に隠れた。その時これは原子爆弾だと確信
した>朝起きたら珍しい夢だったので母親に話した。
その時テレビのニュースで核燃料の漏洩事件の報道をやっていた。
驚いた。偶然にしちゃあありえない。



248:日本昔名無し2008/03/27(木) 21:43:34
15年ほど前の事です。
自宅で兄(当時小2-3)と2人で遊んでいた時のこと。
当時はビックリマンが流行っていて、ヘッドロココ(というキャラ)の塩ビ人形で遊んでいた。


人形をゴザのような敷物の下に潜らせて、足で踏んだ。
当然、ボコっとした感食がする。何度も踏んだ。
なぜそうしたかは覚えていないけど感触が新鮮に感じたのだと思う。

踏んでいるうちに人形の感覚が消えた。ゴザをめくってみると人形が無くなっていた。
あれ?と不思議に思い、兄と2人で部屋中探した。
なぜか人形は数メートル離れた廊下の窓際に置いてあった。

なんでだろう?と思ってもう一度試してみることにした。
また消えた。そして人形はまた廊下の窓際にあった。
それから2-3回試したが、ゴザの下から窓際まで見事にワープした。


あまりに不思議だったため、どういう事なのか知りたくなった。
兄がゴザで踏み、俺が窓を見張ることにした。

「消えたよー」兄から声が聞こえたが窓に人形はこなかった。兄と部屋中探した。
その人形は部屋内に置いてあった掃除機の取っ手部分にワープしてた。
そして、それ以降はまったくワープしなくなってしまった。

あれから15年。誰にも信じてもらえない。
だが兄は今でも覚えてて「気持ち悪いから思い出させるな」と言う。

なんだったんだろ、あれ。長文・乱文スマソ



249:日本昔名無し2008/03/29(土) 00:38:48
あんたらの体験がガチなら恐ろしい…



250:日本昔名無し2008/03/30(日) 09:05:30
20年くらい前、高校生の時、一人で留守番をしていたら、
インターホンが鳴った。
出てみると、乞食みたいなのが立っていて、
「この家には死神がついている」と言い残して立ち去っていった。
(特に物乞いするとかでもなし)
それからしばらくして、父親が交通事故、母親が胃ガン
弟は野球部の練習で打球を左目に受け失明寸前、
妹は中学でいじめられて不登校になり、
祖父のボケがひどくなるなど、
死人こそ出なかったが、家中めちゃくちゃだった。
(ボケた祖父は5年後に死んだが)
乞食のことは誰にも喋ってなかったのだが、
言ってることがあたったのではと内心おびえていた。
次は俺の番かと思っていたが、何事もなく20年が過ぎた。
今年の正月、実家に帰ったとき、
父親と酒を呑みながら、その話をしたら、
遠くを見るような目で
「それは本物の疫病神だったのかもしれんな」とつぶやいていた。



254:日本昔名無し2008/04/02(水) 10:50:04
小学2年か3年の頃。近所の遊び仲間数人と公園へ行った。
すると、日曜日の昼間、地方の小さな町の自然公園なんぞには場違いな(今にして思うとだが)
小洒落たジャケット姿の男(30前後か?)が現れ、「おもしろいもの見せてあげるよ」と・・・
俺らを集め、ベンチに座った彼は大仰なしぐさで自分の口を手で押さえると、
口の中から七色というか玉虫色というか、とにかくきらきら光るスーパーボール大の球体を出した。
球というか微妙に動くゲル状だったかもしれない。それまでは普通にしゃべっていたから口の中に仕込んでいたとも思えない。
顔は整ってはいるが目がギョロっとした一風変わった感じの男で(もう漠然とした記憶しかないが)
俺らは不思議な男=宇宙人という極端な発想から走って逃げた…と思う。



259:日本昔名無し2008/04/23(水) 20:40:33
チャリで家に帰ってる途中
自分以外誰もいなくなった。

結構大きな道路なのに一台も車がいない。
通り過ぎる一軒家に停めてある車もない。
コンビニの前を通っても店員も客もいない。
静かで自分のチャリを漕ぐ音しか聞こえない。

え、何コレ?って思ってたら一台、車が通って
いつも通り交通量が増えた。


たぶん数十秒くらいの事だったと思う。
友人に話したら
「あ、それなったことある」
って言われて不思議だよねって話したな。



262:日本昔名無し2008/05/06(火) 11:18:05
>>259なんかものすごい偶然が重なったんだろうね自転車で通った場所がたまたま。あんまり気付かないけど誰でもありそうだよそれ。



263:日本昔名無し2008/05/06(火) 11:29:31
今体験してる事に対して「あ、この場面見たことある」って感じたことがある。
誰でもあるデジャブってもんだなw



264:日本昔名無し2008/05/06(火) 16:47:57
幼稚園のときの話。君が代を歌うたびに野戦病院の光景が目に浮かんだ。時々夢にも出てきた。あれは前世の記憶だったのだろうか



265:日本昔名無し2008/05/06(火) 18:39:43
中学生の時の話。弟(当時5,6歳)と剣道の道場に通っていたときのこと。
道場の近くにでっかい交差点があるんだけど、
そこの横断歩道で赤から青に変わるのを待っていた。
向こうに同じ道場の友達とその親がまっていた。

信号が青になった。
それでなんか、不思議なんだけど、まったくぱったり、
一台の車も通らないような状態になっちゃったんだよね。
そこ、結構交通量の多い交差点なんだけど、深夜みたいな静けさ。
「すっげー、嵐の目だ!」と思いながら弟の手をひいててくてく歩いていった。
自分の足音までしなくて変な感じだった。
でも、向こうで待ってる友達とその親がニコニコしてるから、何故かそれでいいんだと思った。

そして、横断歩道の真ん中の、
中洲みたいになってるところにさしかかったとたん周りの音が突然復活した。
それだけじゃなくて、信号が ま だ 赤 だ っ た。
一瞬前まで青だったはずなんだよ。こんなでかい交差点で信号無視する度胸はない。
気づけば前も後ろも車がびゅんびゅん通っていた。
さーっと血の気が引いて、信号が青になるまで中州みたいなところで待ってから渡った。

友達とその親は、私が横断歩道を渡ってる間、「何してるの!」と怒鳴ってたらしい。
そんな声も聞こえなかった。
あの無音の時間は一体なんだったんだろうと思うと怖い。
通ってた道場、葬儀屋とくっついてたし、結構不思議なことは色々あったんだよな。



266:日本昔名無し2008/05/10(土) 09:01:56
月並みだけど…叔父さんが死ぬ直前に夢に出てきた

その日は夜勤で、夢の中に叔父さんが出て来て、なんか世間話を少ししたあとに、じゃ俺行くからって言われて
別れた所で目覚ました。
いつも夕方五時位まで寝ててかなり寝起き悪いんだけど、その日は四時半頃にぱっちりと目が覚めた
んで、ベットでボーっとしてたら嫁がきて、叔父さんが亡くなったって言われて…



267:日本昔名無し2008/05/10(土) 23:20:37
旅先のペンションで、友人と風呂に入りにいったんだけど、
先客がいたので部屋に戻った。
数分後、父親からケータイに電話があり、白血病で入院していた母が亡くなったという連絡でした。



270:日本昔名無し2008/05/12(月) 22:45:52
私は小さいころ、心の中で念入りに何回も何回も
願い事を唱えると本当に叶った。
例えば、「家に帰ったら、いとこが遊びに来てるといいなあ」とか
「○○ちゃんと隣の布団だと良いなあ」(幼稚園でのお昼寝の時間)みたいな小さな願いが叶った。

今思い出すと、すごく不思議。あれは何だったんだろ…。

そしていつからだろ
願いが叶わなくなったのは。



273:日本昔名無し2008/05/23(金) 13:37:19
瓜(瓢箪みたいな)を小脇に抱えた仏像の夢をみて、起きたら金縛りに。
動けずにいたら耳元で日本語じゃないお経がきこえだした。そこで何故か
「あっミャンマーのお坊さん(僧兵?)だったんだ」と思った瞬間悲しくなり
涙が止まらなくなった
未だに不思議な体験だなぁ



274:日本昔名無し2008/05/26(月) 22:18:39
小さい頃、田舎のじいちゃんから聞いた「風神さま、雷神さまの呼び方」。
晴れている時に風神さまを呼ぶと風が吹き、雷神さまを呼ぶと曇る。
曇ってる時に風神さまを呼ぶと晴れて、雷神さまを呼ぶと雨になる。
雨が降ってる時に風神さまを呼ぶと曇って、雷神さまを呼ぶと嵐になる。

にわかに信じられなくて、じいちゃんに雷神さまを呼ぶよう試してもらったら
呪文?お経?を唱えた直後に曇り空が急ににわか雨になった。
幼稚園とか小学校の行事の前日は必ず電話して、当日は雨が降らない様お願いして
そのせいか全ての行事で雨が降らずに済んだ。

これだけなら天気予報とか偶然とかで説明がつくけど
一番不思議だったのは、俺が田舎のじいちゃんの家へ行く日は必ず晴れていた事。
そして田舎へ行って初めて雨だった日は、じいちゃんの通夜の日だった事。
倅の前でゴニョゴニョと、じいちゃんの唱えてた呪文っぽいのをマネして
風神さまを呼んだけど効果ナシ。

ホントに天気を操れたのか、今でも不思議でしょうがない。



285:日本昔名無し2008/06/28(土) 02:21:52
小学校の頃、友達に今何時?って言われ、その時時計もなにももってなかったからテキトーに時間答えた

テキトーにいったからか友達はやっぱり時間知りたくて近くのお店の時計見たらテキトーにいった時間と一緒だったことがある
周りはうっそだーとかいって信じてなかったけどびっくりした



288:日本昔名無し2008/07/07(月) 03:41:36
昔、弟とよく点けっぱなしのテレビの前で馬鹿話をしたもんだ
実にくだらない意味のない会話
そんな時、話の流れでたまたま「×××」と口にした次の瞬間、テレビから絶妙な間合いで「×××」と、全く同じ台詞やらナレーションやらが流れたことが何度もある
その度二人して引きつった笑いで誤魔化した
出来過ぎた偶然だった



303:日本昔名無し2008/08/22(金) 23:52:53
昭和50年小学校5年の時、放送部員だった。戦前からある大きな木造校舎の薄暗い放送室での出来事。
当時学校には放送厳禁とされている古いレコードがあり理由は不明だった。
保管庫には施錠されて無かったので、翌日の放送当番3人で打ち合わせをしていたときに思いついて探し出し、プレーヤーにかけてみた。
落とせば割れてしまうような重くて厚い古いレコード盤。「ハチャトゥリアン」の「剣の舞」が鳴り出して5分位した頃、男の苦しげなうめき声が「あつい・・あつい・・たすけて・・・」と音楽にかぶってはっきり入っていた。
あまりの恐怖に最後まで聴かずに逃げ帰ったが翌日クラスの皆に話しても信じてもらえず、それならと昼の放送でかけてみた。
あと少しで声の部分という時に6年生の部長と担当の先生があわてて入ってきてスイッチを切ってしまった。
叱られこそしなかったが説明も無くレコードは持っていかれてその後二度と確認できなかった。不思議で怖い思い出だが、そのことより、先生はともかく、部長は子供のくせに官僚的で無粋なやつだと今でも腹が立つ。



305:日本昔名無し2008/11/07(金) 14:00:44
小さい時に近所の兄ちゃんと山に虫取りに行った。
そこには大きな池か湖かがあって
そこにでかくて黒い何かがバシャバシャ跳ねてた。
俺は兄ちゃんに「あれ何?」って聞いたら
「あれは食用蛙だよ」って教えてくれた。
よく見たら確かに蛙だ。
しかしそれは人間の子供ぐらいの大きさだった。
まだガキだった俺は食用の意味すら知らなかったから、
夢の中で食用蛙なんて単語は出ないハズ・・・
数年たったある日、テレビで食用蛙を見てびっくりした。
自分が見たものとは全く違う。
今思い出しても謎だ。

ちなみに近所の兄ちゃんは、でかい蛙=食用蛙という認識があったと思われる



311:日本昔名無し2009/03/16(月) 23:42:49
30年ほど前、小学生の時住んでいたとこは田舎で(今は地下鉄も走ってそれなりに開けてる)
11月か12月(そのへんの記憶は古いので曖昧、冬だったのは確か)
夕方と言うか夜6時半すぎに歩いて5分ぐらいのとこにある
スーパーに一人で買い物に行くことになった
行く途中、右側の藪(その藪は今はない)の空を何気なく見てた。
そしたら、流れ星の様な物が落下してきて、藪の天辺でいったん
静止して再び上昇して消えた、あれは何だったんだろうと思う。
人工衛星落下の話しも聞いてないし、流れ星にしては動きが変…
やっぱり、UFO?そこの土地は昔も今もUFOの目撃情報が多いところである。



315:日本昔名無し2009/03/21(土) 00:35:58
高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。
昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最後になった。
翌日、迎えに行ったら寝袋はあるが、そいつがいない。一緒にいた友達が携帯に電話してみた。
電話がつながり、声をかけてみるも返事がない。ただ、電話の向こうからは物凄い風の音のようなものが聞こえたそうだ。
実家にも帰ってないし、結局警察を呼ぶことに。警察に携帯が繋がった話しをした。けど、奴の携帯は寝袋の中にあったそうだ。
あり得ないと思った。俺達が電話かけたのはまさに、寝袋のそば、廃屋の中からだったからだ。
そのまま行方不明という事で、現在も見つかっていない。しかも、まだ続きがある。
その事件から1年後、今度は電話をかけた友達が行方不明に。さらに1年後、去年の事だが、その場にいたもう1人の友達も行方不明だと。
残ってるのは俺だけだが、どうなることやら。



317:日本昔名無し2009/03/27(金) 11:10:14
自分が5才くらいの頃、家の近くにコンビニがあったんですけど
そのコンビニの隣に、赤い建物があったんです。
1階建てで、見た感じ結構おしゃれで、洋風の建物。
壁はガラスみたいになってて、中が見えた。
中はレストランっぽい雰囲気なんだけど、レストランではない感じで、テーブルとかも何もない。
中には外国人しかいなくて、しかも全員男だった。
服装は不思議だった。キリスト教の絵にいる人みたいな…布みたいな服。
家族で出かける時には、大抵その建物の前を通るので家族も知ってると思う。
数年後、引っ越したんです。そんなに遠くじゃないところへ。
さらに数年後、自分はその赤い建物を見に行った。
チラッと見ることしかなかったので、しっかり見ようと思って。
でも、その建物はなくて、畑になってた。
お母さんに赤い建物のことを聞いたら、「あそこは畑だよ?そんなのない。」って言われました。
あの建物が今でも気になります…



345:日本昔名無し2009/12/03(木) 17:40:36
小3の時だな

下校中白い綺麗な石を見つけて北海道君(偽名)に見せつけてみた
そしたら北海道君はそれお守り石じゃん

とか言い出す
まだ小3だったため鼻のなかにその石をつっこんだりしてた
そしてその日俺は枕元に石を置いて寝た
急に目がさめて目を開けたら部屋が真っ赤に見えた
俺は怖くなってまた寝た
その日以来そんな現象が続いていた
目を瞑っただけで人の顔が出てきたり
とにかくめっちゃ怖かった
石を手に入れてから半年過ぎたくらいにこの石のせいだ
と思って学校に持って行った
そんで北海道君の机の上にさりげなく置いて逃げた
その日以来そんな現象は無くなった

怖かったなぁあれ



346:日本昔名無し2009/12/26(土) 02:52:43
長文です。

不思議なのは最近の体験であるが、ことの発端は昔の話

25年前ほど前、小学1年の時のこと、悪友たちと鬼ごっこをしていたら、
後ろから追いかけてくる鬼に気を取られ、前から歩いてきた妊婦さんに激突してしまった。
妊婦さんは、そのまま転倒、急に「ううぅーっ」と苦しそうな声を上げ始めた。
みんな怖くなって、その場から逃げてしまった。
しばらくして、救急車のサイレンが聞こえてきた。
たまたま校区外の公園での出来事で、回りに人もおらず、
自分たちのことは誰にも見られてなかっただろうということで、
互いの秘密にしておこうということで、時が流れた。

ここからが不思議な話である。
つい最近7歳年下の女性と結婚することになった。
話を聞くと、彼女は子供の頃、私の住んでいた町の隣町に住んでいた。
もともとその話で盛り上がったのが、親しくなるきっかけだった。

付き合いだしてしばらくして自分の家に彼女が遊びにきていた時、
たまたまつけたテレビに「救急病棟24時間」みたいな番組をやっていて、
そのことから彼女の生まれた時の話になった。
母親が転倒して早産になり、危うく死産になりそうだったと聞いた。
その話から、すっかり忘れていた当時の記憶がよみがえった。



347:日本昔名無し2009/12/26(土) 02:53:34
(つづき)

あれはもしかして?
その後、義母となる彼女の母にも会ったが、今ひとつ思い出せなかった。
さすがに挨拶の席で、出産の話をするわけにもいかず、聞いていないが、
誕生日からも間違いはないように思う。

彼女も自分も親の転勤で、その後は、別々の地方で育った。
大学は、彼女は徳島、自分は愛知だったが、
卒業後、就職で大阪に出て、合コンで知り合って結婚に至った。
偶然だろうが、まことに不思議な思いである。
あの時、自分がぶつかっていなければ、この女性と結婚していた可能性は低い。
なぜならぶつかったのは、春休み前の終業式の後。
正常に生まれていれば彼女は1学年下になり、
違う友人と出会い、違う学校に進学していただろう。
大学卒業後1年目に出会ったはずの彼女は、まだ大阪に出てきておらず、
人生が交錯することはなかったと思う。
(ただし違う人生を歩み短大を卒業した彼女と出会ったかもしれない)

ここで彼女が、
「生まれてくる時のことをなんとなく覚えていてね、
あなたの声がして『出ておいで』っていうの。そしてドンていう衝撃があったと思うと
うまれてきていたの。」とかいいだしたらオカルト板行きかもしれないが。



388:日本昔名無し2011/03/19(土) 17:42:59.36
幼稚園行く直前まで

視界のそこら中から足が出てたわ。

窓から足が出てたり、下駄箱から足がビョーンと出てたり。

毛むくじゃらで大人の男の足だったように思う。

あれは何だったんだろ?



390:日本昔名無し2011/03/21(月) 14:03:04.06
>>388
夢だと思う  俺は思うことにしてる。



392:日本昔名無し2011/04/25(月) 05:35:22.25
不思議だなぁ



395:日本昔名無し2011/04/25(月) 17:10:02.79
小学校低学年まで、遺影のおじいちゃんの口が超高速で動いていた。声は聞こえないから、もっとゆっくりじゃないとわかんないよって心の中でつぶやいていた。



398:日本昔名無し2011/08/08(月) 02:51:12.61
>>395
なんて言ってたのか知りたい。けっこう、どうでもいいことつぶやいてたりして。



407:日本昔名無し2011/08/15(月) 05:22:51.95


動画ですが自分も同じような経験あります。
自分の場合はおねぇさんじゃなくて同じ年恰好の女の子で何度も
一緒に遊んでいました。交換したお土産もあるけど母は何言っているの?って感じ。



408:日本昔名無し2011/08/19(金) 19:12:29.48
もっと不思議な体験をお願いします。



409:日本昔名無し2011/08/19(金) 19:35:56.78
おまえがやれ



410:日本昔名無し2011/08/19(金) 19:44:46.70
だって不思議な体験ないもん。人の不思議な体験が知りたいんだもん。



411:日本昔名無し2011/08/19(金) 22:38:26.59
地震予知ができるのを311のとき知った



412:日本昔名無し2011/08/19(金) 23:21:25.74
>>411
どのくらい前に予知できたんですか?



413:日本昔名無し2011/08/20(土) 14:01:45.55
俺も地震予知できるよ。
地震が起こる前に酷い耳鳴りがするんだよね
音の長さと音の大きさでだいたい地震の大きさがわかるよ
東北の地震の前は耳鳴りがひどくて眠れなかった



414:日本昔名無し2011/08/20(土) 14:19:26.38
>>413
どのくらい前に予知できるの?



417:日本昔名無し2011/08/20(土) 21:48:13.44
小さい地震は10~20前後で震度4だと30~1時間くらいかな
東方地震の時は一週間前から聞こえたよ
地震の耳鳴りの特徴は耳の中から直接はっきり聞こえる。
多分みんなもただの耳鳴りと勘違いして気づかないだけもしれない
だから耳鳴りがしたときはテレビをつけて見て
案外この能力を持ってる人は多いはず



440:日本昔名無し2011/11/13(日) 23:33:53.41
友達が交通事故で亡くなった日から、誰も周りにいないのに『〇〇ーッ』て呼ぶ声が会社、家とかで聞こえ、葬式の日まで続いた。
間違いなく亡くなった友達の声だった。
葬式に行ってから、その声は聞かなくなった。



202:日本昔名無し2007/08/22(水) 02:29:58
付き合って2ヶ月の彼女に「今日親いないから」って家に呼ばれた。
まだ交わりをかわしてなかった俺は今日がその日だと思った。
彼女の家のあるマンションに着いて、大事なものを用意していないのに気付いた。
運よくマンションの一階に薬局が入ってた。
店主がおっさんだったので気楽にゴムを買えた。
レジでそのおっさんがニヤニヤしながら「兄ちゃん、いまからか?」と聞いてきた。
クイックイッっと軽く腰も振りながら。
俺もニヤつきながら「今日初H」と答えた。
おっさんは「がんばれよ」とか言って送り出してくれた。

彼女の家に着くなり「ごめんもうすぐ親が帰ってくる」と言われた。
今日はダメか・・・と思ったが「とりあえず挨拶だけしていって」
ということだったので彼女の親の帰宅を待った。

5分ほどで彼女の父親が帰ってきた。

下の薬局のおやじだった。



204:日本昔名無し2007/08/22(水) 15:26:18
>>202
全米が泣いた 。・゚・(ノД`)・゚・。



220:日本昔名無し2007/12/08(土) 14:12:36
>>202
腹がwwwwwwwwwwいたいwwwwwwwwww



237:日本昔名無し2008/03/15(土) 08:31:35
子供の頃、親父は青いパジャマ、母親は赤いパジャマを着ていた
朝起きたら、なぜかパジャマのズボンが入れ替わっていて
親父は上は青、下は赤、母親は上が赤、下が青だった。



239:日本昔名無し2008/03/20(木) 13:54:32
>>237
大人の事情





不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)
ロバート・サブダ

大日本絵画
売り上げランキング : 2890

Amazonで詳しく見る



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランダム

コメントの投稿

他サイト様おすすめ記事一覧

上部に戻る