ピックアップ

不思議系ネタ

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

人の意識の狭間に存在する「時空のおっさん」まとめ 『過去に戻る方法』『音と光のない街』『前兆』

2012年06月06日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
時空のおっさん3

1:不思議.net2012/06/06(水) ID:pj/+5em40
人がふとしたタイミングで迷い込む時空の狭間での不思議な体験談!
そんな時空の狭間に存在するといわれる「時空のおっさん」

こんな話があります。
ボラとハゼ
ハゼは普段水の底にいます。外界の様子は水の中ではあまりわかりません。ましてや水の底ですからさらにわかりにくいですね。
ボラはよく水面を跳ねるので外界の様子がわかります。
ボラはハゼに外界の説明をしますが、ハゼはいまいち理解できず、想像もできないため、信用しません

時空のおっさんの話は、水面を跳ねたボラ(人)が垣間見た別の世界の話かもしれませんね!




※↓「続きを読む」の後にクリックしてね!



2:本当にあった怖い名無し2011/08/10(水) 20:30:15.91 ID:7QqkfKJMO
命のない世界


このスレ興味深いというか、懐かしさを感じる。

先日明け方まで起きていて、さあ寝ようかと横になったとき、
突然外に移動していた。
で、周り見たら誰もいないし、生あるもの全ての気配がまったく感じられず
いつも見慣れた風景もなぜか恐ろしく見えた。
怖くなって、「戻らなきゃ」と思ったら、一瞬で部屋の中に戻った。

おっさんはでてこなかったけど、
誰もいない世界を体験することができた。


◆目次に戻る◆



3:本当にあった怖い名無し2011/08/10(水) 20:32:16.89 ID:XE0J78o4O
過去に戻る方法


どうやら、おっさんのようです。

手順だけ覚えても簡単に使えない術だが、手順だけ書こうか?

391 :284 :2007/04/23(月) 22:05:12.16 ID:fS0RVpYS
黒神陀の術 その1
・本術は、友引を迎える日に行うこと。
・蝋燭1本を部屋の中央に置き、明かりをつける。
・部屋は6畳以内の四角形でなければならない。
・部屋は標高261m以上でなければならない。
・蝋燭以外の人工的明かりが部屋の中に入ってはいけない。
・部屋は壁床窓をのぞき、蝋燭を除き流体を乱す物があってはいけない。
・過去に戻りたき者は、蝋燭の前に正座もしくは胡坐で座ること。
・戻りたい年月を蝋燭に墨で書いておくこと。
・日にちを書いてはならない。
・友引を迎える瞬間(0時0分0秒)、目を閉じ呼吸をしてはならない


4:本当にあった怖い名無し2011/08/10(水) 20:41:27.43 ID:k3XnFNP80
黒神陀の術 その2
・部屋に人工音が聞こえてはならない。
・部屋には過去に戻りたき者を除き哺乳類動物がいてはならない。
・過去に戻りたき者は現代に借金があってはならない。
・部屋に人工音が聞こえてはならない。
・友引を迎えて、1分たったら「世のたもう」を2回以上唱えると蝋燭に書かれた日にはぜる。


5:本当にあった怖い名無し2011/08/11(木) 02:33:41.37 ID:IGwFpO5cI
リスクは以下のとおり
この術に成功して過去に戻ったとき、ひどい頭痛にしばらく悩まされることがある。
過去に戻って1年以内は生命の危機にあう大事件に巻き込まれる可能性が高い。
その事件のことは記憶から外される。もしくは前回の歴史と異なる事件が起きている?
リスクではないが、1度成功して戻ると番人がつく。
また、この術は3年以上たたないと再度使っても成功しない。

この番人って・・


◆目次に戻る◆



6:本当にあった怖い名無し2011/08/11(木) 08:23:54.94 ID:Snxc6b2i0
夢の中のおっさん


実話体験スレにてそれっぽいのハケーン

439 :本当にあった怖い名無し :2007/03/15(木) 18:26:47 ID:IZmDZNhI0
4日前だけど、夜11時頃から自室で読書してて、気付いたら頭の中が(上手く言葉で表せないが)モヤモヤしていて本の内容が入ってこなくなっていた。
本当にいつの間にかそんな状態になってた上に、今までそんな感覚に襲われたことが無かったから、気持ち悪くなって電気消して寝た。
で、気付いたら自分が以前通っていた中学のグラウンドの隅に立ってた。空は曇ってて他には誰も居なかった。
しかも何故か自分の中で「ああ、これは夢なんだ」ってとっさに理解した。ちなみに夢の中で「これは夢だ」と自覚したのも初めて。
しばらく立ちすくんで校舎を見たんだけど、誰も居る気配が無いんだよね。

流石にちょっと薄気味悪くなってきたんだけど、丁度その時に2階らへんの窓から人が身を乗り出してきて、俺に向かって「おーい!」って叫んだんだ。
自分の立ってる位置から校舎までが遠かったからよくは見えなかったけど、声はちょっと年食った男性の声だった。
で、俺も手を振って応じたんだけど、向こうはずっとこっちに向かって叫び続けてるんだよね。
埒があかないと思って校舎の所に駆け寄ろうとしたら、その時に後ろから押されるような感じ(人に押されたとかじゃなく、後ろから強風が吹いて来た感覚)になって、気付いたら自分の部屋だった。

時計を見たら11時20分くらいで、しかも消したと思っていた電気が付いていた。
それに家族に聞いても誰も部屋に入っていないと言う。

つまらない話だけど、俺が人生で初めて味わった奇妙な体験だったから書いてみた。
夢にしてはかなり鮮明だったし、たった十数分でこんな夢(?)を観るなんて漫画みたいなことが本当にあるんだなと感じてしまったよ。


◆目次に戻る◆



7:本当にあった怖い名無し2011/08/14(日) 18:03:50.80 ID:Oj0ZNA0B0
時空のおばさん


850 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/08(木) 21:58:17 ID:ouPapvSyO
母が幼い頃、ある団地に住んでいた時の話。
1番上の姉(伯母)と母が外で遊ぼうと階段を降りていくと、一階の団地の入口に見知らぬオバサンがいた。
その団地には、郵便受けが並ぶ壁の向かい側に共用の手洗い場があり、オバサンはそこで水を流してなにやら作業をしていた。
しかしなんだか様子がおかしい。
そのオバサンが異様に小汚く、紺色のモンペを履いていたらしい(当時既にモンペを履く人などいない)
母が挨拶をしても返事もせず、母達を見ようともしない。

851 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/08(木) 22:05:39 ID:ouPapvSyO
母達は不審に思いながらも、オバサンの後ろをすりぬけ外へ出ようとすると
「もどれ」
オバサンが無愛想に言ったらしい。
そこで母がもう一つの異変に気付いた。
その頃はまだどの家も、玄関のドアを開けっ放しにしていた時代。階段を降りてくる時も、開いたドアから物音や子供の声が聞こえていたのに、その時は何の物音も聞こえなかったらしい。
母達が立ちすくんでいると、
「もどれ!!!!」
凄い声で怒鳴ったそうだ。恐ろしくなった二人は手を繋いで4階の自宅まで駆け上がったが、やはりさっきまで開いていたドアがどこも閉まっていたらしい。

852 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/08(木) 22:11:07 ID:ouPapvSyO
二人は無事に家に帰り、家にはなんの異変もなかったらしいが、あまりに不思議で恐ろしかったせいか、伯母と母は大人になるまで一度もその話を口にしなかったそうだ。

なんだか文章にするとたいした事ないけど、子供の頃にこの話を聞かされてとても恐かった。
母は、異次元(母はそう言う)に行ったらとにかく元にいた場所に帰りなさい、と幼い自分によく言っていた。

こわいよカーチャン(´;ω;`)

853 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/08(木) 22:28:45 ID:4Gd14pWm0
時空のおばさん…?


8:本当にあった怖い名無し2011/08/19(金) 12:05:58.69 ID:6RNEjXIn0
紺色のモンペの他に、小豆色の何かを身につけてたらしいよ。
それがなんだったか、手ぬぐいか、上に着てたものかは覚えてないって。

これ書くと嘘臭いって思われそーで書かなかったんだが、自分が消防の頃に、母方の親戚の宴会の席で母と伯母がその話をしたんだわ。
そしたら母の2番目の姉もその団地で全く同じ経験をしてた事を告白した。やっぱり恐すぎて今まで言えなかったんだって。
母達と違って一人だったから相当恐ろしかったろーな。。。カワイソス


10:本当にあった怖い名無し2011/08/28(日) 19:19:06.05 ID:fpV9sE9C0
↑そんでその話から異次元世界の話になって、母の兄(カーチャン5人兄弟w)が、家には必ず一箇所だけ、だれも踏んでいない場所がある、そこを踏んでしまうと異次元に行ってしまう。
とか言ってた。どっから聞いてきた話か知らんが消防の自分は真に受けてしまって、自分の姉と手を繋いで家中の床をフミフミしたw


◆目次に戻る◆



11:本当にあった怖い名無し2011/08/30(火) 19:40:49.72 ID:roxbbLs60
まどろみ


ちょっと違うかもだけど

朝起きて仕事場に向かったんだよ。
仕事場に早く着いたから彼女とメールしてたんだ30分ぐらい
んであと30分ぐらいで仕事始めないとな~って思ってトイレに向かったら目が覚めた

「うぇ」って声だして。時計みたらメールしてから1時間ぐらいたってるの
夢だったのか?って思って携帯みたらちゃんとメールしてるの

仕事先が鍵が開いてたとか無いから寝ぼけながらメールしてたと言われたらそうなんだけど
文章も綺麗に、相談事とか長い文書いてるんだよね。

トイレ行く時なんか見た気がするんだよね。右の柱の影に

あまりにリアルに覚えてるから書いてみた。自分の中では夢って事にしてる。


◆目次に戻る◆



16:本当にあった怖い名無し2011/09/02(金) 16:29:14.37 ID:fsswBmCI0
気さくなおっさん


小学生の頃の話なんだが、俺の妹が産まれて母親がまだ産婦人科に入院
していた頃、俺は毎日母親と妹に一人で会いに行っていた。

そして帰りはバスに乗って俺が預けられていた祖父母の家に帰るんだが
その頃は秋で日暮れも早く、帰る頃にはいつも真っ暗だった。
その日もいつも通りバスに乗って帰ろうとしたんだが、乗っている時間が
異常に長い。
普段ならせいぜい20分くらいで俺の降りるバス亭に着くんだが
その日は30~40分くらい延々と夜道を走っていた。

そのバスは満員で俺も立っていたんだが、そしたら作業服を着た30~40代
くらいの知らないおっさんが急に現れて「よぉ!」と声を掛けられた。
俺はびっくりして何も言えなかったんだが、そしたらすぐに俺の降りるバス亭
にバスが着いて俺はバスを降りた。

あれが何だったのか今まで謎だったんだが、このスレに来て初めて
あれが時空のおっさんという奴だったのかとちょっと思った。
ちなみにそのおっさんとはそれ以来会った事はない。


◆目次に戻る◆



18:本当にあった怖い名無し2011/09/03(土) 00:36:38.40 ID:mytHMYJe0
電話するおっさん


これって・・・

354 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/04/05(木) 02:17:56 ID:PG2OTqcF0
10年ほど前、小学生だった私は家で一人、留守番をしていました。
母親に注意もされず伸び伸びとゲームが出来、ご満悦でした。
ふと、電話がかかってきて出てみると籠もった男の声で「お母さんはあと20分ほどで帰るよ」とだけ言うと切れてしまいました。
「?」と思いながらも子供なのであまり深く考えず、そのまま留守番してました。
すると20経っても母親が帰って来ません。
「まぁ、そりゃそうだ。間違い電話だったのかな」ぐらいに思いゲームに集中しました。
時間を忘れるほどゲームをやってたのですが、なんだかんだで夕方になり、やがて日も落ち、さすがに「遅すぎる」という不安が出てきました。
しかも、そんな不安な時なのにテレビを付けてみると何故か何も写らない。
それどころか、ゲーム中は気付きませんでしたが、騒音という物がまったくありませんでした。
元々静かな環境に家は建っていましたが、何の音もしないというのはそれまでありません。
おかしいと思い、ちょっと泣きそうになっているとまた電話が。
「母親だ」と直感的に感じた私はすごい勢いで電話に出ました。
するとまた男の声で「やっぱりxxxx(声が籠もりすぎて聞き取れない)戻すね」と言われた刹那、頭の中に「パチン」という音が響き渡りました。
一瞬なんだこれは?と思っていると、いつの間にか窓の外は明るく、近所で車の走る音などの騒音が聞こえていることに気が付きました。
しかも時計まで戻っています。頭の中はもうパニック。
そして、程なく母親が帰ってきたのですが、その時間が最初にあった電話からちょうど20分後なのです。
私はわけもわからず、とりあえず安心したのか大泣きしてしまいました。


◆目次に戻る◆



13:本当にあった怖い名無し2011/09/01(木) 23:01:58.61 ID:wIlqdYhn0
音と光のない街


2ちゃんねるの超怖い話から飛んできました。
私も昔似たような経験したんでちょっと書くね。

高校生んときなんだけど、夜テスト勉強してたのよ。
けっこう自信のある教科だったから
ある程度やったらもーいいやって思って
途中からゲームやってたのね。FFⅩ。
やってるうちに唐突にアイス食いたくなってさ、
時計見たら0時ちょっと前。
近くのコンビニ0時までしか開いてないから急いで行こうと思って
ゲーム画面そのままでメニュー開いてストップしといて
サイフと家の鍵ひっつかんで家を出たわけ。
うちマンションの5階だからエレベーター使うんだけど、
エレベーター降りた瞬間に何か違和感を感じた。
何つーのかな、あ、空気がちがう、みたいな。
そんでエントランスから外に出た瞬間、これはオカシイって気付いた。
だって周りのマンションとか全部真っ暗なのよ。
フツー0時前っつっても部屋の明かりってあちこち点いてるもんじゃない?
振り返ったらうちのマンションも真っ暗。
私の部屋も電気つけっぱで出て来たはずなのに真っ暗。
電気ついてんのエントランスだけ。
しかもすごい無音。虫の声も車の音も何もしない。
体じゅうベタッとした汗かいてきて、
明るいエントランスだけが私の知ってる空間みたいな気がして
急いで戻ってエレベーターのボタン押した。


14:本当にあった怖い名無し2011/09/01(木) 23:25:45.00 ID:mtVPwbzs0
そしたら開いたエレベーターの中に人がいて、
もうめちゃくちゃビックリして変な叫び声あげちゃってさ。
中にいたのは作業員ぽいお兄さんだった。
お兄さんも私にビックリしたみたいで「うわ、アレ?」とか言って
私スッゲ恥ずかしくなって「あ、スミマセン」って謝ったんだけど
お兄さんはずっと驚いた顔のまま「え、何で?アレ?」みたいなこと言いながら降りてきた。
けどそんときは恥ずかしいって気持ちがデカくてはやくお兄さんと別れたくて
急いでエレベーター乗ろうとしたら溝んとこに足ひっかけてすっ転んじゃった。
やばいこける!!って思った瞬間なんかよくわかんなくなって
気付いたらコントローラー握り締めて部屋にいた。
TVの画面はFFⅩの戦闘画面で、私のパーティー全滅してた。
あれ?今の夢?マジで?って思って、でも心臓とかすげーバクバクしてんの。
カーテン開けて外見たら周りのマンションにはちょこちょこ明かりついてて
そこではじめてホッとした。
時計見たらまだ0時前でほとんど時間経ってなかった。
コンビニ行こうと思えばまだ間に合ったけど
さすがにもう明るくなるまでは外出る気しなくってベッド入ったのね。
で、寝ようと思ったらなんか寝心地悪いの。
パジャマ(つーか甚平)のポケットに何か入っててゴロゴロするんだわ。
何入ってんだろってポケットに手ぇ突っ込んだら
さっき家出るときに持ってったサイフと鍵が入ってた。
もしかしたらコンビニ行こうと思って準備したあとに寝ちゃって夢見たのかもしれないけど
あんときの音と光の無い街の様子は思い出すと未だに怖い。

長文失礼しました。


◆目次に戻る◆



15:本当にあった怖い名無し2011/09/01(木) 23:50:05.04 ID:BzL1pL3Q0
時空の自分


319 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/19 00:22

俺のじいちゃんもなんかそうゆうの体験したんだって
戦時中硫黄島で戦ってたんだが一瞬目の前がチカチカしたと思ったら
目の前で葬式やってんだって、で後ろを振り返ると年老いた自分が「おい!」と言った

そしたらハッと目が覚めたんだけどさっきまで自分が居た所から100も離れてたんだとさ


◆目次に戻る◆



17:本当にあった怖い名無し2011/09/03(土) 00:34:18.92 ID:DL3hXh5l0
時空の姉ちゃん


洒落怖まとめサイトから流れてきました。
私が見たのはおっさんではないんだけど、似たような経験をしたので書かせて下さい。

その日は高校受験で、私はいささか緊張しながら電車を待っていました。
時刻表よりも数分早く来たのは、その駅からいつも乗っている薄緑の四角い電車ではなくて
新幹線っぽく鼻?が少し尖った白っぽい車体でした。
で、まあその時間帯付近の電車なら目的の駅に行ける筈だと思って、徹夜明けの頭で扉の前に立って
(今思うと変なんだけど、扉にも車両にも窓のない電車だった)
扉がぷしゅーっと音を立てて開いたら、すぐそこに女の人が立ってて「えっ!?」と声を上げた。
で私もえ、なに?と思ってその人の顔を見たら、私の方を見てめちゃくちゃ驚いてる。

何か自分が変な格好でもしているのかと制服や鞄に目をやって気付いたんですが、さっきまで
同じく受験生っぽい学生やサラリーマンでごった返してたホームに全く人気がないんです。
街中なのに何の音もしないし、自分の呼吸と髪の毛が耳に触る音が妙に大きく聞こえました。
驚いてその女の人の顔を見たら「どうやってここにきたの!?」か「何故ここにいるの!?」か
とにかくそういうニュアンスの事を詰問口調で言われて「え?え?」と戸惑っているうちに、女の人は
慌てて奥に引っ込んでいって、呆然としてる私の前で扉が閉まり、その直後、不意に耳栓を外された
みたいに人の声とかがしだして、周囲を見たらさっきのとおり人がいっぱいいるホームでした。
振り返っても電車なんかなくて、反対側のホームが見えるだけでした。

とくに時間が進んだとか戻ったって事もなかったし、緊張と寝不足で立ったまま夢見たんだ
と言われたらそれまでなんですが(友人に言われた)
あの、自分以外に立ってる人間がいないホームを振り返った時の胃が冷たくなるなる感じは
夢と言うにはリアルだったなー、と思うのです。

ちなみに、はっきりとは思い出せませんが女の人は髪が長くてけっこう美人だった気がします。
思い出が美化されているのかもしれないけど。


20:本当にあった怖い名無し2011/09/03(土) 20:36:27.56 ID:RuKgnyFX0
それで本題の報告というか、相談なんですが、>>17を書き込んだ後、なんだか
どんどん電車の中にいた女性の外見を忘れてきてるんです。
132を書いてる時点では雰囲気とか服装の感じとか、不鮮明ながらも覚えてたんですが
今思い出そうとすると、明るかった筈の電車の扉の向こうが薄暗くて、そこに立っている女性が
人型だったかどうかもあやしいんです。

見たときに自分が「髪の長い女性」と思った事は思い出せるんですが、実際に
その人の姿を思い出そうとすると、どんどんぼやけるというか、かすんできてて……
過去におっさんを目撃した方、まだこのスレにいらっしゃるでしょうか?
同じような現象が起きている方がいたら教えて頂きたいです。
なんだかあの空間の事を全て忘れてしまいそうで怖いんです。
私大丈夫でしょうか?


◆目次に戻る◆



21:本当にあった怖い名無し2011/09/04(日) 13:56:06.64 ID:iQjngAMB0
時空のあんちゃん


普通に15の女だけど
時空の・・おっさん?というには若いような・・。
でもそれらしき人に今日あったよ。
「お嬢ちゃん」って呼ばれて浮かれてたら、「バイバイ」て言われて、
空気がくらいんだけどしろくなって(眩暈みたいな感じ?か?上手い表現がみつからん・・)
そのままベッドの上だった。
制服のままベッドで寝るなんてきたないこと、絶対ありえないのに



◆目次に戻る◆



22:本当にあった怖い名無し2011/09/04(日) 14:19:03.91 ID:6lY2kKY+O
時空のおばちゃん


おっさんではないから書こうか悩んだけど、とりあえず書きます。
今から20年近く前に早朝、友達4人と昆虫採集に行きました。
場所は近所にある裏山で、木々が生い茂っていました。
「誰が一番多くカブト虫を採るか」と競争していた時
視界が段々と暗くなっていき(夕方みたいな明るさ)
一瞬身体の動きが鈍くなりました。(スローモーションのよう)
あれ?と思い、身体を動かしてると音もなく目の前に
白いヘルメットを被った、おばさんがスクーターに乗って突進してきました。
そして避けきれずそのままスクーターに跳ねられ数メートル吹っ飛びました。
痛みはまったくなく、何がなんだかわからずにいると
そのおばさんが歩いてきて(スクーターは見当たらないが白いヘルメットは被っていた)
あれ?スクーターは?と一瞬考えていたら、おばさんが手を差し伸べながら
「ほら、早くしなさい。」的な何か急かすような事を言ってきました。
怖くなって急いで立とうとしたんだけど、腰が抜けてうまく立てずにいました。
ぱっと前を見るとおばさんの姿がなく、辺りを見渡したら
真後ろにスクーターに乗ったおばさんの後姿が見え視界が明るくなるにつれ
おばさんが消えていきました。その数秒後、私は虫網、虫篭を持ったまま立っていたのですが
左ヒジ、左ヒザに青アザができていました。
友達にこの話をしたら、おばさんなんて見てないと言われ
ただ私がボーッと突っ立っていたよ、と言われました・・・。

長文失礼しました。<(_ _)>


◆目次に戻る◆



25:本当にあった怖い名無し2011/09/05(月) 22:25:05.78 ID:hUFO/qQ50
時空のヤーさん


250 マメ sage New! 2007/07/24(火) 19:52:33 ID:nVS9lV/90
人生でたった一度だけ体験した不思議な出来事です。
適当に書くんでだるい人は読まなくていいです。

仕事の昼休み、飯を食い終わっていつものように車に乗り寝ようと思い目をつぶったその瞬間、
パッと見たこともない景色が現れた。

一瞬何が起きたがわからなかったが、とにかく状況を把握しようと周りを見まわした。
そこは神社らしく、鳥居と前に賽銭箱がある祠があり、そばにヤクザ風のおっさんが15人位立っていた。

「やばい、ヤクザだ!」と思い、気づかれないように立ち去ろうとすると、
「おいコラァ!!そこで何してるだわりゃあ!!」というドスの利いた声が聞こえてきた。
「うわぁ~、気づかれちゃったよ」と思い恐る恐る振り返ると、その中のおっさん2~3人が罵声を発しながら近づいてきた。



27:本当にあった怖い名無し2011/09/07(水) 02:46:23.43 ID:jto5cuP9O
252 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/07/24(火) 20:15:06 ID:nVS9lV/90
「何だわりゃあ、どこのもんだ!?」と聞いてくるヤクザ。
「○○市の××です。」と本名を答える俺。
「カタギかぁ?カタギのもんがこんならとこにいるじゃねぇ!!」と怒鳴りながら
何故か携帯を取り出し、どこかに電話をしだすヤクザ。
「自分す。××××入りました。○○お願いします。」
聞いたこともないような言葉で誰かに何かを伝えたその瞬間、
景色が元に戻り、自分の車の中だった。

時計を見ると一分も経っていない。

異世界か霊界のようなところに入り込んでしまったのか、未だに謎な話。


◆目次に戻る◆



213:本当にあった怖い名無し2012/01/30(月) 20:57:51.35 ID:Smm6Gvv50
時空のおねーさん


890 : ◆RTFTcRbdaA :2008/11/21(金) 00:37:24 ID:vxxcqF3n0
週末にスーツの女性とのやりとりのを一気に書き込みます。
それまでお待たせするのは心苦しいので見せてもらった驚いた内容を結論だけ書きます。
一瞬ではあったのですが、女性が停点と呼んでいる空間?場所?に移動したんです。
それまで聞こえていた人のざわめきや音は一切消え、ドトールには僕と女性しかいないという経験をしました。
本当に一瞬でした。周りには人は誰もいなくなり、僕と女性しかいませんでした。
その瞬間が過ぎると再びざわめきが戻り普通の店内になりました。
これが一番驚いた、というよりあまりのことに頭が真っ白になりました。
女性は何事もなかったように笑ってコーヒーを飲んで、おわかりいただけましたか?
と僕に言いました。

これって、時空のおねーさんぽくない?


◆目次に戻る◆



33:本当にあった怖い名無し2011/09/09(金) 17:35:15.71 ID:HXjyDevJ0
赤い世界


465 名前: 1/3 [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 21:17:34 ID:6QjuRh660
僕が小学6年生の時の話。当時、僕は吉祥寺にある塾に通っていました。
隣の○○区からバスで通うのですが、その日もいつも通り塾に行く為に僕はバスに乗りました。
バスに乗ると乗客は疎らで座れたのですが、段々とバス内は混み合い気付くと目の前には1人のお爺さんが立っていました。
岡田真澄ではないですが、ピシッとしたスーツにハットを被りすらっとした感じのお爺さんでした。

僕は席を譲らなきゃと思い「どうぞ。」と声を掛け、彼は「ありがとう。」と笑いました。
当時小学生の僕の考えは愚かでこのお爺さん顔がしわっしわだなとか、マジシャンみたいだな?思っていました。
すると彼は「君は優しいねー。」とか話しかけ、僕もそれに答える様に話が始まり、気付けば普通に話をしていました。
たわいもない世間話で、会話内容で憶えているのは塾の事とか成績の話だったと思います。
また僕が当時健在だった両親から「知らない人と話しちゃいけない」って言われていたのでそれを言うと、
「こんな爺に誘拐とか出来ると思う?」って聞かれ首を振ったのが記憶にあります。

まもなく終点の吉祥寺駅に着くという時、僕はついにアレを聞いたんです。「マジシャンですか?」って。
彼はしばらく笑っていましたがバスが停車すると座ったまま人差し指を立ててこう答えました。「でもね、コレなら出来るぞ。」と。
コレって何だ?と思っていると乗客達はほとんどバスを降りており、残ったのは僕達だけ。
慌ててお爺さんをおいてバスを降りると瞬間強烈な赤い光が飛び込んできて眼がくらみました。


31:本当にあった怖い名無し2011/09/09(金) 12:07:00.04 ID:TxQAbgoC0
466 名前: 2/3 [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 21:19:32 ID:6QjuRh660
突然の事に驚いて目を開けるとそこには誰もいない・・・。さっきバスを降りたはずの乗客もいないんです。
周りを見渡しても誰一人いない。車も走ってない。乗ってきたはずのバスも消えてました。
でも人がいないことよりも何よりも僕が1番怖かったのが、風景というか世界が「赤い」んです。
なんていうか赤い光を当てた世界というか、よくドラマとか映画とかで黄色とか青とかの発色が強い映像ってあるじゃないですか?
そんな感じで明らかに異常な風景なんです。確かに夕方頃だったとは思いますが、そんなレベルの色の強さではないんです。

当時の吉祥寺駅前ロータリーはホームレスやスケボー族のお兄ちゃん達が多く、当時は喧嘩なんかもあって怖かったのですが、
そんな繁華街で喧騒ひとつ聞こえない異常な色の風景に僕は怖くなって走りました。
映画のバニラスカイのオープニングをご存知でしょうか?まさにアレです。

駅前通りを走っても誰もいない・・・。僕は泣きじゃくってしゃがみこんでしまいました。
気付くと目の前にはさっきのしわっしわのお爺さん。僕は「戻して!早く戻して!」と泣き叫びました。
お爺さんは「ごめんね。」と言い僕の頭をなでると「怖がるとは思わなかったよ。ごめんね。」と何度も謝りました。
すると急に喧騒が聞こえ、ふと顔を上げると普通の風景に戻っていました。
横断歩道の真ん中でしゃがんで泣いていたので周りの人からは変な目で見られてましたけど。
周りには人だかりが出来ていて気付くとあのお爺さんはどこかに消えていました。



41:本当にあった怖い名無し2011/09/11(日) 11:43:16.63 ID:b+KMmHyY0
467 名前: 3/3 [sage] 投稿日: 2008/11/24(月) 21:23:34 ID:6QjuRh660
非常に不可解な体験で、今となっては確かめるすべもないのですが。
以上です。

実はこの書き込みをしたのには理由があって、
先日2ch好きの友人から梯子スレの話を聞きチェックしたところその中の梯子氏の書き込みが驚くほど僕がした体験にそっくりだったんです。
早速梯子スレに書き込んでみたところ僕の体験をenigmaスレに書いて欲しいとの意見がありましたので書かせて頂きます。

enigmaスレに書き込むのは初めてで文章も下手かもしれません。分かり辛かったらごめんなさい。
創作や脚色は一切してません。

梯子氏の言う停点というものがあるならば僕の体験したアレも停点と関係があるのでしょうか・・・。


◆目次に戻る◆



40:本当にあった怖い名無し2011/09/10(土) 23:38:14.40 ID:2NIaA9sQ0
境界線


おっさんの類の話かもしれない。
俺じゃなくて、友達が体験した。

その友達とは釣り仲間なんだけど、まあそいつは直感が優れてるというか何と言うか。
釣れる数秒前に「来る!」と分かったり、災難が起こる前に察知したり、霊感のようなものがあるらしい。
この前も、夜中の3時にガソリン入れに原付で家出たら、道に止まってある車の前に死体が浮いてるのを見たとか言ってた。
車見た瞬間にゾクッとしたらしい。

こっから本題。

その友達は、ある日の夕方、池で釣りがしたくて池に向かった(当時は自転車に乗っていた)
池自体は数回しか行った事無いのだけれど、その周辺の道は慣れてる。
しかし、どういう事か迷ってしまったらしい。
本人曰く「何か雰囲気が変だった」
迷いながらも、何とか池に到着。
普通なら、さあ釣りをしようって所なんだけど・・・
池は満水。しかも水の色が妙に深みを持っていて、水深が何十メートルもありそうな感じがしたらしい。
もちろん、その池はそんなに深くない。
ふと気付くと、池の真ん中に女の人が立っていた。
「ここは危ないから来たら駄目よ」、というような内容を喋ってきたらしい。
その後無事家に帰ったらしいけど、自転車がこげない位すごい疲れてたんだそう



44:本当にあった怖い名無し2011/09/14(水) 00:11:23.20 ID:OBYqhobZ0
さあ、続けてくれたまえよ


45:本当にあった怖い名無し2011/09/16(金) 23:27:18.46 ID:wcFEaQcb0
続きマダー


46:本当にあった怖い名無し2011/09/17(土) 00:15:06.03 ID:JI4opdJW0
>>40-45
家に帰ってそれで終わりなのかな?

雰囲気が違う池→おっさんの空間
話しかけてきた女性→おっさんの知り合いかも?
ってこと?


47:本当にあった怖い名無し2011/09/17(土) 02:13:24.09 ID:O76qPRdd0
あ、ごめん。これで終わりなんだ・・・
最後に終わりって書いたらよかった。

>>46
池の手前からもうすでにおかしい事に気付いてたらしい。
いつもと違う池がおっさんの空間だとすれば、迷った所がこの世界とおっさん世界の境界線だろうか。
どっかにあったよね、バスケの話で、その人がおっさんに会ってから何日か経過した後におっさんの視点に立って居たら、誰かに「もうやめろ」って言われた話。
少しケースが違うかもしれないけど、今回の迷った地点が分かれば、上手く行けばそこから空間に入り込めるかもしれない。
出現した女性は、霊なのかおっさんの類なのか分からない。
本人にもっといろいろ聞いたら、新たな情報が得られるかも。
この話聞いた後、その日かどうか忘れたけど「じゃあそこ行ってみよう」って俺が言い出して行って来たんだ。友達と二人で。
友達が「頭痛い」「ここやばい」「帰ろう」言い出して、着いてから約20分後に一緒に帰った。
俺も何かが居るような気はした。たぶん霊か何かが溜まってるんだと思う。証明出来ないからどうとも言えないけど。

さっき、家族でテレビ見てたんだ。みんなでソファーに座って。
父がスリッパを足元に置いてるのね。
俺は自分の部屋に用事思い出して、部屋を出て、用事を終わらして元の部屋に戻ろうとしたら、廊下にスリッパがあるの。
父が部屋から出てきて「○○(俺の名前)、どうしてスリッパあっちへ持っていった、悪いことばっかしよって」って言うの。
突如として消えたスリッパを、俺のせいにしたらしい。
要するに何が言いたいのかというと、スリッパが触れても無いのに移動した。
これが起きる前から、夕方くらいから何か変な感じがしてた。
今も変な感じ。何か起きそうで怖いからさっさと寝るw、おやすみ。



◆目次に戻る◆



48:本当にあった怖い名無し2011/09/18(日) 22:43:01.82 ID:OVZzE2lL0
警告


お久しぶりです
以前バスケの試合中におっさんに会った者ですw
覚えてる人いるかな? 「壇上のおっさん

実はあの後気になること起こりまして、すぐに報告したかったんですが
何かヤバイかもという思いもあり書き込むのを自重してました。
でもやっぱり不安なので書かせてください。
後付け感全開なので釣りと思う人がほとんどだと思いますが、
ネタ程度の気持ちでいいので聞いてくださいw


49:本当にあった怖い名無し2011/09/20(火) 01:07:14.64 ID:LKIyW0iN0
あのあと結局あの時のおっさんの喋った事もちっとも思い出せずにいた。
書き込んで数日間は「ちょっとは変わった事起きないかなーw」なんて期待もしてたんだが、やっぱ漫画みたいにはいかんわなw
んでまあそれまで通りのツマラン生活送ってた。
だけど、毎日体育館に行く度にはっきり思い出すんだ。
あの時のおっさんの焦り方と慌てる仕草。
今までのスレに書いてあった様な「何でここにいるんだ!」とでも言いたげな表情だった。

あれは、書き込みをしてから一週間か十日程経った頃だ。
部活が終わりみんなが帰った後、体育館で俺は一人でおっさんが居た場所に行き同じ様に立ってみた。
おっさんと同じ視界に立ったら何か分かるんじゃないかって思ってなw
あ、当然体育館はまっくらなw


54:本当にあった怖い名無し2011/09/27(火) 19:09:04.60 ID:IA27fqGgi
先に言っとくけど、体育館も閉められてる。
あんまり言うと特定されるかもしれんが、部室の鍵が壊れてて普通に侵入可能なんだw

まっくらな中で一人ステージで仁王立ちする俺w
怖いという感覚はなかった。
むしろおっさんに会えたらと思ってたし。
何か興奮しちゃっておっさんと幽霊同化させてしまったんだと思うw

ここまで書いたけど、本番はこれからなんだ。
だが絶対釣りだと思われる…orz
けど書くわ

どんくらい立ってたか分からんが、急にウトウトと眠気がきた。
まあ全然我慢できる眠気だが、あれおかしいな?くらいには感じてたんだ。
今思うと、ここで帰っとけば良かったと本当に後悔してるよ


53:本当にあった怖い名無し2011/09/24(土) 01:29:04.05 ID:C61fZ4xq0
ごめんやっぱ書けない
急に怖くなってきた
ごめん
要約すると体育館で内側から鍵閉めたから密室の筈なのに
誰か入ってきてもうやめろって言ってきて
そのまま意識飛んで朝になってた

誰かに話そうとすると体が勝手に震えだして何かおかしいんだよ
すごい怖い。
2ちゃんなら大丈夫と思って今携帯で打ってたくど
やっぱ無理だすごい怖い

中途半端になってごめん
みんなも気を付けて


58:本当にあった怖い名無し2011/10/05(水) 14:49:46.58 ID:f2KRZIMH0
文才無くて読みにくくてすいませんorz

あと、内側から鍵閉めたっていうのは窓閉めて閂みたいのした
って意味です。


60:本当にあった怖い名無し2011/10/07(金) 18:03:08.15 ID:yicWy/8h0
朝になってたというのは、その場で伸びていたのかそれとも
気が付いたら自宅の自分の寝床の中だったのか気になる

その場所空間が繋がり易い場所なんじゃなかろうか
平五郎さんの言葉を使うなら皮膜が薄くなってる場所


62:本当にあった怖い名無し2011/10/08(土) 18:38:01.88 ID:EdoCU8m+0
話すと恐怖が蘇るように催眠かけられたんじゃね?
なんかでそういうの読んだことある


63:本当にあった怖い名無し2011/10/11(火) 00:33:02.19 ID:dveosAAI0


71:本当にあった怖い名無し2011/10/19(水) 01:34:11.21 ID:oYPKToYLO
すんません、学校でした。

>>60

朝も体育館でしたよ。
幸い次の日学校が休みだったのでバレる事はなかったですw

催眠術?の線は分からないです。
ただ自分の恐怖心がそうさせてるのかもしれませんし

あの時、もし実際にまた時空に行ってたのであれば
どこまでが現実でどこからが時空での出来事か分からないですからね。
夜で学校も閉まってて音も何も無かったですからw


74:本当にあった怖い名無し2011/10/19(水) 21:15:42.67 ID:VIKKOX810
>>71

そうか…
助けて以外の言葉しか覚えてないのか?

そんなに怖い体験をするんだから逃げてる間にも他にも言葉はあるだろう?



79:本当にあった怖い名無し2011/10/22(土) 02:10:58.47 ID:49hjdwFn0
>>74

一番最初に会った時ですか?
俺はたくさん独り言言ってましたよw
本当に孤独で怖かったし。
おっさんを見つけた時は驚きというか不気味さ?があった
その時はおっさんの正体なんて知らなかった訳だから、知らん人がここに居るなんておかしいと思ったけどでも誰も居ないからその人にすがるしかない訳で。

一週間後の時は、
眠気が先に来て頭痛→おっさん登場→「もうやめろ」確かにこう言った→気付いたら朝
って流れだったから全然俺からは喋ってないです

てかあれからかなり日数経ってるし、絶対もう大丈夫だろうと思ってたのにorz
体が震えて恐怖感が出るっていうのはやっぱり何かの暗示なんでしょうか…


◆目次に戻る◆



64:本当にあった怖い名無し2011/10/11(火) 13:15:19.84 ID:TrUbixQI0
ふんどしのおっさん


自分が小学校くらいの時、親戚のおじさんがとある事がきっかけでちょっとおかしくなっちゃったんだ。
そのせいか分からないけどよく色々な神社やお寺に小旅行へ…みたいなことしてた。
行く場所も場所だし色々面白いこと沢山あったんだけど、このスレ見て似たような体験してたの思い出したわ。

それもおじさんと幼馴染とみんなで神社に行く為にホテルに泊まってて、夜目が覚めて周り見たらみんな居ない。
ベットも全然使われてない感じでピシッとしてんの。
みんな外で星見てるのかなと思ってベランダ出てみたらいきなり海が広がってた。
しかも誰かが波打ち際で白いふんどし一丁で海に向かって仁王立ちしてんの。
おじさん?ってよく見たら全然知らないおじさん(お兄さん?)で凄い怖くなった。
どうも海に向かってなんか低い声で唱えてるっぽかった。
自分はそのまま怖くて固まってたんだけど、急に頭の後ろの方でブーンって低い音がして気が付いたら部屋に戻ってた。
周り見たらみんな普通に爆睡中。
もちろんおじさんも。
朝みんなに聞いても寝てたって言うし、おじさんは訳の分からないこと言うしで結局この話はうやむやに終わったんだけど…
今思うと時空のおっさんなのかなぁ、と。
でもふんどし一丁のおっさん(あんちゃん?)ってどうなんだろうなw


◆目次に戻る◆



66:本当にあった怖い名無し2011/10/11(火) 15:01:45.83 ID:ErGPbyW70
管轄外


[209]住人 07/09/01 15:00 E-hyn32
初めて書かせてもらいます。
親に言っても信じてもらえなく当然友達も信じてくれません。

確か俺が8歳ぐらいかな?
俺の家は商店街の魚屋で年中無休で営業してたんだ

でもその日目覚めたら
家に誰もいなくて店を閉めてるわけでもないのにほんとに誰もいないわけ
俺は「客が来たら大変だ」と
思って一人で店番してたんだそしたらすぐに異変に気付いた
時計見たら朝の9時ぐらいなのに店の奥の家の入口から見る
外の景色を見ると朝の明るさが
感じられないっていうか
簡単に言うと夕方に違いでも夕方でもなく
なんていうか グレーの夕日
オレンジな明るさがまったく感じられないっていうか

10分ぐらい店番してて気付いた
さっきから一人も店の前を
通っていない それに気付いたら今まで音が聞こえない事にも気付いたんだ
ほんとに怖くなって
リビングの冷蔵庫にもたれかかって座ってたんだ
音が聞こえないのが気持ち悪いのでテレビをつけることにしたんだけどどの局も砂嵐のザーッってなってて
そのザーって音もしない

当時ビビりだった俺は
直感的に「幽霊が近くにいる!」みたいな事を思ってすぐに家を出たんだけど
商店街なのに誰もいない店は全部開いてるのに声も聞こえない


68:本当にあった怖い名無し2011/10/15(土) 00:18:15.20 ID:dAfm4V6U0
[210]住人 07/09/01 15:27 E-hyn32
歩いてるとおじさんがいた

走って駆け寄っておじさんの
シャツに捕まって泣きついた

「なんでここにいる?」
「他に誰にも会ってないか?」
とか聞かれてわけもわからず首を横に振った
「ここは俺の地域じゃないんだけどなぁ」
おじさんは明らかに困ってた

「仕方ない,おじさんが助けてあげるから目を閉じて3つ数えて」
言うことを聞いて目を閉じた
頭痛が消えた感じがしたので
3つ数える途中で目をちょっと開けてみた
真っ暗だった ほんとに真っ暗
おじさんのシャツをつかんでたはずなのにおじさんはいなかった

気づくと冷蔵庫の前にいた
母が「あれ?今あんた二階にいたじゃない いつ降りて来たの」
俺は安心してそれどころじゃなかった

この話は誰にも信じてもらえなかったけどここの人なら
と思い書きました


◆目次に戻る◆



69:本当にあった怖い名無し2011/10/15(土) 09:13:16.41 ID:wnNmuv/c0
ガソリンスタンドのおっさん


自分は中学生の時にガソリンスタンドにいたおじさんに助けてもらったよ
夕方、帰りのバスで居眠りしてて寝呆けてたからか途中の停留所で降りたんだ。片側二車線のまぁまぁ交通量の多い道なのに誰もいない。車も通ってないし、自分の前に降りたはずの2、3人の人もいない。
自分がどこにいるかわからないからとりあえず歩いてみた。夕焼けが眩しかったのは覚えている。
5分くらい歩いているうちに何だか怖くて泣きたくなってきた。すると目の前にガソリンスタンドが見えてきた。
「誰かいる!」
思わず小走りになった。ガソリンスタンドの前におじさんが一人立っていたので
「○○駅はどこにありますか?」
と聞くと、黙って今自分が来た道を指差した。
「ありがとうございます!」
と言って振り返った途端、周りに人が出てきて車も走りだした。どこを見回してもおじさんもガソリンスタンドもなくなっていた…
あの時あのおじさんに声をかけなければどうなっていたかと思うと今でも怖い。おじさん、ありがとう


◆目次に戻る◆



72:本当にあった怖い名無し2011/10/19(水) 07:04:45.32 ID:T6uSQNVr0
時空の佇む人


いまドトールスレのまとめブログでこのスレのことを知ったけど会ったかも。
ちょっと状況は違うんだけど。

高校のときだったんだけど、休日の朝は私は昼くらいまで寝るのが好きでいつもそうしてた。
だからその日も同じように寝てたんだけど、ちょっと目が覚めたんだよね(多分寝ぼけ半分)。
で、いま何時なんだろうとか思いながらも起きる気はなかったから
またウトウトし始めたら、ベッドの前に誰か立ってる気配を感じた。
その時期は冬だったから羽毛布団を使っていて、寝起きは寒いし日光が眩しいしで
中に潜っていたんだけど、絶対そこに人がいる。
あ、ヤバいお母さんだ、怒ってるのかなと思ってたんだけど、何も言わないしずっと立ってこっちを見てる。

なんだか気味が悪くなってきて、もしかしてお化けなのかとか
ぐるぐる考えてたら一気に目が冴えてきて布団の中に泣きそうになりながら
必死に潜り続けてたらあることに気付いたんだけど、
今までの人が書いてたみたいに、さっきから音がしない。
鳥の声も、休日によく遊んでる近所の子供たちの声もしない。
これはいよいよヤバいと思って、本物のお母さん助けてお母さん部屋にきてって
念じてたら急に無音状態が消えて、
はっと気がついたら下の部屋から「○○ー!起きないのー!」って母の声。
最初は寝ぼけて変な夢見たんだと思ったんだけど横たわってた体勢は全く同じ。

とは言っても寝ぼけてたのかも知れないし幽霊だったのかも知れないし
場所が急に変わるようなことはなかったんだけど、ベッドのそばに
立ってたのは間違いなく母以外の30代以上の女性だった(ちなみに私は一人っ子なので姉妹はいない)

なんかいますごく怖いちょっと泣きそう
長々ごめん


◆目次に戻る◆



75:本当にあった怖い名無し2011/10/20(木) 02:04:13.13 ID:3EaCDbwt0
緑のおっさん


洒落怖から
仮装大会に参加でもしたのか、おっさんって感じの話。w

俺が大学1年のときの話 俺が入っていたサークルは代々テレビ局のドラマのバイトを受け継いでて俺もそのバイトに参加してた ドラマの名前は伏せるけど結構有名なやつほとんどの撮影が池袋で行われてた
そんで俺は俳優さんの世話がかり担当だった ある日の昼休みに俺は池袋の公園で昼飯食ってたところ全身緑色の服装で走ってくるおっさんを見た結構コメディ要素をが入ってるドラマなんで普通にメイクした俳優だと思ってた

最初は面白くてずっと見てたんだけどだんだん飽きてきてしばらく携帯いじってた しばらくして何気なくおっさんを見たところまだ走ってるわけこっちに向かって走ってるんだけど明らかにさっきと距離が縮まってないのね
必死な形相で走ってるんだけど進んでない うまく言えないけどランニングマシーン使ってる感じかな 俺はだんだん怖くなってきて鳥肌立ちまくり 急いで担当の人にキャストにその緑のおっさがいるか確かめたんだけど そんなヤツはいないということ

もちろん後に放送されたドラマ本編にも緑のおっさんはでてきません 関係あるかわかりませんがダウンタウンDXで的場浩司が似たような話をしていました


◆目次に戻る◆



76:本当にあった怖い名無し2011/10/20(木) 02:34:32.30 ID:5YDfmfg90
おっさんの子供


違う話かもしれないし、ただの夢かもしれませんが。 自分が子どものころの話。 兄とひとつの部屋を共用していたが、ある夜、寝る時間になって、兄と喧嘩。 両親の寝室に行った。 布団にいて、テレビを見ていた両親は困った顔をしていた。 が、仕方ないなと母の隣に寝さしてくれた。 父と私で母を挟んで川の字。 ふと目を覚ました。あたりは薄ぼんやりとしている。 自分の右手のほうにいた母親がいない。その向こうにいたはずの父もいない。 反対側、左手のほうを見ると…壁と私との間に、子どもが正座していた。 子どもというより、日本人形のような外見と大きさだったかもしれない。 白い顔で、着物を着ていた。着物の色は覚えていないが、唇が赤かったとおもう。 性別は良く分からない。女の子にも男の子にも見えた。 その子どもは私を見ると、しゃべり始めた。歌うような口調。 古めかしい言葉遣いで意味はまったく分からなかった。 その子どもがしゃべっている途中で、はっと気がつくと朝。子どもはいない。 父親が服を着ていた。 今までは座敷わらし?ともおもっていたのですが いるはずの人が消えていた、いつもと雰囲気が違っていた、 何者かと出会っていつものところに戻るとか、おっさんの話と似ているところがあるので書き込ませていただきました。 駄文失礼しました。

78:本当にあった怖い名無し2011/10/22(土) 01:29:38.06 ID:bzlt2W1SO
おっさんの子供か


◆目次に戻る◆



81:本当にあった怖い名無し2011/10/22(土) 03:44:45.30 ID:2L3Dk8mFO
飛びすぎ


この前、近所の公園でボーッとしてて
そろそろ帰ろうと思いボーッとしたまま帰路に着いた
何も考えず歩いてたらいつの間にか
全然知らない場所に居た
外国の立派な教会みたいなのや風車があって
誰もいなくて物音もしない
お昼前だったはずが急に夕方になってるし
パニくって来た道を戻ろうと走ってたら
また急に場所が変わって三年前まで住んでた町に居た
だいぶ遠いけどまあ知らない所よりは
マシかと思い帰りの電車の時刻表を見てたら
いつの間にか最初の公園で突っ立ってた
時空のおっさん出てこないしスレ違いだったらすまん



◆目次に戻る◆



82:本当にあった怖い名無し2011/10/22(土) 03:57:47.63 ID:GALsbM7m0
一回だけ


 幼馴染の友人の話ですが、ずっと気になっているので、ここで書かせて頂きます。
 説明はその子から来たメールに手を加えた(固有名詞や文体の言い換え程度)ものです。

「小2の時、公園の滑り台で数人と滑っていた時
 私が途中で落ちる事件があったんだけど、その時の話。

 『あ、危ない!』と思った瞬間、知らないおじさんに抱きかかえられました。
 そのおじさんは「危なかったね」と言いながら私を地面に降ろしてくれたんだけど、
 その時一緒に滑っていたはずの友人たちの姿はなく、
 また、青かったはずの滑り台が黄色になっていて、
 その公園の周りにあった木や家がなくなっていて、
 代わりに見たこともないようなピンクやブルーなどのパステルカラーの家が並んでた。

 私は思わずそのおじさんに「ここどこ?」と聞き返したら、
 そのおじさんはその質問には答えず、

 「1回だけだからね」 と意味不明なことを言ってた。

 その時、私を呼ぶ声がして、振り向いた瞬間、病院のベッドの上にいました。

 頭から落ちたのに、無傷でどこにも異常はなく、しばらく鉄の女というあだ名がつきました。

 おじさんの話をしても誰も信じてくれませんでした。
 「そんな人いなかった」と。


85:本当にあった怖い名無し2011/10/23(日) 12:38:39.14 ID:4beoiDpH0
それから20数年経って、こないだの連休で小さい頃住んでいた町に行こう、ということになり、
 その公園に行って私は大変驚きました。

 公園の滑り台が黄色に塗り替えられ、公園の周りにはピンクやブルーなど、パステルカラーの家々が並んでいたのです。
 あの時、おじさんに助けられた時に見た風景です。

 その家々はどう見ても数年しか経ってないし、私が小6でその街を離れるまで、その公園は変化なしだったはず。
 驚きと恐怖のあまり、その公園に入れなかった…。

 あのおじさんは一体…??」

 以上、ここまで。

 私もこの時一緒に遊んでたメンバーなんだけど、そんなおじさんいなかったし、
 彼女が「公園の周りにピンクやブルーの家があった・滑り台が黄色になった」と言う話は確かに聞いてたので、私も公園の周りに家が建ったときはめちゃくちゃ驚きました。
 (その家々が建ったのは2年前です)

 この話を友人に話したら、時空のおっさんでは??と言われたので、ここに来た次第です。

 落ちるときに未来に飛ばされて、そのおじさんに助けられたとしか思えない…。

 「1回だけだ」というのも気になります。



◆目次に戻る◆



87:本当にあった怖い名無し2011/10/24(月) 06:08:29.81 ID:PALkYfT50
パッシュタ


いつだったか…
調度、今位の朝方。
夜勤から帰った後、
居間で、座椅子に座ってくつろいでいたら
後ろにドスンと音がしたので、振り向いたら
身長的に150cm位(もしくは、それ以下)の、おじ(い)さんっぽい人が、俯せで倒れていた。
んで、「はぁっ?」と思って見た瞬間、そのおじ(い)さんは僕の方を見て…
「見んな!パッシュタ(?)」
みたいな事言って、消えました。
疲れて、幻覚でも見たんかな…?
あ、自分札幌在住の警備員です


89:本当にあった怖い名無し2011/10/24(月) 13:53:02.47 ID:enSpPGvo0
>>87

パッシュタのおじいさんに萌えた(=´д`)


84:本当にあった怖い名無し2011/10/22(土) 14:06:01.41 ID:JrDljm7P0
ちなみに服装は、白いコート(?)にベレー帽みたいな感じでした。
あと、前に夢の中…、
周りは真っ白な空間に、背の低いおじさんがいて、
しきりに僕に
「おっぱいが!?」
と、言ってくるので僕が
「はぁ!?」
って言うと、おじさんは僕を睨み付けたまま、
「おっぱいが…」
と、言って背を向けて歩いて行きました。
同時に目が覚めると、僕のお腹が空いてたんだ…


◆目次に戻る◆



92:本当にあった怖い名無し2011/10/24(月) 18:37:26.90 ID:enSpPGvo0
お姉さんの顔も3度まで


小学生のときで、微妙にあやふやなんだがな・・・
下校中とかに意識が飛んで、気付いたら何十メートルも歩いてるってのが日常茶飯事な危うい子供だったんだ
で、その中で何度か風景は同じなのに、何か違う場所で気付いたことがあった
誰もいなくてさ、何て言うか・・・寂しいんだよ 世界から取り残されたような感覚
そこで3度ほどお姉さんに会ったんだ
初回はどうしたの?って感じで優しく話しかけてくれて、そのままオレの手を引いて談笑しながら歩いて・・・気付いたら人が居る場所に出て、お姉さんはいつのまにやらいなくなってた
2回目はちょっと戸惑ったような表情で、君・・・前にも、会ったよね?ってぎこちなく笑いかけてくれた。後は前とおんなじ
で覚えてる限りじゃラストの3回目。やっぱり同じお姉さんだったが、そのときは少し恐かった。
思いつめたような表情で、「君歩いてるときとか、気付いたらずっと先に居たってこと、ないかな?」と聞かれた
よくあることなんで、よくそんな感じになります、と答えた
そんでまあそこからはやっぱり世間話とかしながら、人通りのあるところまで手を引いてくれて、でもそのときは最後まで居てくれた
で、そのときに言ったことが問題なんだな
もうしばらくはこんなことはないだろうけど、大人になって、また知らない間に歩いてるようなことがあったら、また会えるかもしれないねって笑いかけてくれた。
で、オレは今22歳の大学生。暇なんで各地のいわゆる歪んでるところとかをめぐってみたんだ。
幸い出身地が兵庫という、地味ながらもオカルト系には事欠かない土地だったんで、地元でも日帰りでまわった。
そんなことを続けてたからかな。最近またあの感じが出てきたんだよ
コレって、勧誘フラグ?


◆目次に戻る◆



94:本当にあった怖い名無し2011/10/25(火) 01:27:30.74 ID:F1Z38pmCO
おっさん不在


以下のような体験をしたと書いたら誘導されますた

昔、スカウトのようなものに入っていて、キャンプなんかによく行ったんだが
それで新潟辺りにスキーに行った時のこと。
まだ幼稚園児か、小学校に上がりたての頃だったと思うので、スキーと言っても遊びがメインだったが。

夜、着色料を溶いた水で、雪に絵を描いたりとか、埋まってるプレゼントを掘り起こすとか
何かそういうイベントのようなものをやるといって、みんなで雪の中集まった。
俺もその中にいて、説明を聞いていた。説明が終わり、班ごとに動き出したので着いて行った。
仲間と話したのも覚えてるし、雪に沢山子供の影が映っていたのも覚えてる。スキー場の明かりが綺麗だった。

しかし突然、誰もいなくなった。影も消えた。笑い声も消えた。本当にいきなり自分一人になっていた。

どこを見ても誰もいないので、仕方なく引き返すと、なんとまだどの班も動いてない。
どこに行ってたんだと心配されたので、さきほど起こった話をしたが、誰も信じてはくれなかった。

おっさんはいなかったけどな



◆目次に戻る◆



95:本当にあった怖い名無し2011/10/25(火) 05:58:42.07 ID:duK2+m2j0
見つめるおっさん


オカ板に3年以上いるのにおっさんを知らずにいたが、つい最近知った 似たようなことがあったわ 具合悪くて学校を早退した帰り道で俺立ちションしてたんだ 田んぼでしてたんだがずっと向こう側でおっさんがこっちをみてた 「なんだよ、こっちみんな」と思いつつチンコしまったら俺は自宅の庭にいた もうものすごい混乱してこれは夢なんじゃないかと思った 顔上げたら庭の少し奥の方におっさんがいた おっさんは何も言わずに(でも何か伝えた気な表情だった・・・気がする)笑ってた 庭の奥のほうに普通に歩いていった。 俺は怖いのと訳分からんの頭痛いので即効寝た ありゃなんだったんだろうか、似たような話があるってすごいよな やっぱり科学で解明できない超常現象ってあるとおもうよ、ちなみにその年の大学受験は落ちた

◆目次に戻る◆



96:本当にあった怖い名無し2011/10/26(水) 23:44:07.53 ID:Rd6EHXZK0
早い通学


私も時空を飛び越えた経験ある
小6の時、深夜ラジオにはまって毎朝遅刻
通学班の班長なのにっていつも親に怒られてた
その朝もやっぱり起きれず、怒られながら家を出て、一人とぼとぼ学校へー
学校に着いたが物音がしない…授業始まってるんだと青くなりながら校内に入ったら、購買部の係りの女子二人が、なんでこんなに早いの??って聞いてきた
???ってなる私。
今から購買部開ける所だと…
混乱してるうちに登校してくる児童ら…

おかしい、朝、家を出る時もうすでに8時前だったハズ
…そういえば、学校まで誰にも会わず、車も見なかったなぁー

長文スマソ。ここ見てたら思い出したもんで。


◆目次に戻る◆



97:本当にあった怖い名無し2011/10/27(木) 00:25:36.10 ID:Io3atfB/0
前兆


偶然このスレを見つけて「時空のおっさんってなんだよw」とか思ったんだが
今ふと思い出したことがある。

中学2年のときに、突然異世界に引き込まれるような感覚に襲われることが
何度もあった。「それ」がくる直前は感覚でわかり(地震前の地鳴りのような感じ)
「それ」にはまると耳鳴りに似た感覚とともに周囲の景色が固まったように見える。
クラスメートなどは消えたりはしないがまるで蝋人形のように生気がなく静止する
(ような感覚。実際には動いていたかも)

で、ここからが「時空のおっさん」というキーワードでピンと来たことなんだが、
おれが「それ」にはまると、必ず身長140cmくらいのおっさん、もしくは老人のような
存在がすっと出てきてた。出てくる場所は机や棚のかげなど俺の視界から見えない位置から来る。
俺の場合は「そいつ」から何かを話しかけられるということはなかったが
とにかく「それ」にはまったときの感覚が不快で、来るたびに「またか、早く終わってくれ」
って思ってた。そのうち来る前の段階の「いやな前兆」の段階でそれを避けることができるようになって
高校に入ってからはその前兆すらこないようになった。あれはなんだったんだろうか



◆目次に戻る◆



98:本当にあった怖い名無し2011/10/27(木) 02:06:59.76 ID:wew5JXjr0
踊るおっさん


この前朝起きてカーテン開けて外見たら
ウチの目の前のアパートの屋根の上でおっさんが踊ってたw
踊りといっても両手を掲げてリズミカルに足踏みする感じ。
俺も寝ぼけてたんでアンテナか何かの修理してるのが
そう見えるのかと思ってたんだけど、おっさんの周りには何もない。

ちなみにこの時、歩行者や車などの音は聞こえたし姿もちゃんと見えた。
まったく通常と変わらないんだけど
屋根の上で踊ってるおっさんだけが日常とは隔絶してた。
それと他の歩行者や近所の人たちは
おっさんにまったく気がついていなかったらしい。

んで、一体あいつは何なんだ? と思い、好奇心と恐怖心を交えつつ
おっさんの写真を撮ろうと携帯電話でおっさんの写メをパチリ!
でもなぜか「サイズオーバー」とか出て見られない。
これはいよいよおかしいぞと思って、写真に収められないなら
直に見てやると思って外に出てみると外は真っ暗…。
家の中の時計を見てみると深夜の二時だった。
屋根の上のおっさんはいなくなっていた。
部屋に戻ると電気が点けっ放しで
机の上ではパソコンが起動していた(別に異常はありませんでした)。
布団は畳んだままだし、床に転がって寝た覚えもない。
結局その日は疲れてたんだろうってことで無理矢理自分を納得させて
パソコンで一通り作業して寝ました。
一体こりゃ何だったんでしょうかね?
半年くらい前の出来事です。


◆目次に戻る◆



100:本当にあった怖い名無し2011/10/27(木) 06:20:36.96 ID:MatsTNB80
目覚めのおっさん


208 :本当にあった怖い名無し :2007/03/17(土) 23:35:40 ID:FBtTqONaO
3年くらい前の話だけど
その日俺は塾に行かなきゃならなくて、父ちゃんに車で送ってもらうことになってたんだ。
送ってもらう時間が午後4時10分で、父ちゃんは仕事場から4時ちょうどに電話してくることになってた(今から行くよ的に)

3時半ぐらいに眠たくなって、軽く寝るかーって感じでベッドに潜り込んだ。
寝てるか起きてるかわかんない眠りが15分ぐらい続いて、電話鳴ったらわかるしちょっと本気寝しようかな と思い、時間確認(3:45)、本気寝開始

電話が鳴ったので、跳び起きて電話を取る。このときちらっと時間を確認した(4:01)
続きます

209 :本当にあった怖い名無し :2007/03/17(土) 23:36:56 ID:FBtTqONaO
父「いけるかー?」
俺「大丈夫やでー」
父「そうかーあとはMちゃん(いとこ、近所)だけやなー」
俺(は?)と思うと同時に変な感覚。なんか流れ込む感じ
俺「どないしたん?」と勝手に口が動く
父「なんか風邪らしいわー」
この時点で(今日は親戚の集まりがあったなー)と理解する。
父「とりあえず行くわ」
で電話を切る
昨日から決めていた服をタンスから出して着替える
家の前で待とうと思い、靴を履き家をでると、道路の向かい側におっさんがいて、こっち見ていきなり驚いた顔して
お「何しとるんじゃー!」
と叫んだ


◆目次に戻る◆



109:本当にあった怖い名無し2011/11/05(土) 22:55:47.81 ID:kB5FjQx/O
諭すおっさん


昔見た恐い夢。
寝れないなーと思って布団でぼんやりしてると、すんごい勢いで投げ飛ばされた。
なんか逆バンジーみたいな感じで。
山の中に吹き飛ばされてて、寝間着(つーかジーパン(チャック全開でベルト無し)とユニクロTシャツ)のまま。
いってぇなちくしょーとか思いながら、回り見ると真昼ながらうっそうとした森。しかも遠くから花火っぽい音が聞こえてくる。
夢の中ながら「何よここ?」と思いつつ、花火やってる方にいきゃー人が居るだろと思いながらしばらく歩く。
なんか夢の中にしては疲れるなぁオイ。と思いながらだんだんでかくなって行く花火の音。同時におかしい事に気づいた。
連発し過ぎ?熊野大花火でもここまで連発してない。長時間。なんなんだろコレと思いながら、轟音がすぐ近くから聞こえて来てた。
んで丘超えようと上がりきったその時に理由が分かった。

向こうの山で戦争やっとる。

しかも片方日本人くさい集団が。「いくぞー!」とか「死ねやぁーーー!」とか「おんどらーーー!」とかそんな感じの声が
爆音とワァーーーーー!!!って歓声と一緒にかすかに聞こえる。しかも日本人やられまくっとる。
山の頂上になんかこんもり居るのと、下にこんもり居るのこっち日本。ちなみに俺視力2超えてるから間違いない。変な日の丸もあった。
たまに右翼とかがやってる後光さしてる日の丸みたいなの。もうかたっぽはなんかイタリアみたいな3色の国旗だった。
もうグロイグロイ。隠れながら見てたけど、豆粒みたいな人間が団子になってガァーっと行って砂煙が立って、誰もいなくて。
やな夢だなーと思いながら見てると「敵じゃーーーーー!!!いけーーーーー!」ってでかい声がして鉄砲もった日本人がいつのまにか
近くに来てた。うっへぁこりゃマズいわと思いながら逆方向に逃げると向こうには外人が。英語じゃなかった希ガス。
ほんとに肝が冷えた。マシンガンみたいなのとか大砲とか、とにかく鉄砲系が一杯こっち向いてた。


116:本当にあった怖い名無し2011/11/06(日) 05:56:43.26 ID:vz/pxhrH0
で、パパパっ、と光ったらすごい轟音。ぎゃーとか、わーとか、助けてくれーとにかくなんかよくわからん悲鳴とか、なんかつぶれた音とか、
もう悲惨な光景だった。人間が死ぬ時の声は聞いた事無いが、すっごいリアルな声だった。
煙が晴れたら周りに誰もいなかった。地面は黒か血の赤で。あんまし思い出したくないものが沢山落ちてた。人の部品とか。
でも、何故か俺は無傷で、煙が晴れたとき妙な事に気づいた。弾が止まってる。人も。ごっつい弾も止まってた。
空中に手の破片っぽいものとかも、血もそのままの飛沫の形で止まってた。なにこれ?って思った
そんとき足つかまれて、「後生や助けてくれぇー、死にたくないー」って声かけられた。
見るとハゲたおっさんだったけど、右手が千切れてた。なんかやたらぶっとい血管?からかしらんけど、血がぴゅーぴゅーでてた。
あかん、このおっさん死にそう、と思ってあわてて助け起こそうと手を伸ばした瞬間、
別のおっさんの声で

「あかんなぁ、手ぇだしたら。矛盾するで」

と言われた。なに言ってんだこのボケ、こいつ死にかけてるだろ!と思って振り向いた瞬間、
すんごい勢いでまた逆バンジー。

布団の中に居た。涙がしばらく止まらなかった。
すっげぇやな夢見たと思った。あまりにもリアルすぎてあまりにも悲惨すぎた。
それまでも戦争映画って見なかったけどそれからは戦争映画自体を避ける様になってしまった。
友達が見てたプライベートライアンを見るハメになってしまったが、アレの最初のシーンが近い。
爆弾が爆発すると、ほんとに人が消えるし、宙を回転しながら飛ぶんだよ。マジで。
あんとき足つかんだおっさんも普通のリーマンみたいなおっさんだったし、親近感あったのもあり戦争自体の恐怖がかなり色濃い。
正直プライベートライアンの最初のシーン、恐すぎてガタガタ震えながら見てた。友達は笑ってたけど、あれが現実なら
カメラの外でもっとぐちゃぐちゃなんだよ、と思った。

夢だと思ってたんだが、このスレ見てると昔のどっかの戦争にいったんじゃないかなと思った。
最後のムカツクオッサンの声も時空のおっさんの声なのかもしれない。
実際に戦争をみたんだとするのなら、戦争がどんなもんなのかわかった気がする。無理だわ、あれは。


1001:本当にあった怖い名無し2011/11/07(月) 07:50:22.11 ID:FIGsXKAH0


関連記事
人の意識の狭間に存在する『時空のおっさん』まとめ
人の意識の狭間に存在する「時空のおっさん」まとめ 『月のない世界』『飛んだ時間』『見知らぬ町』



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランダム

コメントの投稿

他サイト様おすすめ記事一覧

上部に戻る