ピックアップ

不思議系ネタ

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

【前世の記憶】幕末に剣士やってた記憶があるのだが…【沖田総司?】

2013年12月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前世の記憶

879: 本当にあった怖い名無し 2013/11/08(金) 23:19:48.00 ID:qRd0gx8A0
※前世の話や、夜見る夢についてのレスが続いていました。
その流れからの話です。

こんばんは、今更なんですけど、私も3、4歳ぐらいの時見ててまた中学生の頃に見ました。
最初は夜、雨が降っていて頭巾を被って仲間?たちと屈んで斬る相手を待っていました。
が、いつまでも来ず、暗殺?は失敗におわりました。

そこから、人を斬る夢や刀を手入れ?したり街中を歩いたり、縁側で横になったり、稽古したり……そして私は病?にかかり苦しくてでもなにもできず横になっていました。
着物を着た18?くらいの女の子が私をみて泣いていました。綺麗な顔でした。

最後に見たのはまた、横になっていて庭を眺めてすごく清らかな気持ちになって微笑みました。
それ以来、もう見ていません。
あと、中学のときにいた先生は前世の記憶があるそうです。


※この話の続きです。
【前世の記憶】幕末に剣士やってた記憶があるのだが…【沖田総司?】それから
http://blog.livedoor.jp/worldfusigi/archives/7020701.html





880: 本当にあった怖い名無し 2013/11/08(金) 23:30:30.92 ID:qRd0gx8A0
なんの関係があるかはわかりませんが、私は幕末期が小学1年の頃から大好きです。
高校に入学後、体育選択で剣道を選択してやってるんですが、
覚えが早く、筋がいいと褒められます。

これもなにか関係があるんでしょうか?

わかりませんが。
剣道をやっていてもなにか物足りない気がします。
長い時間書き込み失礼しました。

881: 本当にあった怖い名無し 2013/11/08(金) 23:31:30.63 ID:qRd0gx8A0
仲間との会話などは省略しました(;´∀`)

883: 本当にあった怖い名無し 2013/11/09(土) 10:54:55.82 ID:DyUYmw/f0
仲間との会話kwsk

882: 本当にあった怖い名無し 2013/11/09(土) 03:47:43.94 ID:LeiHhvU30
>>879
沖田総司に一票


沖田総司

1842年あるいは1844年の生まれ。
幼年期より天然理心流剣術を学ぶ。近藤勇や土方歳三とは同門であった。

20歳前後で新撰組結成に参加、1番隊隊長に任命される。
が、結成から4年余りで体調を崩し、近藤勇斬首から2ヵ月後に死去。
享年25歳(諸説あり)と早すぎる死であった。

http://dic.pixiv.net/a/沖田総司
関連:http://ja.wikipedia.org/wiki/沖田総司
884: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 00:09:31.05 ID:N9bpQmSc0
沖田総司さんなんですかね?(^_^;)

885: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 00:10:17.10 ID:N9bpQmSc0
ありがとうございます!
仲間との会話も書き込みさせていただきますね!

886: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 00:14:43.17 ID:zO+eW6dx0
沖田総司なら奥さんの方が先に死んでたと思うけど

887: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 00:21:21.53 ID:N9bpQmSc0
最初に見た夢(夜、雨が降っていて暗殺?をしようとしてる所)
私は雨が降っていたし狙っていた人も来ないしもうどうでもよくなってました。

名前がわからないのでアルファベットで表記します。
A「なぁ、もう来ないんじゃねぇか?」
B「いや、もう少し待っていよう」
A「来ねぇよ、こっちの負けだ。体調のことも考えねぇとな」
B「……そうだな。」
小さい頃なので曖昧なのですか会話はこんな感じです。
江戸弁?みたいな感じでした。

それから向こう側に潜んでいた数人の仲間と合図みたいなのをして帰ったのを覚えています。
私は内心、しゃがみっぱなしでやっとかって感じの気持ちだったのを覚えていますww

888: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 00:23:17.00 ID:N9bpQmSc0
あー、沖田総司縁者のことですか?
私もよくわからないのですがあれにはいろいろな説がありまだちゃんと解明されていないそうです(^_^;)
沖田総司さんは生涯独身ですよ

889: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 00:32:54.59 ID:zO+eW6dx0
>>888
ただのなりきりバカならあれで落ちるからカマをかけたんだが 
お主なかなかやるなw

890: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 00:39:59.50 ID:N9bpQmSc0
ありがとうございます(照)
小1からずっと調べてるのでww

891: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 02:20:49.82 ID:F97vz82r0
久方ぶりの語りにワクワクしてるんだがよかったら記憶してる分の他の会話も書いてはくれぬか

892: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 08:06:47.86 ID:N9bpQmSc0
わかりました!
初めての投稿やしおかしいところもあると思いますがそこのところ、よろしくお願いします

893: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 08:12:05.69 ID:N9bpQmSc0
でもなんでかはわからないのですが、日常(人を斬る以外のこと)の記憶は曖昧で覚えてる分しか投稿できません。すいません(^_^;)

894: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 09:59:25.64 ID:N9bpQmSc0
暗殺や人斬りの仕事はあとからします。まずは曖昧な日常の話を。あと、私の考え方、性格などを。

私は縁側でよく横になったりボケーっとしてるのが好きでした。
簡単に言ったらダラダラ過ごすですねww遊ぶのも大好きでした。子供みたいな遊びです。女遊びはあまり好きではありません。誰これ構わず客に媚びる姿が私からしたら下品に見えてしませんでした。

稽古はすごく厳しいものでしたね。私は楽しかったですけど。
「もっと殺す気で来なさい!」とか「こんな剣先だけのものでは敵は斬れません」とか叫んでいました。嘔吐する者や倒れる者もいました。倒れた者には水をぶっかけて起こしました。
あの熱気やみんなの気迫が好きでした。今の剣道のような感じではなく
もっとがさつでルールもなく飛び掛かってきたり、しゃがんだりなんでもアリの稽古でした。
構え方も人それぞれでした。

街中を歩くですが、何回か街中を歩く場面があるのですが2つ違うことがありました。
すごく私自身、気を集中させてるというかピリピリしてるというかそんな感じです。
もう一つはとても穏やかなウキウキして気持ちで歩いてるという感じです。
記憶が曖昧なもんで感覚だけしかわかりません。

刀の手入れはきちんとやっていました。斬るときは罪悪感なんてありませんでした。
しかし、斬るのが好きではありませんでした。銃は嫌いでした。
ちゃんとその人の死に向き合うのが私にできる斬る相手への誠意みたいなもので。
私には使命がありそれをただただこなす。それが人斬りという仕事でした。
私は江戸の出身だと思います。身長は当時に比べて高い方だと思います。

おもしろがりでいらんことばっかりしてたような青年ですかねww
しかし、妙なところで頭がキレるところがあるように思えます。
周りの表情をよく見てるというか気持ちを汲み取るというかそんな感じです。
あと、少しSっ気があるように思えますww

次は人斬りの仕事か暗殺、どちらの話がいいですかね?

895: カグラ ◆4vG.AitRSA 2013/11/10(日) 10:08:45.65 ID:m3fL2qL20
>>894
暗殺!


読んでて、よい意味でゾワっとしました
この時代が好きすぎて倒れそう

896: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 10:55:53.66 ID:N9bpQmSc0
カグラさんありがとうございます!
では、暗殺の話をしたいと思います。
私自身、曖昧な点もありますがまとめて投稿するので時間がかかると思います(^_^;)
すいません(^_^;)

900: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 17:34:57.54 ID:N9bpQmSc0
暗殺の話をしたいと思います。最初にみた夢(暗殺失敗)の少し経った頃だと思います。
この暗殺は夢で三回にわけて見ました。全部つながってると理解するまで時間がかかりました。その頃は小学生だったので(^_^;)なお、名前を呼んだり顔はあまりはっきり見えませんでした。話し方は江戸弁?とか丁寧な話し方?でした。

夜遅くに数人の仲間が円になって話していました。
B「なあ、ほんとに殺るのか?」
A「仕方ねぇだろ。上からの命令だろ?」
C「しかし、あの人にはその分いろいろとっ」
D「仕方ねぇだろ」
C「あぁ!?」そしてCはDの胸ぐらを掴んだのですかみんなが止めてやめました。
B「俺がいこう。」
A「あんたはいくな。あとは俺が決める」
E「そうか、じゃあ任せたよ」それから解散しました。私はずっと円には入らず壁にもたれていました。

あの人は見ていておもしろかったので死んじゃうのは残念だなぁと思っただけでした。
これが三回にわけての一回目の夢です。

902: カグラ ◆4vG.AitRSA 2013/11/10(日) 18:17:37.88 ID:bER8be/A0
>>900
……芹沢さんの暗殺かな?

901: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 17:41:32.29 ID:N9bpQmSc0
Aは頭の回転が早く冷静で頼られてるイメージでした。
Bは人情深い優しい真面目なイメージです。
Cは男らしく真っ直ぐでがさつなイメージです。
Dはそれに+兄貴肌があるような感じです。
Eは優しく一番まともな感じがしました。
もう1人いましたがその子は私と同じように終止黙っていました。

ただ、Cが胸ぐらを掴んだときは止めに入っていました。
私はあまり輪に入って意見するタイプではないみたいです。
夜にまたまとめて投稿させていただきます。

903: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 18:34:57.50 ID:N9bpQmSc0
わからないですが、もったいないなぁとその頃の私は思っていました。
それからしてまた、同じ部屋に同じ時間帯に集まりました。

Aが計画をみんなに話しました。前の話し合いでは揉めましたが今回は揉めませんでした。
話の内容は宴会を開く→標的を泥酔させる(標的は数人?)→帰らせる。自分たちも帰る。
→斬る→別々に帰るとのことです。
Bは話を聞きながら少し不服そうな顔をしていました。
当日斬るのはA,C,E,私でした。Eに人を斬れるのかと疑問に思ったのを覚えています。

説明は途切れ途切れに聞こえて文では表現が難しいのでまとめさせていただきました。
Dはすこし悲しそうでした。あの人のことをすこし慕っていたのかもしれません。
私はずっと壁にもたれて刀に寄りかかってる状態でした。

これで、2回目の夢が終わりました。
朝起きたとき、左手に刀を握っていた感覚があり泣いたのを覚えています。

904: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 20:55:03.11 ID:/C4oNEls0
新選組 伊東甲子太郎の油小路事件とか?
こないだNHKでもやってたみたいだけど。

905: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 21:07:37.72 ID:N9bpQmSc0
わからないです。新撰組とは限らないですし(;_;)
続きも投稿しますね。

906: 本当にあった怖い名無し 2013/11/10(日) 21:45:30.71 ID:N9bpQmSc0
宴会の途中から夢は始まりました。大勢でお酒をのんでいました。
私ははじめに言った通り女遊びはあまり好きじゃないので
ご飯(肴)を食べていました。お酒もすこし飲みました。
素直に美味しいなと思いました。

あの人はいつものようにベロンベロンに酔っていて
私は、あの人は今日死んじゃうのは残念だなぁと思って見てました。

F(話し合い一回目にいた)も美味しそうに食べていました。
それからいつもよりはやく宴会は終わりました。
あの人と数人の標的に支えられるような感じで帰っていきました。
そのときAが私を見てきたので私は微笑み返しました。
大勢の仲間たちも各々(同じ所だけど)帰っていきました。
私達も一旦帰って周りが寝静まった頃、夜中に外に出ました。
雨が降っていました。

Aと私は忍び込みあの人のところへCとEは他の数人の標的のところへ別れました。
あの人を殺るのは少々手こずりましたが二人がかりで殺りました。
私は真っ先にあの人の方へ、Aはあの人の女の方へ、斬りかかりました。
あの人の女も道連れです。気の毒ですが仕方のないことです。

あの人は逃げようとしました。私から逃げれるはずがないのにと思いました。
私は袈裟斬りと突きをしました。Aは後ろから斬りかかりました。
あの人は「おのれぇ……」と言っていました。
誰かに見られていた気がしましたが何故か大丈夫だろうと思って
そして逃げました。Cは「逃げられたっ!くそ!」と言っていました。
Eはあまり顔色が良くなかったです。
別々に帰りました。

私は雨で服はドロドロのびしゃびしゃで少し歩いてから頭巾をはずしました。
斬った感触がまだ手にありました。

これが3回目の夢です。
起きた時、刀の重みがまだ手に残っていた気がします。
悲しい懐かしい気持ちになりました。

908: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 00:01:02.37 ID:N9bpQmSc0
スマホじゃ投稿しにくいのでパソコンからしますね。
えっと、一応名前はいたずら小僧にします。

910: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 00:04:27.97 ID:8JtrqPxt0
どうも、先ほどまで暗殺の話をさせていただいたいたずら小僧です。
見てくださってる人は、少数かもしれませんがせっかくなので
最後までお話をさせていただきます。
もしかしたら、なにかわかるかもしれないので。

911: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 00:06:18.55 ID:Kq18FWTaP
このスレに以蔵がいると聞いて

912: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 00:27:12.92 ID:8JtrqPxt0
それから、少ししてまた夢を見ました。
これは全部みてきた夢の中で2番目に辛い夢でした。

私は、馬に乗っていました。そのとき、私は今にも泣きそうな感じでした。
会いたい。会いたいけど会いたくない。何故・・・
そんな気持ちでした。
そして、気が付いたら私は刀を持っており目の前には死体がありました。
とても広いとは言い難い部屋で子窓から光がうっすら入ってきてて
私が殺ったのか・・・とようやく理解しました。

それから、平然とした顔を装い部屋を出て
血を落とすように手を洗ったのを覚えています。
その時にほっぺたが痛くすこし腫れていました。
誰かに殴られたのかもしれません。

楽に逝かせてあげれたかなと思い、廊下を歩いていきました。
起きたあともすごく鮮明に残っていて辛いけど誇りに思うようにしました。

913: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 00:38:23.72 ID:8JtrqPxt0
この夢が多分、その頃の私の一つの区切りのようなものだと思われます。
それからは、夜斬ってるところが何回もあって、2年くらい見なくなりました。
2年後、夢を見たとき、私は布団で横たわっていました。
若い男たちの声が遠くで聞こえるのを聞きながら天井を見つめる日々でした。

すみません。続きは明日、投稿させていただきます。

914: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 09:04:00.59 ID:xhM8oB3U0
>>2
※同一人物が長期に渡ってひとつの前世を質疑応答含めて長々語る自体になった場合は
※別スレを立てて独立して下さい。

915: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 09:48:33.08 ID:8JtrqPxt0
すいませんでした。
投稿は控えさせていただきます。

916: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 09:58:05.28 ID:xhM8oB3U0
いや、別スレ立てればいいんだよ
興味のある人はついてくだろうし

917: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 10:57:16.83 ID:8JtrqPxt0
スマホからきました。
実はその別スレの立て方を知らないんです(^_^;)
ここの書き込みが初めてなので

919: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 14:28:49.65 ID:hU/HXSKV0
スレたてれたのでどうぞお使いください

920: 本当にあった怖い名無し 2013/11/11(月) 17:39:16.05 ID:D6EjnxLJ0
ありがとうございます!
ほんまにありがとうございます(;_;)
使わせていただきますね!
また、夜に出てきます!

管理人です!
ここで新スレへと話は持ち越されました。
すごく興味深い話しへと続いていくのですが、その話はまた後日まとめにしますね。

続きまとめました!
【前世の記憶】幕末に剣士やってた記憶があるのだが…【沖田総司?】それから
http://blog.livedoor.jp/worldfusigi/archives/7020701.html



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランダム

コメントの投稿

他サイト様おすすめ記事一覧

上部に戻る