ピックアップ

不思議系ネタ

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

【年末】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?3『奇妙な部屋』『創作のはずが』『将門の首塚』

2013年12月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3

1:本当にあった怖い名無し2012/11/02(金) 21:31:23.56 ID:DquizYRY0


12:その①2012/11/06(火) 01:01:11.61 ID:DXp/gdNU0
奇妙な部屋


あまり怖くはないかもしれないが・・・

私の在籍していた高校の話。
その高校は、卓球が強い高校で旧寮を合宿所として独占的に利用していた。

その旧寮に一部屋だけ奇妙な部屋があり、なんでも「そこに宿泊した生徒が必ず金縛りに会う」という事であった。

この噂は、旧寮を寮として使用していた時代から続く話しであって、生徒の間では有名であった。
私も、興味本位でその旧寮を訪れたことはある。木々が生い茂る中にポツンと建っている木造建築。
全体としは薄暗く、確かに不気味な雰囲気があった。

しかし、やはり面白くないのは卓球部の顧問であろう。
毎回「金縛りに会った」という部員が現れ、卓球に集中できず、
尚且つ、部員が合宿をしたがらない様になってしまうからだ。

そこで、その卓球部の顧問は「そんな物は噂だ、疲れているだけだ」という事を証明する為、
合宿中に「奇妙な部屋」に泊まる事にした。結果はもちろん・・・

金 縛 り に あ っ た

私は、女生徒が卓球部顧問にその話を聞いているのを目撃した事がある。
その顧問は、バツが悪そうに俯き加減で話していた。決して楽しそうでは無かった。




15:その②2012/11/07(水) 14:22:39.41 ID:EmKeXBKjO

高校も卒業し、その様なことは記憶の外となっていたある日。
何時もの様に新聞を読んでいた。ザッと斜め読みする程度であるが。

ふと、一つの記事に目が止まる。私の母校名が記事に出ている。
何事か?と思い、私は記事を読み始める。その記事の内容は、

旧寮解体作業中の地面から、男性と思われる白骨死体が発見された。

私の記憶は一気に蘇える事となる。

思い出しながら書いたので、記憶違いがあるかもしれない。



◆目次に戻る◆




16:本当にあった怖い名無し2012/11/08(木) 15:32:15.18 ID:1ese9Mro0
成仏


これは夢の中の話なんだが、夢とは思えないくらい妙に生々しい体験なので聞いてほしい。

俺は現実では霊感0だが、夢の中ではよく色々な霊と出会うんだ。まぁ色々と言っても出てくるのは親族ばかり(顔を見た事ない人もいた)なんだが。
で、去年の盆の事だ。いつものように寝ていたら、夢の中にだいぶ前に亡くなったおじいちゃんが出て来た。仲は良かったので、怖いとは感じず色々な世間話をしていた。
ふと俺は「何でじいちゃんは成仏しないの?」と結構失礼な質問をしてみた。するとおじいちゃんはこう答えてくれたんだ。
「あっちの世界ではここでやったいい事悪い事関係無しに成仏させられるか霊になってさまようか決められる。
時間が来れば自然と成仏する事もあるが、運が悪いと何百、何千年は成仏出来ない。わしも本当ならすぐに成仏したかった。死んでもまだ生きてる人間を見せられたら未練が出て悪霊になりそうだ」(うろ覚え)
そう言っておじいちゃんは消えていった。どうしても最後の「悪霊になりそうだ」と言う言葉が気になったので、せめて早く成仏出来るようにと墓参りに行ったんだ。
そしたらおじいちゃんの墓、何故か縦一直線にヒビが入っていたんだよ。イタズラにしては綺麗過



◆目次に戻る◆




18:本当にあった怖い名無し2012/11/10(土) 04:40:47.97 ID:gX2H6WVEO
パープルワールド


こんなスレがあったとは…そこまで怖いかは分かりませんが投下させて下さい。

今から10年位前、私が小学生の時の体育館の倉庫天井に
直径1m位の大きな穴があったんです。
築25周年と言えど、何回も改装したりして凄く綺麗な学校だったので
その穴だけが気がかりでした(学校側に直す様子はありませんでした)
生徒たちはそれを「パープルワールド」とか言ってたみたいでした。
意味は分かりませんが、ただかっこいいからとかそんな理由だと思います。
私は好奇心旺盛な子でその穴が気になり、体育館清掃当番の時
班の子数名でその穴に全部で4本ある回転箒のうちの一本を突っ込んでみたのです。
最初は別に何ともなかったのですが、何回か突付いている内に
物凄い勢いで箒を引っ張られるような感じがして
その瞬間箒がシュッと穴に吸い込まれてしまったのです。
その時は怖いとかそういう感情はなく先生に怒られる!と
急いで箒を取り出してもらう為先生を呼んで来ました(子供じゃ穴に手が届かないので)
しかし穴を覗いた先生は不思議な表情で「箒なんかない」と言いました。
いくら探しても箒は見つからず、気味が悪くなり早々と体育館から出ました。
そして月日は流れ、学習発表会の季節になった時それは起こりました。

練習の為その倉庫で待機していた生徒数名が気分が悪いと言い保健室へ、
すると「この穴が原因か!」とクラスの運動神経が良い男子がジャンプして
穴の縁につかまり中を覗いたのです。その瞬間いきなり落下して痙攣し気絶。
その場は騒然となりました。それからその体育倉庫は当分封鎖されることに。
低学年の子は体育館に入るのを拒むようになったりで学校は一時的に騒ぎに。
後日聞いたのですが、あの穴のせいで気分が悪くなった子達は
いわゆる「見える感じる」系の子達だったらしいです。
気絶した男子は大丈夫でしたが、やはりあの穴には何かあるのでしょうか。
今現在もその学校は健在ですが、体育館用具室の回転箒は未だに3本らしいです。
あの穴がどうなったかは分かりません。



◆目次に戻る◆




26:本当にあった怖い名無し2012/11/15(木) 21:52:28.10 ID:W66jT2ZfO
創作のはずが


俺の友人の話です。

奴は作家志望(というか印税生活志望)で、いろんな出版社に駄文を書いてはよく送り付けてました。
そして去年、この板にいる方は知ってらっしゃるかと思います、某実話怪談本の企画に応募するために
一編の話を書き上げまして。

まあその話自体奴の創作(この時点で規約的にはアウトなんですが)だったんですけど。
で、その日の深夜に奴から電話が掛かって来まして…なんだか凄く取り乱してる様子で。

「な、なあ○○(自分のことです)、今さ…どこにいる?」
「どこって、自分の部屋だけど」
「い、い、今から俺の家来てくれん?」
「やだよ。何時だと思っとるんよ」
「やばいんだよ…押入れからさ…押入れから白い女が…」
「それお前が書いた話やろうが。からかっとるんか?」
「い、いや、ホントなんだって!ほん…ちょっ…嫌だ…まっ…プツッ(電話切れた)」

その時は手の込んだいたずらかと思って放置しました。
そしてそれ以来、その友人は失踪してしまいました。

友人の部屋からは、あの話を書いた原稿は見つかりませんでした。
そして、それほどの事件だったにもかかわらず
確かにあの話を聞いたはずの俺の記憶にも話の内容は殆ど残っていません。
ただ、最後に友人が言った「押入れ」「白い女」というのが記憶に残るのみです。
創作であったはずのあの話、それのどこかが「あちら側」の琴線に触れてしまったのでしょうか?
もはや何も真実はわかりません。



◆目次に戻る◆




27:本当にあった怖い名無し2012/11/15(木) 22:10:54.68 ID:p4suqipFO
娘の言葉


私車を見てたの
そしたらお母さんが泣いてたの
だからお父さんはいなくなっちゃうからケンカはだめだよ

3年前の今日、夫が死んだ。
その二日前、当時3歳の娘が寝る前に言った言葉。
交通事故だった。

お母さんいなくなるんだよね?
私はどこに行けばいいの?
さっき6歳の娘が寝る前に言った。



◆目次に戻る◆




29:本当にあった怖い名無し2012/11/16(金) 18:30:33.79 ID:0esbxQpD0
死神が見える


私が恐怖体験したわけじゃなく、親から聞いた話をします。

私が高校3年のときのある日、親に「I君って知ってる?」と聞かれた。
I君は珍しい苗字だったので、私は、「苗字は知ってるよ。けど、話したことはない」って答えたんだ。
すると、親が「I君の親とPTAで一緒で話したりするんだけど、I君って霊感が強いんだってさ」って話し始めた。

何でも、I君が小学生?のとき○○君(名前忘れた)に何か見えたらしく、明日死ぬだろうと感じたらしい。
そしたら次の日○○君が本当に亡くなったんだって。
○○君の死の前日、I君の親は、I君が感じた事を話されていて、息子にも霊感が備わっていたのかと知ったようです。
息子にもって書いたのは、実は、そのI君の親も霊感が強いみたいです。

I君の親は高速道路に乗りたがらない。理由は、死神が通るから。
高速道路を走っていると、死神が車の脇をス~っと通っていくらしい。高速だから時速100Kmはでてるのにね。
車を追い越していって、その死神が憑いた車が、事故を起こすんだって。
そんな体験をI君の親はしてるみたいです。ちなみに、その死神の姿は、ドクロの顔で大鎌を持っているという、
お馴染みのイメージみたいです。

正直私は、嘘っぽい話だなあと思ったんですが、実話かどうかは見える人にしかわかんないんで何とも言えないんですね
ただ、霊感とかって遺伝するのかなって思いました。そういう家系なのかな?



◆目次に戻る◆




39:1/22012/11/20(火) 21:36:36.59 ID:LLrI8diiO
屋根の上


流れをぶったぎって書く。失礼。なんか突然思い出した。あんまり怖くないけど。

去年、お盆に地元の夏祭りがあった日。たぶんあれが生まれて始めて体験した心霊系の出来事だったんじゃないかなと思う。ちなみに当方霊感ゼロ。
夏祭り自体はなんの変哲もないものでいわくとかそんなんはまったくない。
なぜか古い友人に誘われて遊びに行って、普通に帰って来た。その帰り道でたぶん幽霊を見た。

友達と別れて一人で自転車をこいで帰宅してたとき、自分の家はマンションなんだけどそれがもう目の前であと五分でエアコン効いた部屋に入れるな~っていうくらいまで家に近づいたときだった。
たまたま視界に入った一軒家の屋根の上になにかが浮いてた。

最初は煙かと思ったんだよね。季節柄バーベキューや花火が多いじゃん。
だからどっかの家でやってる煙が流れてきたんだろうなって自然に思ってた。実際に煙っぽかったし。

でもちょっとおかしかった。

まず、煙なのに全然消えない。見てた時間は本当に少なかったと思うんだけど、
それでも普通の煙とは違って固定された形状を保ってた。
しかもその形状が、どうも人間の形に似ている。横向きに歩いてる…というか、
スケボーに乗って移動してるみたいにすーっと移動してった。

続く




40:2/22012/11/21(水) 12:06:13.35 ID:ps9uUR0bO

ここでやっと混乱したよ。
あれは煙なのか、人間なのか。でも人間だったらおかしいんだよね。
屋根の形から平行移動は不可能な場所であるのは常日頃その家の前を通過するからよく知ってる。
それに、よく周りを観察してみると花火もバーベキューもやってる団体はいない。静かなものだった。

最後のとどめというのが、なんでこんなにはっきり見えるのかっていう頭に浮かんで来た疑問。

その煙、なんか光ってたていうか…なぜか真っ暗な中でもはっきり見えたんだよね。
だから人間の形をしてるって分かった。周りに煙に反射するような光源はない。
あるとしても、煙が発光するにはまったく足りない光量だったと思う。

自分は心霊とかオカルトとかの話題が大好きで常にネタを持ってたからすぐに連想しちゃったんだよね。
幽霊が屋根の上を通過するっていう状況を。
そこまで考えたあとは本当に必死だった。全身の血が一瞬で温度を下げていくような感覚に襲われた。
動悸も激しくなる。

見つかったらどうしよう。
突然方向転換してこちらへ来たらどうしよう。
今Uターンしても大丈夫なんだろうか。
いつ目を離せばいいんだろう。

そんなカンジで慌てたことは記憶があるんだけど、気付いたらもう家に帰ってた。
気付いたら玄関に立ってて、かなり冷や汗とかもかいてて(普段は汗かかない体質)出迎えてくれた母が変な顔をしてた。

「どうしたん」
っていう母の問いにさっき自分が見たものについて話した。母は自分と同じくオカルト大好きだけど、
体験談とか聞くと「うっそだ~」って笑い飛ばす人だったから、この日も笑い飛ばしてもらおうと思ったんだ。

でもいい感じに期待は裏切られた。ものすごい神妙そうな顔をしてコメントを一言残して去って行った。

「お盆だからかえってきてたのかもしれないね」

いや、いつも通り否定してよ…orz
文にしてみるとまったく怖くないけど自分はしばらくトラウマになるくらい怖がった記憶がある。

ちなみにこの母、夜中に自分の部屋に白い影が入って行ったのを見たとも言う。信じるか信じないかどっちだよ本当。



◆目次に戻る◆




45:本当にあった怖い名無し2012/11/29(木) 09:40:04.80 ID:j9RHYEhR0
思いこみ


子供の頃と大人になってからでは、身長差と感受性の違いでモノの大きさが変わるって分かりますかね?
しばらく前の話なんですけど、思い返すと不思議だったかもという話。

1~5歳まで過ごしていた土地に、27歳になって初めて再訪した。
高速飛ばして2時間ぐらいのとこだからなかなか行こうとは思わなかったんだよな。

ついてまずびっくりしたのが、
車3台すれ違える幅と、300mぐらいの直線だとずっと思ってた借家の横の道が、
車1台ギリギリの幅と、30m程度の長さだったんだ。借家もまだ残ってたんだけど、これも想像より遥かに小さかった。
記憶の中では確かに車がすれ違ってたのに。
記憶って曖昧だなーなんてとしみじみ思ってた。

で、よく遊んでた神社(公民館かも)を見に行った。
近所の2歳上の女の子がお姉さん代わりになってよく遊んでくれてたところで、
5m幅ぐらいで15段ぐらいの石段を登った先に神社があるはずだ。
その石段の中腹ぐらいに腰掛けてママゴトをさせられた記憶がある。

そこが、なんと「3」段。幅も1mぐらい。
神社か公民館かと思っていた建物も、サザエさんのエンディングに出てくるような小さな建物だった。
中腹って、2段目??まさか!

途中で建て替えられたんだろう、と。
前述の道も宅地整備で狭くなったのかもしれない。

とりあえず帰ってからおかんに今日の話をしてみた。
(おかんはやぼ用で引越した後もその土地に何回も行っている)
すると、
「昔っからそうだよ。あのまんま」と…

人間の記憶って、結構都合良く書き換えられるみたいです



◆目次に戻る◆




46: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(3+0:3) 2012/11/29(木) 09:42:29.60 ID:I5Fbf51T0
ラップ音


実際に見たりとかはあったような、見間違いかって感じだけども
ラップ音はそれなりに経験した。

中学生の頃、包丁を研ぐような、シャッシャッって音が一週間くらい続いた。
何となくお袋が俺を殺そうとしてると思いこんで、gkbrだった。

意を決して一階に行ったら音が聞こえなくなった。

同じく中学生のとき、天井から音が聞こえる。
雨も降っていなかった。
最初は同級生とかが悪戯で石でも投げているのかなと思った。
外を除いても誰もいなかった。

次にネズミかなとも思ったんだけども、あちこちでなるからこれも違うと思った。
そのまま様子を見てたら、天井だけでなく、壁や机や椅子なんかからも
音が絶え間なく鳴り出して、非常に怖くなり布団被って寝た。

それと最後に大学生のとき、車二台で男10人で某監獄墓地へ行った時に、
山を登っていったら道を間違えて、鳥居みたいな所へ辿り着いた。

鳥居が3つ並んでて、その奥に社みたいなのがあった。
最初の鳥居を潜ると同時に、右側の森から「ポキポキ」と小枝を折るような
音がずっと付いてきた。

動物が平行して歩いているのかな、と思うようにして気にしないようにしてた。
んで、3つ目の鳥居を潜った瞬間、今度は左側から
とても太い枝を折ったような「ボキッ」って音が鳴り響いた。

男10人一目散に逃げたよw



◆目次に戻る◆




76:本当にあった怖い名無し2012/12/23(日) 03:11:43.81 ID:Q748QRogO
将門の首塚


豚切り。書き込んでほしいとの事で投下。

東京大手町、将門の首塚。
そこには本来素戔嗚尊のお社があったとのこと。
理由は将門の鎮魂ができるのは素戔嗚尊だからだということらしい。
しかしそれは別の意味でも重要なことで、将門生前においては慕う民草が多いことから、
死してなお集っているとのこと。そのことが要因で、
「行列・集団があるとつい寄ってみたくなる」
現象と同じ事が起き、現在も首塚に、余計なのが集まっているとのこと。

お参りに来てくれる方に、よからぬものが憑いては、申し訳なく、体裁もとれない。
よって、本来の素戔嗚尊か祓戸の大神達か、オオナムジ(大国さんの名前はX)を勧請してほしいとの話。
黄泉絡み方面は得意だそうな。

どうしてここに書き込んだか。俺が丁度ここを見てて、それをうちのが告げ口したから。
信じる信じないは任せる。俺も半分方信じてないから。
よって、兆しを出すようにと話はしておいたので
我こそはと思う人はその兆しから場所を特定し、現地に向かって自分で確認してくれ。
首塚以外でも接点となる場所が有るらしい。

兆しに巡り会う意味が分からない者は、嘉門ナントカという人の著書参照しろ。
後はしらん。



◆目次に戻る◆




関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランダム

コメントの投稿

他サイト様おすすめ記事一覧

上部に戻る