ピックアップ

不思議系ネタ

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

真昼間でも楽しめる怖い話ください

2014年06月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:02:26 ID:pHmFzjWwN
コピペでも実体験でも可。



10: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:10:24 ID:F5CvquFiX
リゾバこえる怖い話はないだろ


12: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:11:30 ID:pHmFzjWwN
>>10
あれはホント念入りに作られてる糞怖い話だよな…

15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:14:51 ID:686uQyBCV
親戚がとあるマンションに住んでたんだよ

毎日隣の部屋から壁をドンドンドン!ドンドンドン!叩いてる音が聞こえて来るんだとさ。
日に日にその音が大きくなって耐え兼ねて大家に相談したんだ。

そしたら大家さんが「え、そこは誰もいないじゃない」って言うのよ

んでその部屋の中を確認することになったのらしい

中に入ったら誰もいなかったんだけど。壁の一箇所だけ凹んでたんだと。

つまらなくて悪いな

21: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:19:19 ID:pHmFzjWwN
>>16
どうぞ

17: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:15:44 ID:686uQyBCV

18: 嵐を呼ぶ名無し@おーぷん 2014/05/29(木)14:16:39 ID:zOlCNCGHp

20: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:18:15 ID:nhXRipX5w
最近テレビでやらないな
アンビリバボーの心霊写真大好きやった

22: 嵐を呼ぶ名無し@おーぷん 2014/05/29(木)14:19:54 ID:zOlCNCGHp

23: 嵐を呼ぶ名無し@おーぷん 2014/05/29(木)14:22:28 ID:zOlCNCGHp

24: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:24:48 ID:2ihsM1Vj4
「あの穴」
あるアパートの203号室にAさんが引っ越してきた。
201号室は優しく親切なおじさん、202号室はドストライクの美人なお姉さんと、良い部屋だったが、204号室の人とはあった事がなかった。
Aさんの部屋は204号室側の壁に、1㎝くらの穴があいていて、のぞくと真っ赤な物がみえるのだった。
初めてその部屋で夜に寝た時、204号室の方から、
「ダンダンダンダンダンダン」
と、何度も壁を叩くうるさいくらいの音が聞こえて、ねむれなかった。

次の日、Aさんは大家さんに
「204はどんな人が住んでるんですか?」とたずねた。
大家さんは
「僕もよくわからないけど、病気でいつも寝込んでいる人らしい」と言っていた。

その夜、また寝ていると「ダンダンダンダン…」あの音。
次の日も「ダンダンダンダン…」またあの音。 その次の日も、そのまた次の日も。
その音で眠れなかったので、201号室、202号室の2人にその人がどういう人なのか、たずねてみた。すると、2人も大家さんと同じ答え。

Aさんは、その夜もあの音が聞こえたので、自分からも「ダンダンダンダン」とやり返した。すろと、向こうはもっと強く「ダンダンダンダン」…。
Aさんは、赤い穴のなかをのぞいた。中は、黒いものがきょろきょろ。

後から聞いた話だが、201号室、202号室は、誰も住んでいなかった。
そのアパートは前、他のアパートが建っていて、火災で多くの人が亡くなったそうだ。前のアパートの201、202号室にすんでいた人は、その火災で亡くなったらしい。
204号室は、その火災の火元。そこにすんでいた人は、今でも言っている。
壁を叩き、穴を覗きながらながら。

「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい助けて助けて助けて…」


怖いかな?
文章力なくてごめんなさい(´;ω;`)ウゥゥ

26: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:25:01 ID:60AgMlN3k
鏡の前で右向いておじぎ

27: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:26:17 ID:F5CvquFiX
>>26
それだけじゃ何も起きないぞ

28: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:26:55 ID:pHmFzjWwN
>>27
玄関にある鏡だっけ?

30: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:28:18 ID:lUuITODjM
小学6年生の頃当時の友達ABCDと5人で地元では幽霊がでると有名な廃墟に行った時の話
その当時はこっくりさんが流行っていたんだ。その流れで廃墟へ行ってみようとなった。
前述の5人で廃墟へ行きまずは廃墟でこっくりさんをやった。もちろん何も起きずつまらなくなってしまったので
使い捨てカメラで廃墟を撮ったABCDと俺1人ずつ廃墟をバックに。
残りのフィルム分は適当に廃墟の中やみんなの変顔とか撮ったはず。
その日は何事もなく解散。3日程経った頃みんなでカメラの写真を現像しに行った。
現像を待つ間「なんか写ってないかなあ」なんて話してた。
そして店員に呼ばれたんだ。

店員「ごめんね。おじさんミスしちゃってこの写真現像できなかった。」

その後俺たちがなんとか写真が見たいとお願いしても、ミスしちゃったから現像できない。
の一点張り。小学生ということもあってこれ以上言っても無駄だろうと帰ってしまいました。

話は終わりです。

今となってはもしかして何か写っていたから現像してくれなかったんじゃないかと。
ちなみにその廃墟は調べれば出てくる有名な場所です。
ほんとに中途半端ですが終わりです。
読みづらいかとは思いますが初心者なので目つむってやってください。

何か質問等あれば答えます。

31: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:31:24 ID:pHmFzjWwN
>>30
その一枚だけ見せてくれなかったの?

33: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:32:33 ID:lUuITODjM
>>31
いえ
現像お願いしたフィルム全てです。

34: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:34:44 ID:47z0Xrsv1

真冬の物凄い寒かったある夜。
姉ちゃんがベッドに寝てると、
自分の頭の横で、
何かバタバタ音がするから、

「うるさいなー」
と思いつつ、
何かを確認しようとして目を開けようとしたが、
目が開かない。
それと同時にバタバタという音がだんだんデカくなる。

「うわー何?何?」

って姉ちゃんが焦っていると、いきなりその何かが胸に乗ってきた。

ピョンピョン跳ねて、キャッキャッ笑ってるらしい。

明らかに小さい女の子の声だ。

もの凄い汗をかきながら、姉ちゃんはわけわかんない念仏を唱えてると、
「目を開けて見て」って声がした。

姉ちゃんは、

「あけれません…」

と呟いてみると、その何かが、
「目を開けて寝ると、まーるいお菓子が貰えてね。大丈夫なの。
だからまーるいお菓子が貰えてね大丈夫なの。」
と繰り返す。
姉ちゃんは、
無理だと思いつつ目を開けてみると、

そこには、どこにでもいそうな、
女の子が、馬乗りになって姉ちゃんの上に乗ってる。


姉ちゃんは気が遠くなり、
そのまま、意識がなくなった。

次の日姉ちゃんにその話を朝から聞いた。

「ねーよwwwwwwwwww」

って俺は笑いながら茶化した。
「そうだよね?サーセンwwwwwwwwww」
って姉ちゃんも笑ってた。

35: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:35:02 ID:47z0Xrsv1
それが、姉ちゃんと喋った最後の会話だった。

姉ちゃんは、
その日の通学中に車にひかれて死んだ。


目を見開いて。


葬式の時に、
お供え物の準備をしてると、
親戚の女の子が、俺のとこに走ってきた、

「これね、みっちゃんがね、お兄ちゃんに渡してって」

って言うから、

俺はテッキリその見知らぬ親戚のみっちゃんて子が、
俺にお菓子をくれたんだなって思って、ありがとうって、受け取った。

「みっちゃんって誰?」って女の子に聞いてみると、
「みっちゃんはね、押し入れの中に住んでるから、外に出れないんだって
でも、もうすぐ出れるって」

俺はそれ以上何も聞けなかった。

女の子のくれたお菓子は、丸い旨そうな、まんじゅうだった。

39: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:41:51 ID:8x7ObEZjG
真っ赤なワンピースの女

俺は原付に乗って買い物に出かけた
普段どうり国道を走っていると真っ赤なワンピースを着た綺麗な女性が眼に映った
お、綺麗な人だな、そう思った瞬間俺は対向車線から来たトラックに撥ねられた
柔道を習っていた俺はとっさの瞬間受身をとる事ができたため両足を骨折する重傷ですんだ。

それから半年たったある日友人のKが同じくトラックに撥ねられた
直ぐに病院に駆けつけたが、Kに意識は無くその後死亡した
その場で救助に当たった人の話によるとKは「赤いワンピースを見てついよそ見しちまった・・・」
と呟いていたという、俺は驚いた。
アレは死神なんじゃないか?俺がそう思っている頃またあそこで事故が合ったらしい
話を聞いてみるとひき逃げらしく、この辺りは見通しがいいにも拘らずそういう事故が多いらしい
俺はあの赤いワンピースの女が死神だと確信した

40: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:42:17 ID:8x7ObEZjG
数日後俺はバイトの先輩Tさんの車に乗ってその道を走っていた
Tさんは実家が寺で非常に霊感が強いらしく、俺は死神の話をしてみた。
「ふーん」っと素っ気なく聞いていたTさん、だが少し走ってからTさんが突然
「あの女か!」と叫んだ。見ると確かにあの赤いワンピースを着た女が道を歩いている!!
「そうです!あの女です!!」俺が叫ぶと「そうじゃない!あっち事だ!!」と正面を指すT先輩
見ると顔の抉れた女が対向車線を走るトラックの方向を狂わそうと、車体に飛び移っている所だった!
「ハンドル頼んだぜ・・・」Tさんはそう呟くと車の窓から上半身を外に出し、狙いを定め
「破ぁーーーーー!!」と叫んだ、するとTさんの両手から
青白い光弾が飛びだし、女の霊を吹き飛ばした
「これで安心だな・・・」そう呟いて片手でタバコに火をつけるTさん。
寺生まれってスゲェ・・・その時初めてそう思った。

41: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:43:37 ID:47z0Xrsv1
>>40
Tさんワロタwww

43: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:47:01 ID:pHmFzjWwN
>>40
Tさん=悟空さんでおけ?wwwwww

44: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:51:22 ID:bZi96lDd4
妹の友達が遊びに来るという時の話

俺が朝起きてリビングにいくと、床にうつ伏せの状態で寝転びながら本を読んでる真っ白な女の子がいたんだ
その時は「あ、もう来たんだ」位にしか思ってなくて、気にせずトイレに行って朝飯食ってた
すると玄関の方から「こんにちは」って声と、扉が開く音がする
「えっ?」と思いながら玄関の方を見ると、妹とその友達がリビングに来た
「こんにちは」
「あ、こんにちは……なあ、妹。妹友達さっきリビングに居たぞ?」
「は?何言ってんの?妹友達今来たけど?」

不思議だねぇ

36: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:36:17 ID:8x7ObEZjG
来ないだの話なんだけど、俺は街で美味いと評判のシュウマイ屋さんに行ったんだよ。
そこはお持ち帰りもできる店で、当然俺は十個入りのシュウマイをお持ち帰りで買ったんだ。
帰り道腹が減ってきて我慢出来ずにシュウマイを食べようとして蓋を開けたらなんと!!!!!
全部裏に引っ付いてたんだよ!!

37: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)14:37:43 ID:pHmFzjWwN
>>36
懐かしいな

引用元: ・【閲覧】真昼間から怖い話【注意】

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランダム

コメントの投稿

他サイト様おすすめ記事一覧

上部に戻る