ピックアップ

不思議系ネタ

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

もうすぐ夜明けやし怖い話して『―信じようと、信じまいと―』

2014年09月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もうすぐ夜明けやし怖い話してクレメンス

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:35:08.62 ID:a7eKkLvn.net
怖くなったところで朝日が上るからヘーキヘーキ!
世にも奇妙な2ちゃんの話 ― 信じようと、信じまいと― (初代)
http://world-fusigi.net/archives/5378935.html




2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:36:09.98 ID:lSSZsPpI.net
イッチに朝はこない模様

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:36:52.32 ID:fRJwcMBL.net
茨城県て関東地方らしいで

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:36:12.34 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

H県S市に住人の夫婦が自分達で建てた、ゴミ屋敷と呼ばれる民家が建っていた。
廃材で出来ているとは思えない立派な建物だったが、2000年秋に隣家からの火事で全焼した。
不思議な事に、寝ていた筈の住人達の遺体は焼け跡からは発見されず、
寝室から信楽焼の狸二体、庭に鎖で繋がれたマネキンが発見された。



6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:36:53.13 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

大分県は比多郡津江町の山合いにある集落、鈴木では鈴の字を金偏に令ではなく、令偏に金と書く。
270人程いる住民のうち八割が鈴の字を姓に持ち、そこに左右反転した鈴の字を用いている。
ただこの集落での鈴木姓の住民は記録に残っている範囲では現在までひとりとして存在してしない。
彼らは普段から「鈴木」という言葉を忌み、自分たちの住んでいる集落も「此ノ地」と呼んでいる。

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:37:31.80 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいとー

「なぜ山に登るのか。そこに山があるから、などという答えは全くバカげた目眩しで、
話は単純、数千メートル峰の山頂にのみ産出する○○(塗り潰されて読めず)が目的だ。」
この手記を発表した登山家は、その華々しい登頂歴を虚偽とされ
公式な記録からは完全に抹消されている。

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:38:10.41 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

19世紀の事、探検家のスチュアート一行は調査に入った洞穴で獣の骨を発見した。
帰国の後に持ち帰った骨を動物学者に調べてもらうと、それは標準的なヒグマの骨格であることが判明した。
ただ、共に見つかった、巨大な蝙蝠の肩から腕にかけての骨の正体と、
切り立った崖の上部にある洞穴でなぜそれらの骨が見つかったのかについては、分からずじまいとされた。

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:38:42.22 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

インダス文明の代名詞、モヘンジョ・ダロより下にある古い地層に古代都市の遺構が存在するのは有名である
1987年、英研究チームは遺構から人類最古と思われる文字の刻まれた粘土板を発掘した
長らく解読不能とされていた粘土板であったが、近年の研究でついに解読された人類最古の文章は以下の通りであった
「近頃の若者はなってない」

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:39:20.30 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

秋田県北部の小さな小学校で奇妙な出来事が起きた。
1997年度の一年間、あるクラスの分の給食が何故か毎日一食分多く届けられたのだ。
学校側は何度か給食センターに連絡したのだが、それでもその一食分は毎日届けられたという。
その給食は、誰のために用意された物だったのだろうか。

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:40:13.08 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

三重県の志垣神社には、古くからヒヒイロカネ製という金属製の箱が納められている。
箱の中身は全くの謎だったが、昭和49年、当時の神主の了承を取り、箱を開ける事となった。
報告書には、箱の素材はただの鉄製とあるのみで、箱の中身には一切言及されていない。
噂では箱の中に『昭和四十九年開放』とだけ書かれてた古びた紙が入っていたという。

32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:54:37.40 ID:9nV7ycxv.net
>>13
これゾッとした

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:40:46.15 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

あるショッピングモールの従業員である麻奈美さんは、店の接客方針やレイアウトについて不満を度々感じていた。
彼女は上司に訴えるより先に『お客様の声』として意見を投書していた。客の意見なら、早々と改善され易いからだ。
効果は覿面だったが、彼女はある日から投書をするのをやめてしまった。
彼女が感じている不満を代弁するような内容の、彼女の投書ではない『お客様の声』が掲示スペース全てに掲示されていたからだ。

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:41:23.16 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

「トリノの聖骸布」はキリストが磔から下ろされる時に体を包んだ布とされているが、その布に写っている
男性の全面と背面の全身像については様々な議論が渦巻いている。ある研究では付着しているのは
人間の体液であると言い、別の意見は画家によるペインティングだと言う。ただ、この写しは解剖学的にかなり
正確で手首を釘が貫通すると反射的に親指は手の平に引き付けられるが写しはそのようになっている。

17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:42:04.53 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと──

1952年、ロシア北西部の小さな村の上空で白く輝く大きな星が確認された。
かつて見たことのないその星は3日目の夜にひときわ強い光を放つと明け方に消えた。
その年、村で生まれた子供は全員女性であった。
年頃になると皆、Анから始まる姓の者と結婚したという。

18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:42:38.54 ID:N2wDDkNI.net
―信じようと、信じまいと―

フランスのレンヌに、唖者の夫婦がいた。子供は居なかったが、仲睦まじく暮らしていた。
手話も使ったが、彼らのコミニュケーション手段はもっぱら筆談であった。
1960年の春のある日、この夫婦は突然心中を遂げた。理由は結局分からずじまいであった。
メモ用紙に残された筆談の内容が、世界中のどこのものとも全く異なる言語で書かれていたからだ。

20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:43:39.89 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

1812年、イタリアのアロルドという男が自費出版で100冊ほど本を作った。
彼は、近くの書店に50冊ほど置いてもらい、残りは自分で保管していた。しかし、出版一週間後に、
彼の家が火事で焼け、本は焼失し、彼も死亡。さらに、書店にあった本には全て虫喰いが発生。
現在、完本は一冊も存在していない。その題名は、「奇跡の起し方」であった。

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:44:39.23 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

マルセイユのとある教会には、「悪魔を閉じ込めた箱」があったという。
箱を振ると確かに、カタカタと木の玉のようなものが中に入っているのがわかる。
1988年、アメリカのTV局のレポーターの女がそこに訪れ、牧師に無断で蓋を開けてしまった。
しかし、箱の中には何も見つからなかったという。

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:45:25.23 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

熊本県の横断歩道で、Aという男が事故にあった。赤信号なのにトラックの前に踊り出たというのだ。
Aは何とか生きており、その時、何故か「通りゃんせ」の音が聞こえた、と証言した。
Aの証言を気にした警官がその横断歩道について調べると、
交通量に比べて死亡事故の件数が圧倒的に多かったという。

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:46:49.99 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと――

事故で左手の親指を切断する大怪我を負い、入院中だった立花氏は、ある日隣のベッドの少女に話しかけられた。
「指、取れちゃって可哀想。生やしてあげるね」立花氏は苦笑した。しかしその翌日、
立花氏が目覚めると本当に指が生えていた。驚いた彼は少女に何度も礼を言った。
すると彼女は嬉しそうに、「これからどんどん生えてくるよ!」現在、立花氏の左手には指が21本ある。

24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:47:28.94 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

神奈川県に住むKさんのマンションに、差出人が自分の名前になっている小包が送られてきた。
不思議に思って包装を解くと、中に入っていたのは錆の浮いたブリキのクッキー缶で、
蓋を開けるとぎっしりと黒い髪の毛が詰まっていた。怖くなったKさんは警察に届けたが、
検査の結果、伝票の筆跡も毛髪のDNAも、紛れもないKさん自身の物であることが解った。

25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:47:44.70 ID:DeAswLCq.net
こういう与太話だいすき

27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:48:43.19 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

昭和52年、石川県の海岸に身元不明の男性の水死体が打ち上げられた。
解剖の結果、死体の体内から盗聴器のような金属の物体が発見され他国の
工作員ではないかと疑われたが、彼の正体も、誰がどうやって全く治療痕のない
健康な奥歯の内部に金属を埋め込んだのかも未だに謎のままだ。

28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:49:30.71 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと――

ネバダ州のさる富豪が、その死の間際かつて自身が犯した罪を家族に告白した。
彼は若い頃、旅先で知り合ったベイカーという金持ちを殺し、奪った金を元に今の地位を築いたというのだ。
富豪の死後に遺族が調べた結果、彼が言ったとおりの殺人事件が起きていたことが警察に記録されていた。
ただ、記録によれば「ベイカー」が殺されたのは二百年以上前のことだった。

29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:50:12.75 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

ある旧家に泥棒が入った。宝物庫から盗まれたのは、何点かの掛け軸と刀一振り。
家主は、掛け軸はともかく、刀は刃部分は錆びてボロボロで、見かけも傷だらけ。
価値は無い筈なのにと、不思議に思った。しかし数日後、その刀と共に全部戻って来る。
その盗品と一緒に、書置きも残されていた。「どうか追いかけさせないでください。」

30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:50:59.42 ID:KTcAtFnU.net
ある地方の女子大生が東京の大学に進学が決まり、東京に一人暮らしすることになりました。とあるマンションで生活をしているうちに、ある日部屋に小さな穴があいているのに気付きました。その穴は隣の部屋に通じていて、何だろうと覗き込みました。

すると、穴の向こうは真っ赤でした。真っ赤な背景の中を、黒い影がちらちらと動いています。隣の部屋は赤い壁紙なのかな、と思いつつ次の日も次の日もその女子大生は穴を覗いてしまいました。

いつ見ても赤かったので、隣の部屋が気になる女子大生はマンションの大家に聞いてみることにしました。
「私の隣の部屋にはどのような人が住んでいるんですか?」

大家は答えます。


「あなたの隣の部屋には病気で目が赤い人が住んでいますよ」

33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:55:59.16 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

ローマ生まれのヨハンは40歳代で精神年齢は6歳児程度、読み書きはもとより話すこともままならない。
だがただひとつ過去未来を問わず「何年何月何日何曜日」とどこでも即座に正確に答えることができた。
ヨハンはカレンダーを見たことは決してなかったが彼のこの暦に関する知識はどこから来ているのか。
専門の心理学者がいくら調べてもその秘密の鍵を解くことはできなかった。

35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:58:23.11 ID:zvtL8ywA.net
>>33
たしかサヴァン症候群でこんなひと居るやろ

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:57:13.59 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

京都府に住むIさんが子どもの頃、町では「ハコニワさん」という都市伝説が流行っていた。
噂では、ハコニワさんは奇妙な箱を持つ男で、目撃者は箱の中に吸い込まれるのだという。
ある時、Iさんは、ハコニワさんらしき箱を持つ男と出会ったが、特に何事もなく、家に帰る事が出来た。
しかし、次の日、学校の誰に聞いても、ハコニワさんの話を知っている者は一人も居なかったという。

36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 04:58:31.24 ID:N2wDDkNI.net
信じようと、信じまいと―

レーラは窓から見える町の風景を写真に撮り、それを並べるのを趣味としていた
写真は鮮明に写り彼女はその出来映えに満足していたが、ある日ふと違和感を感じた
撮り溜めた写真を並べて調べたとき、初めて彼女はそれに気づいて絶叫した
全ての写真の人ごみの中に、紛れもなく彼女自身が写っていたからだ。

37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 05:00:25.07 ID:N2wDDkNI.net
やっとだ、やっとだやっとだ

38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 05:01:25.25 ID:a7eKkLvn.net
>>37
そういうのええからさっさと次貼れや無能

39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 05:02:47.76 ID:Sq7IMltY.net
>>38
わりと図々しくて草生える

40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 05:03:13.35 ID:DeAswLCq.net
>>38
せめてもうちょいレスしたれや

41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 05:03:21.11 ID:zvtL8ywA.net
もっと貼ってクレスケンス

9: 本当にあった怖い名無し 2006/02/26(日) 12:46:19 ID:4hExsU/g0
信じようと、信じまいと

世界のどこかに超文明を持つ国があるという。
ロズウェル事件のUFOの乗組員はモンゴリアン人種である事から判った。
アメリカを始め世界各国が必死に調査するも場所を特定できてない。
何らかの方法で、人間の五感のみならずレーダー他すべて知覚できないようにしているらしい。

信じようと、信じまいと_________

21: 本当にあった怖い名無し 2006/02/28(火) 13:24:08 ID:SpohSnD3O
信じようと、信じまいと―。

貴方は携帯電話を持っているだろうか?
年々所有者が増え続け、廃棄される数も少なくはない。
ある理由で廃棄処理場を辞めた一人の男が居た。
その男は、解体される瞬間今まで記録した"声"を一斉に吐き出した携帯電話を見たという。

信じようと、信じまいと―。

22: 本当にあった怖い名無し 2006/03/01(水) 00:47:36 ID:dPwOx1tt0
信じようと、信じまいと―

1952年、フロリダのペンサコラ海岸での出来事。
若者達がボート遊びに興じていると突然海竜に襲われた。
生存したのは5人中、わずか2名。
しかしこの事件は認定されず、彼らは幻覚をみたことにされている。

24: 本当にあった怖い名無し 2006/03/01(水) 00:49:59 ID:dPwOx1tt0
信じようと、信じまいと―

スイスのアルプスには「足のある芋虫」と呼ばれる不気味な生物が生息するという。
チロル地方の伝説に出てくる生物だが、これを沼地で発見した農夫がいた。
最寄の研究機関で調査をしたが特定はできず、その後ハイデルブルグに送られたが
その先は行方不明になってしまったという。いったいその骨に何があったのだろうか。

27: 本当にあった怖い名無し 2006/03/01(水) 02:15:16 ID:2w3Gs3RT0
>>24
いきなり骨が出てきてちょっとびっくらこいた。芋虫に骨?みたいな。
でもID:dPwOx1tt0 GJ

26: 本当にあった怖い名無し 2006/03/01(水) 00:51:46 ID:dPwOx1tt0
信じようと、信じまいと―

先史時代からの翼竜の目撃談が後を絶たないといったら信じるだろうか?
とある地域では翼竜対策のためにワナを仕掛けているところもあるそうだ。
遥か昔に産み落とされた卵が条件の良い湿った土の中で仮死状態で温存され、
それが何かのショックで孵化したのではと専門家は見ているという。

29: 本当にあった怖い名無し 2006/03/01(水) 19:31:19 ID:zatnDP1R0
信じようと、信じまいとー

1998年2月、フランス西部の病院警備スタッフが自殺した。
同僚の話によると、監視カメラの中継を見ている際に
突然叫びながら記録用のビデオテープを破り、そのまま帰宅したと言う。
この事件は精神的ノイローゼによる自殺として処理された。
結局何が映っていたのかはわからない。

37: 本当にあった怖い名無し 2006/03/02(木) 21:30:55 ID:5JLs+W/i0
信じようと、信じまいと―

1970年代、群馬県の山中で穴が発見された。
その穴は十円玉程の大きさで、中に入れたものが消えてしまうという。
同時期、ブラジルで日本の硬貨が突然出てくる穴が発見された。
現在、その穴の位置を知る者は殆どいない。目撃した人間が皆消えてしまったからだ。

38: 本当にあった怖い名無し 2006/03/02(木) 22:56:37 ID:jsVCTVWE0
>>37
最高、まとめ方も上手い

42: 本当にあった怖い名無し 2006/03/03(金) 02:45:27 ID:sL28/sESO
>>37
世にも奇妙な物語の穴の話に似てるな。

50: 本当にあった怖い名無し 2006/03/03(金) 23:04:37 ID:QLyITp5o0
信じようと、信じまいと―。

ニューヨーク・ブルックリンの25ストリート。
そこで働く男が、十センチほどの胎児に蛸を縫い付けた様な死体を発見した。
男は911番に通報、その後駆け付けたのはWHO職員だった。男はそのまま保護された。
現在、死体が発見された場所には、厳重に閉じられたマンホールがある。

55: 本当にあった怖い名無し 2006/03/04(土) 04:17:32 ID:Nl5XHj3Q0
信じようと、信じまいと―

兵庫県のある地域に、いつ立てられたのかもわからない廃洋館がある。
ある日小学生3人が探検に行ったが、2人が助けを求めて飛び出してきた。
騒ぎを聞いた者たちが駆けつけ中に入ると、少年が立ちすくんだまま「床の中に人が居る」と言い息絶えた。
助かった2人は、彼が何を見たのか知らないと言い張っているという。

58: 本当にあった怖い名無し 2006/03/04(土) 14:21:46 ID:30D+U4d10
信じようと信じまいと─

1985年東京で大学教授をしているT氏が、家族と奥多摩へキャンプに出かけた山中で、藁葺き屋根の「まるで時代劇のセットの様な」村を発見した
T氏と彼の娘はその村を数枚の写真にに収めて帰ったが、後に幾ら調べてもその村が何なのか解らず、見つける事ができなかったという
寛永年間の記録にはこう記されている「亥の年丑の月、山中より怪しげないでたちの異人が里に現る、村人は怯え家に隠れるが
異人のひとりは怪しく光る大きな一ツ眼で家々を覗き廻りいつしか去りぬ、眼一つなるは、もののけ也。」

68: 本当にあった怖い名無し 2006/03/05(日) 21:35:54 ID:zwqZDgw/0
>>58
これいいね。

59: 本当にあった怖い名無し 2006/03/04(土) 14:31:51 ID:Q9whLP5g0
信じようと、信じまいとー

1987年、イギリス・ウェールズの山中で死体が発見された。
その死体は仰向けになり、剣を両手で握っていた。
さらに、死体・着ている服共にまったく損傷が無かった。
彼の正体は文献に載っていた。アーサー王の従者の一人であった。

66: 本当にあった怖い名無し 2006/03/04(土) 23:33:13 ID:Q9whLP5g0
信じようと、信じまいと─

世界中で一番使われているWindows。その中のあるプログラムのベースラインに、
誰も組み込んだ覚えの無いコードが入っているという。
現在、そのコードの役割を知っている人間はいないが、
ある自殺したマイクロソフトのプログラマーの遺言は、「三十五年後」だったという。

67: 本当にあった怖い名無し 2006/03/05(日) 18:44:46 ID:xr+1F9JLO
信じようと信じまいと―

消防士のトーマス・アンダーソンは火災現場で一人の男を助けた。男は重傷で救急車に乗せられる間際、トーマスの名前を知りたいと言ったので名前を教えて救急車に乗せた。
次の日、男の事が気になって同僚に聞いてみると、昨日火災が起きた記録はないという。
昨日はトーマスの誕生日、28年前同じ日トーマスの父を火災から助けた消防士の名をトーマス・アンダーソン。
トーマスの生まれる一年前の事で、当時の記録にトーマス・アンダーソンという消防士はいない。

77: 本当にあった怖い名無し 2006/03/06(月) 10:18:25 ID:5Z3suWSV0
>>67
これ好き

69: 本当にあった怖い名無し 2006/03/05(日) 21:49:59 ID:/b5e6neB0
信じようと信じまいと―

この世界には人間の身体を持ちながら
人間の精神を持ち合わせていない
口にするのもおぞましいものが
もうすぐ生まれる。

71: 本当にあった怖い名無し 2006/03/06(月) 00:02:12 ID:m9An914A0
信じようと、信じまいと―

オックスフォード大学のヤング博士は瞬間移動装置を開発した。
博士はロンドンの装置に入り、NYのもう一方の装置の中から出てきて現場のマスコミを驚かせた。
博士の説明によると、入口内の物質の原子構成をスキャンし、出口内に再構築する仕組みだという。
そして入口内に残った物質はガスで毒殺するそうだ。博士はほんとうに瞬間移動したのと言えるのだろうか?

78: 本当にあった怖い名無し 2006/03/06(月) 15:22:07 ID:fSH72oWP0
>>71
これいい。なんか妙な怖さだ

72: 本当にあった怖い名無し 2006/03/06(月) 00:09:33 ID:m9An914A0
信じようと、信じまいと―

1972年、山口県。交通事故に遭って23年間意識不明だった男が目を覚ました。
彼の話によると、彼は夢の中で60万年間生きており、
自分が人間だった頃の昔の話はほとんど忘れてしまっていたそうだ。
そして自分の寿命があと40~50年ほどであることを聞かされて絶望していたという。

73: 本当にあった怖い名無し 2006/03/06(月) 00:30:57 ID:m9An914A0
信じようと、信じまいと―

ある男のメールボックスに送信日が2036年のメールが舞いこんだ。
内容はただ一文、「30年前の自分、逃げて」。
男は何から逃げてよいのか分からないのでとりあえず”逃げて”ないが、
それが分かるのは30年後なのだろうか。

80: 本当にあった怖い名無し 2006/03/06(月) 22:23:32 ID:0dGbhvDO0
信じようと信じまいと―

西暦何年の何月何日だろうとすぐに曜日がわかる男がいた
男を研究していた学者が「何故判るのか」と聞いても理由は判らないとしか答えない
学者は長年の研究と努力の末、自身も男と同じ、曜日が判る能力を身に付けた
しかし、何故判るかという説明はやはり出来なかったという

81: 本当にあった怖い名無し 2006/03/06(月) 22:56:45 ID:hm60WVdDO
>>80
そういえば知的障害児にそんな子がいたなぁ…

82: 本当にあった怖い名無し 2006/03/06(月) 23:25:35 ID:UHlsT1Mb0
サヴァン症候群ってやつだっけ?

85: 本当にあった怖い名無し 2006/03/07(火) 11:09:37 ID:8Q15hzUO0
信じようと、信じまいと―

人間の体内時計は、1日が25時間だという説がある。
しかしご存知の通り、地球の自転は24時間。
これは不自然である。体内時計と時点が噛み合っていない。
実は、火星の自転は25時間なのだ。

86: 本当にあった怖い名無し 2006/03/07(火) 11:40:19 ID:iP0zNtQK0
>>85
な・・・なんだてキバ○シーー!!
MMR乙。

88: 本当にあった怖い名無し 2006/03/07(火) 18:40:38 ID:uTvZ5xavO
信じようと信じまいと―

18世紀末、多くの作品を遺した小説家がおり、その数の多さに興味をもった一人の学者は彼について調べる事にした。
すると、彼の作品を全て書くには、彼が生涯寝ずに書いたとしても一秒間に1200文字書かなければならない事がわかった。
結論を信じられなかった学者だが、ある事に気付いてしまった。
学者の年齢は小説家の亡くなった年齢の半分だが、彼の作品全てを読み尽くしてしまっていたのだ。

94: 本当にあった怖い名無し 2006/03/09(木) 01:17:48 ID:f7il0maE0
信じようと信じまいとー

実は、神の正体は「最初に自我を持った人間」である
本来すべての生物は死亡後に地球精神体と一体化するはずなのだが、
自我を得た為、独立した精神体となり霊界を創った。
神は今も生きている人間の精神エネルギーで霊界を維持し続けている。

115: 本当にあった怖い名無し 2006/03/12(日) 16:31:50 ID:QlMWKCRk0
信じようと信じまいと―

巨大な総合病院で数ヶ月の間に欠損新生児が相次ぎ生まれる自体がおきた
全て部位の異なる欠損で、大脳を除き心臓・目・左手・腎臓等とあらゆる症例を確認
後日、隣市で異常な乳児の死体が発見され、死体遺棄として捜査が開始された
無頭症だったその乳児の死体には、体に無数の継ぎ目のようにも見える手術痕があった

信じようと信じまいと―

116: 本当にあった怖い名無し 2006/03/13(月) 10:54:29 ID:ILVSgdcb0
信じようと信じまいと― 

ニューヨーク郊外で五つの人格を持つ解離性同一性障害の男が
自宅でピストルを持ったまま死んでいるのが発見された。
遺書もあり明らかに自殺だったが警察はこれを自殺と断定できなかった。
こめかみに弾痕が五つあったからである。

117: 本当にあった怖い名無し 2006/03/13(月) 12:11:18 ID:gXkzDDHPO
>>116
Xファイル確定。
GJ!!!

119: 本当にあった怖い名無し 2006/03/13(月) 19:07:06 ID:z/01AYAI0
信じようと信じまいと─

ある日、会社に勤める女性は近道をしようと路地裏に入った。
彼女が路地裏から出ると、そこには見た事も無い街があった。
彼女はなぜかそこが恐ろしくて、その路地裏を引き返した。
そして彼女は5年後、路地裏から出てくる自分そっくりの女性を見たと言う。

信じようと信じまいと─

▼合わせて読みたい





ツタンカーメン 死後の奇妙な物語
ジョー・マーチャント
文藝春秋
売り上げランキング: 4,700






引用元: もうすぐ夜明けやし怖い話してクレメンス

引用元: 信じようと、信じまいと― 5

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランダム

コメントの投稿

他サイト様おすすめ記事一覧

上部に戻る