ピックアップ

不思議系ネタ

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

じわじわ来る怖い話

2015年01月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジワジワ来る怖い話し

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:10.27 ID:KBiAVI6Q0
コピペで悪いがこんなのとか

780 閉鎖まであと 8日と 18時間 2007/01/15(月) 02:08:54.10 ID:7/BLERGo0
怖いから部屋から風呂まで
全部電気つけて風呂入ってきた\(^o^)/

だるまさんが転んだは平気だった
むしろ風呂出て部屋の電気つける時
掛けてた鞄が落ちた時のほうがビビったw
意味がわかると怖い話~解説付き~『エレベーターのOL・・・』
http://occult-2ch.net/blog-entry-119.html






2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:12.00 ID:WeviOv1y0
電気つけたんじゃないのかよ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:13.00 ID:KBiAVI6Q0
24 :本当にあった怖い名無し :2007/07/01(日) 06:22:10 ID:ogi0THNR0

うるおぼえだが何年か前の「こたちょ」FAX投稿。


洗濯物を畳んでいて、ふっ…と後ろの姿見を振り返ったら
自分の後ろ姿が映っていました。



80 :本当にあった怖い名無し :2007/07/03(火) 03:29:07 ID:1giKn+AfP

部屋の隅に大きめの鏡があるんだが、
>>24を読んでたら、恐いもの見たさで恐る恐る鏡見たら
俺の背後の窓に人が居て鏡越しに目が合ってくそビビッた、、

でも落ち着いてみたら窓に自分が映ってるだけだった、、アホだな俺ww

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:15.00 ID:KBiAVI6Q0
数日前、私の住んでいるマンションで殺人事件が起きました。
その日のことを振り返ると今でもぞっとします。

その日の夜、7時頃だったでしょうか、
私は仕事から帰ってマンションの通路を歩いていました。
すると、前からフード付きのレインコートを着た男性が小走りでやってきます。
男性の顔はフードを深く被っていてよく見えませんでしたが、
レインコートは真っ赤に染まっていました。
そのときは、それが返り血だなんて思いませんでした。
だからなんの恐怖も抱きませんでしたが、
すれ違っていたら殺されていたかもしれませんね。口封じの為に。
しかし幸いすれ違う前に私は部屋の前にたどり着き、部屋に入り鍵を掛けました。
その後、夜11時頃、部屋に警察官が訪ねてきました。
私がスピーカー(玄関に付いている、呼び鈴を鳴らすとカメラとスピーカーが作動して
玄関にいる人と話せるやつです)で応対すると、その警察官は
「さきほど実は、このマンションの一室で殺人事件があったんですよ。
犯人はまだ判っていないので、目撃情報など詳しくお話をお伺いしたいのですが」
と言います。
私は仕事で疲れていたので、
「仕事で疲れているので明日にしてください」
と言って断りました。
翌朝、私はニュースでこの殺人事件の犯人を知りました。
犯人は、昨日私の部屋に訪れた警察官だったのです

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:16.00 ID:KBiAVI6Q0
「ジワジワ来る」って言うのが難しいな・・・

普通のオチ聞いたときに「ウワー!」
ってなるのも駄目だし・・・

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:17.00 ID:KBiAVI6Q0
自宅で彼女とセクースをした後、寝てしまった。
気がつくと、部屋は真っ暗。どうやら日が落ちるまで寝てたようだ。
隣を見ると、彼女が居ないことに気付いた。
同時に、バリバリくちゃくちゃと物を喰う音が聞こえて来た。
暗くてよく分からないが、彼女は椅子に座って何か食べているようだ。

俺:「おい、なんで電気付けないん?」

彼女:「……ウチも今起きたんや。お腹空いたわ~」

俺:「ほんまぁ。しかしまぁ、、、今日は初エッチだったねw」

彼女:「へへ。すごい良かったよ。…ウチのこと好きぃ?放さへん?」

俺:「あたりまえやん。お前以外はありえへんわぁ」

♪♪♪
枕元の携帯が鳴った。こんな時にシラケるだろうが、何やぁ?

【題名】RE
【本文】起きた?今夕食買いにコンビニに行ってんやけど、何が食べたい?(>_<)


「誰からのメール?誰から?ダレカラァ?ネエ」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:54.00 ID:G+qcTA1xI
>>7が結構じわじわ来る件

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:55.00 ID:/SSZX5tJ0
>>7がわりと怖くてワロタ・・・

613: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 11:04:23.00 ID:QnqQdiQiT
>>7
これわかんない

636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 11:04:46.00 ID:/ZjjBhQ8I
>>7の回答

語り手には、浮気しているもう一人の彼女がいた
本命の彼女がそれに気づいて、殺害
暗闇だったのは、その彼女を食べているため

そして最後のメールは、殺された彼女が本当に語り手の浮気なのかを確かめるために、本命の彼女が送った

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:18.00 ID:KBiAVI6Q0
「冬山で道を見失ってな」
「はあ」
「仲間三人と近くの山小屋に逃げ込んだ」
「ふんふん」
「ライトも切れて何も見えなくなった」
「それはまずい」
「寒いから動き回ろうと思ったわけだ」
「しかし下手に動いてもね」
「そうそう、転んで捻挫でもしたら下山できない」
「どうしたんで」
「とりあえず四人で四隅に立ったさ」
「ほう」
「そんで一人が壁伝いに走って、別の隅についたらタッチ」
「ぐるぐる回って過ごしたってことかね」
「うん。何時間かしたら朝日が昇ったんで、その遊びもおしまい」
「そいつは良かった」
「じゃあ下り始めるかーって言ったら一人が首を傾げてる」
「またどうして」
「『そういや今の、五人いないとできないぞ』って」
「本当だ。こりゃ怖い」
「そうだろう。四人で震えながら下山したよ」
「幽霊ってやつかい」
「いやあ、わからんなあ」


彼はその日、仲間四人と連れ立って山に出かけたのだが。

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:20.00 ID:KBiAVI6Q0
77 :本当にあった怖い名無し :2007/07/03(火) 01:47:48 ID:skeinZ+40

まあいろんな解釈ができて面白いと思うけどな
自分が想像して一番怖くなったのは

>彼はその日、仲間四人と連れ立って山に出かけたのだが。

この最後の行のコメントをしている人物だけが
4人目の仲間を認識していた場合
これって山に行く前からずっと得体の知れないもんがくっついてるってことだよね
たぶん今現在も



79 :本当にあった怖い名無し :2007/07/03(火) 02:05:36 ID:N+FtaxU1O

>>77の最後の一行が一番怖い



91 :本当にあった怖い名無し :2007/07/03(火) 13:54:52 ID:AJ9CMe7JO

>>79
語尾に『たぶん、今現在も』って付けたら
なんでもじわじわ怖くなりそう
たぶん、今現在も

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:22.00 ID:KBiAVI6Q0
ある日の夕方。
僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。
びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。

『A君!開けて開けて!!』

僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。

『あのさ、ついさっきの話なんだけど!!』
『ちょ、ちょっとB君、その前にさ…』
『まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて。』
『…うん』
『暫く走ってて、何かおかしいな~って思って自転車降りたらさ…』
『どうしたの?』

『自転車のチェーンかけたまんまだったんだよ』

『え?』
『だから、チェーンがかかってて、タイヤが回らなかったの』
『…?それでどうやって走れるの?』
『分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった』
『だめって?』
『チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった』
『そうなんだ…』
『無意識だからできたのかなぁ…。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?』
『え?!…あ、うん…あのさ…』
『?』

『…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?』

477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 11:02:07.00 ID:wMR6ZefK0
>>12
走って崖つきぬけて空中静止するアニメみたいだな

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:23.00 ID:KBiAVI6Q0
俺は大音量で音楽聞くのが好きなんだが、
近所迷惑とかを考えるとイヤホンで聞かざるを得ないんだよね。
で、安い中途半端なイヤホンだと音割れするから、昨日結構高いのを買ってきた。

さっきまでガンガンかけて楽しんでたんだが、突然音がしなくなったんだ。
「くそっ、早速壊れたのか!?」
と思いつつコンポからイヤホン抜いたんだけど、スピーカーからも聞こえない。
どうやらコンポ自体が壊れたみたい。

なんかテレビも壊れたみたいで音出なくなったし今日は最悪。

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:25.00 ID:AnMU2XMP0
>>13
耳がご臨終ってやつだっけ

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:16.00 ID:YJVeU4DE0
>>13
なんか胸が痛くなった

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:24.00 ID:KBiAVI6Q0
6歳の娘が父の日にくれたプレゼントがさ、
俺の似顔絵のテルテル坊主なのw

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:26.00 ID:CRIVGwxfP
>>14がわからん

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:28.00 ID:2wbmduL10
>>16
父親の首吊り人形ってことでね?

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:30.00 ID:CRIVGwxfP
>>18
なるほど

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:29.00 ID:KBiAVI6Q0
「ぜってー心霊写真撮ってやる!」とかって、勇んで行ったのよ心霊スポッツ。
仲間同士バカ4人で、手に手にデジカメとケータイ持って怪しい場所を撮りまくり。
帰宅後PCで詳しく調べて見たけど、百枚近く撮影したのに
心霊写真は1枚もねーw

苦し紛れで、4人が集合写真みたいアホ面下げて並んで写ってるにヤツに、
おっそろしい霊の顔を合成してやったw 捏造心霊写真完成ですよ。
別のダチに見せたら「お前・・・これガチじゃんか」とか青くなってビビってるしwww

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:38.00 ID:KbSC5r1c0
>>19がわからん

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:40.00 ID:H4WIzLk90
>>28
そもそも合成してるのが霊の顔

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:42.00 ID:KbSC5r1c0
>>30
なるほど

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:34.00 ID:KBiAVI6Q0
ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった
早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら
一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた
その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが
少し不気味で目に特徴があった
とても大きな瞳でこっちをみている気がした
なんだか怖くなり急いで掃除を終わらせ帰った

次の日学校は大騒ぎになっていた
例の美術室の絵が盗まれたのだ
最後に絵を見たということで僕は美術の先生にいろいろ聞かれた
「なるほど掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」
「間違いないです、あの絵は高価なものなんですか?」
「あれは『眠りに落ちた美女』といって私の知人の画家が自分の娘
の寝顔を見て描いたものなんだ、特に価値はない
最も画家も娘ももうこの世にいないけどね」
「そうなんですか・・・」

あの絵は結局見つからなかった、
不思議なことに泥棒が入った痕跡はなかったらしい

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:36.00 ID:Jw+3HfIx0
>>24
これは?

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:38.00 ID:9+VeQ56I0
>>146
寝顔のはずなのに大きな瞳で~とかがおかしい

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:40.00 ID:b5ezu+lf0
>>146
寝顔なのに目が合ったとかじゃね

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:43.00 ID:G+qcTA1xI
>>146
寝ている→目を閉じている

なぜ目が開いてたんだ?

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:36.00 ID:KBiAVI6Q0
RRRRRR
「何だよこんな時間に」
時刻は深夜の2時。電話を手に取る
「また非通知かよ・・・。今月に入って20回目だぞ」
今日は初詣に行くから無視して寝た

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:44.00 ID:sXYkqjlQ0
>>26
わからん

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:45.00 ID:WJqu5a+d0
>>34
6分くらいにに1回の割合で非通知電話

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:47.00 ID:CAYqt1BO0
>>34
一月一日で二時までに20回非通知無言電話があったよストーカーコワーイてことなのかな

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:39.00 ID:KBiAVI6Q0
2年程前から、隣町に住んでる女に言い寄られてた
高校からの友達で性格は良いんだけど顔が好みじゃないから、
やんわりと付き合えないと断り続けてた
その頃仕事も上手くいかず、悪いことは重なるもので母ちゃんが事故で死んだんだ
同情だけは絶対にされたくないから、
母ちゃんが死んだことを誰にも言わず一人で落ち込んでた
母ちゃんが死んだその日の夜、その女から電話が
「お母さん亡くなったらしいね・・・。」
「・・・」
「今まで言わなかったけど、私もお母さん死んだんだ・・・
昨日だよ。家の階段から落ちたんだ・・・」
「・・・え?」
「・・・一緒だね」

・・・この一言で救われた様な気がした。彼女なら分かってくれると思った
同情なんていらないと思ってた。ただ甘えたかったんだ
抑えてた感情が一気に溢れ出し、大の大人がわんわん泣いちまった
そんな俺の醜態にも、彼女は一緒になってわんわん泣いてくれて、
いつしか彼女のことが好きになってた
これが俺と嫁のなれ初め

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:48.00 ID:KBiAVI6Q0
解剖学のテストで98点を叩き出した

同級生のおかげだ
帰ったら真っ先に教えて上げなくちゃ

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:49.00 ID:3eARXOrL0
>>38
同級生分解したのか

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:54:58.00 ID:KBiAVI6Q0
俺の部屋に彼女が遊びに来た時に、気が付いたら彼女が誰かにメールしてた。
『誰にしてんの?』って聞いても『ん?ちょっとね』って教えてくれない。
ムカ~っときて、『どーせ男じゃねーの?!』って怒鳴り気味に言ったら、
『○○○(俺の名前)だって、どーせ女からメール来てるんでしょ!!』
って逆切れしてきたから、
『はあ?俺がいつメールしてる?疑うんなら見ればいいじゃん!』って
ポケットから携帯出して彼女の前でこれ見よがしに開いてやったら、
こんな時に限って誰かからメール来てやがんの~~、、、、
内心、しまった~って思いながら、

『・・・・広告か何かだろ、、』ってメール開けたら、件名は『無題』。
本文が
『後ろを絶対見ないで!何も聞かないで!
このメール見たら私と急いで部屋を出て!!』

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:05.00 ID:CAYqt1BO0
>>48
これは嫌だ
でもメール見てたら背後が写り込んじゃったりして

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:04.00 ID:KBiAVI6Q0
初めて書き込みします。
私は結婚して2年目。
平日は仕事で休みは土日。
いつもは洗濯や掃除をまとめて土日にするのですが、
今日はなんだか気が進まず、昼寝したりボーッとしたり。
夫もいつまでも起きてこないので、気にせずまったりと過ごしていました。
正午くらいに、インターホンが鳴り、モニターを見ると
知らない女の人が。30~40台の女性です。
何かの集金?夫の知り合い?
夫は起きてこないので、確かめることも出来ず、
とりあえず私もパジャマのだらしない格好のままだったので、
応答せずにいると、階段を降りて帰って行く音が聞こえました。
すると3分後、またインターホンが鳴りました。
同じ女性でした。
気味が悪いのでやはり返事をせずにいると、また帰って行きました。
夕方になり、晩ご飯の材料を調達するため外にでようと玄関のドアを開け、
鍵をしめようとすると、郵便受けに、透明のセロハンにくるまれた
一輪の花がささっているのを見つけました。少しぐったりしている花でした
その花が菊の花であり、仏花であることに気がつき、
徐々に事の重大さを理解し、怖くなりました。
どうして!?なんで!?とパニックになっているうちに、
昼に尋ねて来た女性のことを思い出しました。
彼女は誰なのでしょう。
そして彼女は、何故知っているの!!??
それから一歩も外に出られず、今も一人、恐ろしさで動けずにいます。

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:09.00 ID:eaNJH/6e0
>>54
こわい…

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:12.00 ID:KbSC5r1c0
>>54
旦那殺したんか

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:10.00 ID:KBiAVI6Q0
ケンちゃんがいってた、
『あっちの裏山は変なにおいするぞ、ひとつも木が生えてん場所すっぱいにおいするもん』
僕は家に帰ってばぁちゃんに聞いてみたら、
『裏山はいくな』ってすっぱい匂いは薬のにおいだっていってた。
薬ってなに?ってきいたら
『溶けるくすり、酸っぱい所いったらだめよ、いっちゃん溶けたくなかろ?』
怖くなって僕は絶対行かんっていった。
でも翌日ケンちゃんに誘われてついてった、僕はいきとなかったけど
僕が溶けるっちいったら『行こう』って。
『うさぎで実験しよ、溶けるのみてみよ』ってケンちゃんがウサギ殺してもって行った。
でもすっぱいにおいする場所に置いてもなんもおきん、『埋めて明日こよ』って。
僕は夜急に怖くなってばぁちゃんと寝た、ばぁちゃんに生き物って溶けるね?ってきいたら
『いっちゃん裏山いったん?』って少し怖くなって行ってんっていったら
『もういかんよ、おやすみ』って僕は安心して眠った。
翌日ケンちゃんとウサギ見にいったら、溶けてた。
ケンちゃんと喜んで、僕はまた何か埋めようって約束した。
翌日は犬埋めていった、鶏も埋めた、中学いっても埋めてた。
僕は楽しかったけど、ある日ケンちゃんが『違うの埋めん?』って、
違うのって何?『石田ムカツかん?』って、僕は別に
ムカツかんかったけど、石田溶けるの見たかったから。
翌日裏山で石田をケンちゃんが殺しよった、僕はあまり怖くなかったけど、
石田の泣き声が大きかったからそれが腹たった。
ケンちゃんに、石田のこと俺もムカつくいったら笑ってた。
その夜家に警察きた、僕ばれたと思ったけど何もなかった。
次の日ケンちゃん所にも来たって、次の授業はなくなってそのかわり、
先生が『石田君が昨日から帰っていない、みんな何かしらんか』っていってた。
学校終わって裏山いったら、石田溶けてた。
でも、ケンちゃんともう辞めよって話してそれ以来会わんくなった。
僕は近くの鉄工業に就職して、ケンちゃんは東京いきよった。

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:11.00 ID:KBiAVI6Q0
(続き)
ケンちゃんと会って、最後に酒飲んでたとき
『ごめん俺あの後も殺しちょった。いっちゃん殺しだめだわ、癖なる』
その後分かれて、ケンちゃん東京いきよった。
最近僕のばぁちゃんがおかしくなってきよる、朝も夜もあーあー言って、
ばぁちゃん大丈夫かいっても何も反応せん。
僕が仕事遅くかえってきたとき、久しぶりに口聞いた、
『いっちゃん、殺して殺して殺して殺して殺して』って、僕イヤいってもずっといってた。
ばぁちゃんの首細かった、白目向いてる時ケンちゃんの言葉思い出してた。
朝になる前にばぁちゃんを埋めにいった。
僕は明日早かったから、仕事いったけど
ずっとばぁちゃんの事考えてた、早く溶けんかなおもってた。
でも全然ばぁちゃん溶けん、だんだん臭くなるしだんだんムカついてきた、
ばぁちゃん片目でずっと僕を見てた。
なんでばぁちゃんだけ溶けん、溶けろ、臭い、なんで、なんで、なんで。

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:15.00 ID:BPR94zjU0
>>60
>>61
誰か詳しく

ていうか地元の方言だからそこが怖い

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:22.00 ID:s0gDQCQa0
>>65
今まで埋めたのをばあちゃんが溶かしてた?

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:25.00 ID:BPR94zjU0
>>72
なるほど

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:33.00 ID:ZicCBaFm0
>>72
井戸に捨てる話みたいな感じか

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:14.00 ID:KBiAVI6Q0
この前、友達がウェイターやってるレストランに、一人で晩飯食いに行ったんだ。
ウェイトレスに案内されてテーブル席に着くと、
俺の前と、向かいの席にメニューを置いて行った。

何だ?と思っているうちに友達が水と紙おしぼりを持って来た。
そして「おい、珍しいな」なんてニヤつきながら、向かいの席にも
水とおしぼりを置きやがる。

いい加減薄気味悪く感じながらも注文すると、
「で、お連れさんは何にする?」と聞くものだから、いや、一人だよと反論。
すると友達は怪訝な顔で
「あれ、店に来た時、女連れじゃなかったか?」などと小声で言う。
曰く、「髪の長い、白いワンピースの女を連れて入ってくるのを見た」と。
「今はいないのでトイレにでも行ってるんだろうけど、
てっきり彼女なんだろうと思った」、と。

もちろん俺に心当たりはないから否定したら、
逆に向こうが気味悪いものを見るような目でこちらを見る始末。
とうとう何だか寒気がしてきた。

…と、不意に友達は吹き出すと、「いや、わりーわりー」と謝り始めた。
「今日は客も少なくて暇してるところにお前が来たもんだから。
 ほら、よくあんじゃん?誰もいないはずの席にコップを置く店員、て怪談。
 あれをやって、お前ビビらせて遊ぼうかと、水持って行く時に急に思いついてさ」
そして「本当スマン。こんな事して遊んでたのバレると
店長にどやされるから、黙っといてくれよ」と、
食後のコーヒーをサービスしてくれた。

ちょっとムカついたが、真相がわかったので責めもしなかった。
ま、コーヒーが美味かったので許すが、心臓に悪いから次からは勘弁してくれ。

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:26.00 ID:2DX9svPs0
>>64
どゆこと

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:30.00 ID:Jo2laImM0
>>76
水を持って行くときに思いついたならその前に持っていったメニューは

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:31.00 ID:2DX9svPs0
>>80
あ、ホントだ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:45.00 ID:KBiAVI6Q0
蕎麦屋で大食いに勝つために色々と方法を考えていた男が、人食い妖怪が人を腹一杯食った後に食べるという薬草に目をつけた
あんなに腹一杯なのにあの薬草を食べるだけで一気に消化出来るのか、と
これはしめたと思って男がその薬草を摘んで蕎麦屋に向かって大食いして
腹一杯になったから用を足すって言ってトイレに行ってその薬草を飲んだ
それからその男を見た者は誰も居なかった

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:48.00 ID:Jo2laImM0
>>95
これ日本昔話で見たぞwwwwww

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:50.00 ID:ZicCBaFm0
>>95
人間を溶かす薬草ってことでおk?

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:55:53.00 ID:aEWKKf9WO
>>95
桂枝雀の蛇含草って落語の元かな
枝雀は餅だけど

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:02.00 ID:KBiAVI6Q0
俺、学生の頃今はベイエリアの素敵なビルに移転になった某放送局で雑用のバイトしてた。当時は都内のおんぼろビル。
俺の前任が突然行方不明になって急遽募集のバイトだった。行方不明になるのも頷ける。当時として破格の1100円の時給につられて入
ったわけだが、とにかくキツイ。

ビルもおんぼろ、学校みたいな廊下。深夜になると廊下も幻灯されてさらに不気味。エレベータもよく夜中に止まってた。人を乗せた
まま止まることも度々。最近エレベータ内人のうめき声を聞いたなんて話も。まぁとにかく薄気味悪い。

2日目の深夜。エレベータに閉じ込められた。今夜これで2回目。
警備員に連絡し復旧を待つ。こんなときに限ってあの話を思い出す。
エレベータが復旧し動き出す瞬間に床下から確かにうめくような声が聞こえた。ゾッとはしたが、機械の作動音か何かだろうと思って
勝手に納得した。

それから3ヶ月が過ぎ、仕事にもなれた。うめき声はあの後何回か聞いたが、最初の1週間ほどで気にならなくなった。
いつものように原稿積んだワゴンを前に、エレベータの扉を背にして立っていると、ち~んという古めかしい到着の合図と共に、ごろ
ごろごろと扉の開く音がしたのでワゴンを引いて後ろに下がる。何かがおかしい。いつもは扉が開けば薄暗い廊下をエレベータの電灯
が照らすはずなのだが、暗いままだ。ふと振り向くと、そこには真
っ黒な空間が口を開けていた。箱が無い。
あと一歩下がっていたら間違いなくエレベータのシャフトの中に転
落していた。

その日はとても仕事が続けられる状況ではなかったので、警備員に危険であるから調査したほうがいいという旨伝えて帰宅した。

翌日、仕事に向かうと会社の前にパトカーが数台。
ビルに入ると1階のエレベータホールに警察官が数名いた。

俺はその日でバイトを辞めた。

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:19.00 ID:KBiAVI6Q0
幽霊が出るという噂のホテルの噂の部屋に泊まる事になったAさん。
部屋に入ると何となく嫌な感じはする。噂を聞いたせいだと納得し早々に休むことに。
Aさんがベッドで眠りに着くと、ドアを誰かがドン!と叩く。
そのもの凄い音にびくっと目を覚まして怯えるAさん。
フロントに電話を掛けようと思ったが、このホテルでどんな怪現象が起きるかを聞いていなかったAさんは電話を掛けてフロントではなく別の何者かが電話に出たら・・・と想像して怖くなり断念。

一夜を明かせば・・・と布団を被り必死に眠りにつこうとするが無理な話。
余計目は覚めてくる。

ドン!ドン!ドドドドドドドドン!

とAさんの部屋の扉を物凄い音で誰かが叩いている。
ガチャガチャとドアノブを必死に回し、今にも誰かが中に入って来きそうだ。

やがて、ドアを叩く音もドアノブを回す音も、力尽きる様にトントン・・・カチャカチャと静まり始めた。
勇気を振り絞ってAさんはドアに近づき、ドア穴から廊下を覗いてみた。
廊下には誰もいない。
ドアを叩く音も、ノブを回す音も聞こえなくなり、漸くAさんは眠りに就いた。

翌朝、目が覚めると一目散に部屋を出てホテルを後にしたAさん。

後からそのホテルに詳しい友人に、その話をすると、

「本当にでたんだ・・・あのホテルは昔火事になって、Aの泊まった部屋で人が死んだらしいよ。」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:21.00 ID:b5ezu+lf0
>>129
部屋の中での出来事だったん?

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:25.00 ID:KBiAVI6Q0
女同士だけど
友達と二人でホテルにとまったのよ
そしたら部屋で友人が写真とって記念撮影したんだけど
そしたらベッドの下に青白い顔した人がいたわけ、デジカメですぐに確かめられたから二人で怖い怖いってたんだけど
でもそのうち忘れて部屋でいろいろ遊んでるうちにおなかすいてきっちゃて外の売店に食べ物買いにいったんだよね
そしたら写真の影にいたあの顔の青い男がわたしたちのへやからでてきてんの
いやな予感して部屋に急いで戻ったんだけど
そしたら友人が血まみれであえぎながら警察に電話してた
あの役立たず、使えないんだから。

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:29.00 ID:WJqu5a+d0
>>135
>そしたらベッドの下に青白い顔した人が
この辺から写真の話じゃないってことか

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:31.00 ID:9+VeQ56I0
>>135
よくわからんな

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:33.00 ID:2DX9svPs0
>>141
青白い顔した男と売店にいった女はグルってことだと思った

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:39.00 ID:ZicCBaFm0
>>143
ちゃんと殺さないで警察に電話掛けられたから「つかえねえ」ってことよね?

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:47.00 ID:KBiAVI6Q0
前方に戦闘機が見えたから機銃を発射したんだ。しかし弾丸は機体を掠めただけ。
前を飛ぶ戦闘機は、わざと主翼を上下に揺らすくらいの余裕があったみたいでムカついたから、次はよく狙ったんだ。結構弾丸消費したんだけど、慎重に狙った甲斐あって見事撃墜したよ。
\(^o^)/

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:48.00 ID:WJqu5a+d0
>>157
味方機撃墜してんじゃねーよ

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:56:58.00 ID:KBiAVI6Q0
夜更かしをしてると携帯が鳴った
電話の主は同じ新体操部に通うサチ子だった
『もしもし、ユウ子ちゃん?私ね、私ね』
「どうしたの、こんな時間に・・・」
『エヘヘ・・・聞きたい?実はね、実はね』
いつも暗かったサチ子のこんなに喜ぶ声を聞いたのはこの時が初めてで私はたじろんだ
『私ユウ子ちゃんみたいに足が頭の後ろに回ったよ!』
「なんだ、そんなことで電話したんだ。てっきり彼氏が出来たのかと」
ほっと胸をなでおろした私にどんどん喜びの言葉を投げかけてくる
『私、身体が固かったから身体の柔らかいユウ子ちゃんが憧れだったんだ』
『でね、でね、シャメ撮ったんだよー!見たいー?ねぇ見たいー?』
「え・・・」
『送信しようかー?アハハハハ』
「いや、別に・・・明日部活のときにでも学校で見ればいいし」
『このポーズはなかなか出来なくてさー明日学校じゃ見せられないかもー』
「エ、エロいポーズになってるのかな」
『うふふ・・・やっぱ気になってるしー、聞いたら驚くかもー』
『頭の後ろに回した足がねー、反対側の肩にまで届いてるんだよー』
「え・・・」
『ユウ子ちゃんより柔らかくなってるかもー』
狂気に満ちたサチ子の声を聞いているうちにだんだん怖くなり携帯の電源を切った
次の日、学校に行くと大騒ぎになっていた
なんとサチ子が15トントラックに轢かれて死亡したというのだ
その姿はとても言葉では言い表せられないような無残な姿だったという
校長先生の話によると首から下の神経はずたボロに切れていて
感覚はもちろん、指の一本も動かす事は出来なかっただろうとの話だった
轢かれたときの衝撃なのか、彼女の持ち物や携帯は50mも先に飛んでいて
携帯には彼女の最後の姿を写した写真があったという

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:00.00 ID:KBiAVI6Q0
「冬山で道を見失ってな」
「はあ」
「仲間三人と近くの山小屋に逃げ込んだ」
「ふんふん」
「ライトも切れて何も見えなくなった」
「それはまずい」
「寒いから動き回ろうと思ったわけだ」
「しかし下手に動いてもね」
「そうそう、転んで捻挫でもしたら下山できない」
「どうしたんで」
「とりあえず四人で四隅に立ったさ」
「ほう」
「そんで一人が壁伝いに走って、別の隅についたらタッチ」
「ぐるぐる回って過ごしたってことかね」
「うん。何時間かしたら朝日が昇ったんで、その遊びもおしまい」
「そいつは良かった」
「じゃあ下り始めるかーって言ったら一人が首を傾げてる」
「またどうして」
「『そういや今の、五人いないとできないぞ』って」
「本当だ。こりゃ怖い」
「そうだろう。四人で震えながら下山したよ」
「幽霊ってやつかい」
「いやあ、わからんなあ」

俺の存在感のなさは異常

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:05.00 ID:KBiAVI6Q0
俺の通っていた小学校にはちょっとした怪談があった
理科室の人体模型(体半分が血管、筋肉、内臓、のやつ)が夜になると
動いたり喋りだしたりするというありがちな話

ある夏の夜友達2人と肝試しをすることになった
場所は学校でしかも理科室に入って
例の人体模型の頭にシールを
貼るという内容だった

一番手は俺だった学校に入り
あらかじめくすねていた鍵で理科室のドアを開け
勇気を振り絞って中へ入った
「本当に喋りだしたらどうしよう・・」
あまりの恐怖に目をつぶって模型に近づいた
けれど目をずっとつぶっているのも怖くなり
思わず目を開けるそこには
人体模型の無表情で真っ白な顔が・・
「うわ!!」俺は一瞬かなりびびったが
思ったよりも怖くなかった
「ただの人形じゃん」そういって頭にシールを貼って
学校を後にした

残りの2人も無事に帰ってきた
結局何ともなかった
あの怪談話はただの作り話だった

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:10.00 ID:ETJMvQcQ0
>>175
これはなかなか

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:11.00 ID:nLk0JxsN0
>>180
夜は皮膚があったってこと?

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:13.00 ID:6g5I6bqa0
>>175
解説たのむ

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:17.00 ID:nLk0JxsN0
>>183
顔まで半分普通半分肉剥きだしなのに夜見に行ったら顔が真っ白でなんか別のものだった的な

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:19.00 ID:6g5I6bqa0
>>187
なるほど

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:42.00 ID:/TEoTGXR0
会社までの徒歩通勤時に取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰くつきマンション。

周りに街灯も少ないし夜はかなり不気味で怖い。

この間残業で帰りが23時頃になったときガクブルしながらそこを通ったんだが、一瞬マンションの屋上に人影が見えた気がした。
「!?」

ビビって心臓止まるかと思った。

よく見てみたがやはり屋上に誰かが立っている。
まさか幽霊・・・と思った瞬間その人が飛び降りた。

コンクリートに打ち付けられる嫌な音がして、女の人が倒れてるのが見えた。

慌てて携帯で救急車を呼んでその人に駆け寄った。

血まみれで足は変な方向向いてるし、幽霊ではなかったが、かなり恐怖だった。

落ちた音を聞いてかマンションのベランダから何人かこっちを見てる人もいた。

すぐに救急車が搬送していったけど、家に帰っても現場を思い出してしまいまったく眠れなかった。
次の日聞いたら、重症だったけど命に別状はなかったらしい。

ホント未遂に終わってよかった・・・もし亡くなってたらマジでトラウマになるところだったorz

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:46.00 ID:vUcaUS2T0
>>212
無人マンション…?

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:49.00 ID:TUEQjklb0
>>212無人マンションなのになぜ人が…?

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:58:04.00 ID:pVnTygX70
歯医者に行って麻酔を打ってもらった
麻酔が切れるまで何も食べてはいけないと言われた
飲みに誘われて、焼肉に行ったが自分一人だけ食べないのはいささか惨めだ
一枚だけ食べてみた
何ともなかった
もう大丈夫だろうと思いそのまま食べ続けた
その中でどうしても噛み切れないのがあった
5分後激痛が走った

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:58:07.00 ID:TUEQjklb0
>>234 噛み切ったのは自分の舌

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:58:08.00 ID:pVnTygX70
「 ベ タ ベ タ 」

ある冬山で遭難したグループが2週間ぶりに保護された。
大学生サークルの5人で登山し、天候の悪化により遭難。
地元レスキュー隊によって4人が保護された。
残りの1人について警察が事情聴取をしたところ

「途中からいなくなった。」と三人は一貫し。
もう1人はは雪山の恐怖からか精神が不安定で「ベタベタベタベタ…」と
訳の分からない言葉を連呼する。

もう1人の遭難者の捜索を急がなければならない。

379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 11:00:29.00 ID:OD5tFYnN0
>>238
食べた?

393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 11:00:43.00 ID:pXngC4C50
>>379
そー思うよ。

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:58:09.00 ID:ETJMvQcQ0
たべたべたべたべたべた

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:01.00 ID:KBiAVI6Q0
ある男が犬を売った。
新しい飼い主「この犬は小さい子供が好きですか?」
もとの飼い主「とても好きですよ。でも、ドッグフードの方が安上がりですよ」

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:02.00 ID:KBiAVI6Q0
娘「ねえ、ママ。この前、天使には羽があってお空を飛べるといっ たわよね」
母「ええ、言ったわよ」
娘「さっきパパの会社に行ったでしょ?ママがトイレに入っている時、パパがお席に座った綺麗なおネエちゃんに”君は天使のようだ”と言ってたわよ。
あのおネエちゃん、いつお空を飛ぶんでしょうね?」
母「……明日よ」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 10:57:03.00 ID:9+VeQ56I0
笑い話まぜんなwwwww



引用元: じわじわ来る怖い話

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランダム

コメントの投稿

他サイト様おすすめ記事一覧

上部に戻る