ピックアップ

不思議系ネタ

管理人です!
現在、オカルト.netでは有名所の怖い話を集めています。
有名な話なので、既に読まれたことがある記事が続く場合がありますが、ご了承ください。

ヒトガタとかいう深海の怪物

2015年08月17日

  • カテゴリ:UMA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a1c0e7e9-s



1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:16:42 ID:rnV
かっこいい






2: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:17:08 ID:mPX
都市伝説だからね

5: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:18:12 ID:rnV
>>2
オカ板の可能性、ネットの可能性を示したモンスターだよねー

南極のニンゲン

南極のニンゲン(なんきょくのニンゲン)は、巨大掲示板サイト2ちゃんねるのオカルト板で創造された、未確認生物の都市伝説。海中にすむ生物で南極に出現するものをニンゲン、北極に出現するものをヒトガタと呼ぶ[1]。

日本の調査捕鯨船の乗組員が目撃したとされている、全身が真っ白で全長数十メートルの生命体[2]。写真撮影しても氷山のようにしか見えないが[3]、画像を拡大するとニンゲンの表皮はつるつるしていて割りと不定形であり人工物ではないようだという。学習研究社の雑誌『ムー』では、フライング・ヒューマノイド、海坊主と関連付けられ、同一の存在ではないかという推測を立てている[2]。また、『ムー』2007年11月号にはGoogle Earthにニンゲンが写りこんでいるという記事がある[4]。近年その研究が進んだ結果、南極近海に生息するクジラの突然変異またはアルビノの可能性があることが指摘されている。
wiki-南極のニンゲン-より引用
関連:UMA巨大生物、「ヒトガタ・ニンゲン」

42ac12c5

6: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:19:00 ID:3sM
初めて見た時はワクワクしたのに釣りと知って残念だった
オーパーツとかも真相が暴かれていくんだろうなぁ…

オーパーツ

オーパーツは、それらが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられる物品を指す。

英語の「out-of-place artifacts」を略して「OOPARTS」とした語で、つまり「場違いな工芸品」という意味である。 米国の動物学者で超常現象研究家のアイヴァン・サンダーソンの造語で、同国の作家、レニ・ノーバーゲンの著書を通じて一般に広まった。サンダーソンは発掘品の類のみを指す言葉だとして、伝世品の類はオープス(OOPTH; out of place thingの略)と呼ぶことを提唱していた。ただし、ノーバーゲンは伝世品も併せてこう呼んでおり、現在では伝世品も区別せずにオーパーツと呼ぶことが多い。 日本語では「時代錯誤遺物」「場違いな加工品」と意訳されることもある。
wiki-オーパーツ-より引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/オーパーツ一覧
dab8b49b
未だ解明されない『オーパーツ』がスゴすぎてワロタwwwwwwww
http://world-fusigi.net/archives/5025253.html

11: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:20:48 ID:rnV
>>6
建てた瞬間、釣りだ釣りだって騒ぐ人がいるけど
釣りでもいいじゃん楽しいんだから、オカルト語るのに唯一必要なものは寛容な精神ですよ

7: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:19:07 ID:rnV
ああいう怪物がいるかも知れない、と思わせる深海の雄大さはすごいよほんと

8: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:19:28 ID:Ksi
かっこいい
e2d98681

9: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:19:32 ID:7ko
深海の不安感はなんか良い

10: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:20:33 ID:nvI
いや深海はまだまだ未知だよ

・同じ種は深海ほど大型になる
・深海の調査は点でしか行われていない
・200M以上は光が届かないからほとんどが深海
・8000Mまで生物を確認

16: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:23:40 ID:rnV
>>10
その昔、人の分け入らない深山がそうであったように、現代の人間にはおよそ想像もつかない世界がひろがってるんだろうね

何がいたっておかしかないのさ

14: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:22:05 ID:aKw
釣りだという証拠はあるのか?
釣りということにしたい勢力が…

15: あなたのファンです◆14zJBDxccw 2015/08/15(土)23:22:48 ID:On5
>>14
Wikipediaにも釣りって載ってる
でもグーグルアースに写ってるからなぁ~
0260b1df

19: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:24:45 ID:7ko
>>15
これどれくらいの距離なんかね

97: 忍法帖【Lv=5,ゾーマ(闇),eP2】 2015/08/16(日)09:45:51 ID:ihE
>>15
波じゃん

17: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:24:21 ID:pZX
妖怪海坊主の正体か?!

海坊主

海坊主(うみぼうず)は、海に住む妖怪、海の怪異。「海法師(うみほうし)」、「海入道(うみにゅうどう)」と呼ばれるものも含まれる。

海に出没し、多くは夜間に現れ、それまでは穏やかだった海面が突然盛り上がり黒い坊主頭の巨人が現れて、船を破壊するとされる。大きさは多くは数メートルから数十メートルで[1]、かなり巨大なものもあるとされるが、比較的小さなものもいると伝えられることもある。 船幽霊のそれと共に、幻覚談が語り伝えられたと思われるものが多く、両者の区別は明らかではない。「杓子を貸せ」と言って、船を沈めに来る船幽霊と海坊主とは同じとされることもある。しかし、船幽霊が時化と共に出現するのに対して、海坊主の出現には海の異常が伴わないこともあるため(その場合は、大抵海坊主を見てから、天候が荒れ始める、船が沈むといった怪異が訪れる)、何か実際に存在するものを見誤ったという可能性が指摘されている。誤認したものの正体は海の生物の他、入道雲や大波など自然現象などが挙げられている[2]。 また、海坊主は、裸体の坊主風なものが群れをなして船を襲うといわれることも多く、船体や櫓に抱きついたり、篝火を消すといった行動をとる。時に「ヤアヤア」と声をあげて泳ぎ、櫓で殴ると「アイタタ」などと悲鳴をあげるという。弱点は煙草の煙であり、運悪く出会ってしまった際はこれを用意しておけば助かるという。
wiki-海坊主-より引用

3103bbf1


18: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:24:32 ID:wNh
宇宙より不確定要素が多いからな

20: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:26:11 ID:rnV
>>18
宇宙とは別モノなんだよね

あくまで人間が普段身近に接しているはずの海に、まだ誰も見たことのない世界が広がっているんだからねぇ
地球に残された最後の秘境!深海の魅力を紹介してくれ
http://world-fusigi.net/archives/7282207.html

21: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:27:11 ID:rnV
ヒトガタとニンゲン、クネクネにシシノケ

いまや妖怪はインターネッツの中に生息しているんですね

22: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:27:12 ID:pZX
まぁ他UMAで群を抜いて名前がダサいけど

23: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:28:49 ID:rnV
>>22

タキタロウ「俺を忘れていないか?」
伝説の巨大魚 UMA『タキタロウ』間違いなくいる! 大鳥池で生息調査へ
http://world-fusigi.net/archives/7506636.html

24: ゆうくん 2015/08/15(土)23:29:52 ID:Cdz
>>22
ヒバゴンとかくそださい

ヒバゴン

ヒバゴンは、日本に生息すると言われている、類人猿型の未確認動物のひとつ。1970年代に、広島県比婆郡西城町油木・比婆郡比和町・庄原市(現在は全域が庄原市)の中国山地にある比婆山連峰において目撃された。 ヒバゴンの名称は比婆山(ひばやま)からきている。
wiki-ヒバゴン-より引用
関連:謎の怪獣ヒバゴンはどこへ行ったのか?

30f9b49d

25: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:31:21 ID:rnV
そろそろUMA界にも新星が登場してもいい頃なのにな

27: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:33:25 ID:rnV
もし深海に何かいたとして、科学的に何メートルくらいまでならデカくなれるんだろうね生き物って

28: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:34:31 ID:zUL
>>27
クジラぐらいまでならいけるだろうな
知らんけど

29: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:35:35 ID:aKw
>>28
クジラが存在してるからね
シロナガスが最大で40くらいだっけ?
俺(世界最大の生物ってクジラでいいのかな?)
http://world-fusigi.net/archives/8082734.html

31: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:36:36 ID:7ko
>>29
最大34mらしい

32: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:37:10 ID:aKw
>>31
ありがと

30: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:36:32 ID:rnV
クジラサイズのヒトガタが浮き上がってきたら確実に自害するわ

33: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:37:57 ID:zUL
個人的にはチンパンジーとかゴリラぐらいの知的レベルの生物がいてほしい

35: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:39:38 ID:rnV
>>33
河童とか、色々ルーツが語られたりしてるけど本当の所はどうなんだろうね

河童

河童(かっぱ)は、日本の妖怪・伝説上の動物、または未確認動物。標準和名の「かっぱ」は、「かわ(川)」に「わらは(童)」の変化形「わっぱ」が複合した「かわわっぱ」が変化したもの。河太郎(かわたろう)とも言う。ほぼ日本全国で伝承され、その呼び名や形状も各地方によって異なる。類縁にセコなどがいる。水神、またはその依り代、またはその仮の姿ともいう。鬼、天狗と並んで日本の妖怪の中で最も有名なものの一つとされる[1][2]。具体例としては各地に残る河童神社、河童塚(鯨塚、道具塚と同じ)がある。
wiki-河童-より引用
af8db901

カッパは水死体を誤認した 吸血鬼は狂犬病や血吸いコウモリからきた迷信←こういうのいいよな
http://world-fusigi.net/archives/7830220.html
37: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:41:20 ID:QYt
>>35
動物園で見ただけだけどカワウソが泳いでるとこは遠目に見ると河童に見えなくもなかったな

40: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:44:52 ID:rnV
>>37
1番面白いのは河童=グレイ説だなあ

彼ら悪の宇宙人グレイこそが太古から日本に出没していた河童であり河童に尻子玉を取られるとは

<宇宙人グレイ説>
・さまざまな河童の正体説の中でも極北に位置するのが、この河童=宇宙人グレイ説である。UFOに乗って地球に飛来し、NASAと取引をしてエリア51に潜んでいるという宇宙人・グレイ。彼らは、1メートル20センチ程度で、メタリックな灰色の肌をし、釣り上がった目と尖った顎が特徴である。彼ら悪の宇宙人グレイこそが太古から日本に出没していた河童であり、河童に尻子玉を取られるとはUFOにさらわれての人体実験、河童駒引とはつまり現在のキャトル・ミューティレーションのことだったのだ、というのがこの説である。

・宇宙人という正体不明の存在を河童という正体不明の存在の正体にするというのは、つまり何も判明していないのと同じだというのがこの説の最大の弱点である。
 宇宙人・グレイと河童の不思議な符合は、人や家畜を害するものに対する想像力のありようは、文化が違ってもどこかで似ることがある、と考えた方が合点がいくのではないか。
彼ら悪の宇宙人グレイこそが太古から日本に出没していた河童であり河童に尻子玉を取られるとは-UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害を受けるだろうより引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/グレイ_(宇宙人)
30afd9b4

43: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:46:23 ID:QYt
>>40
グレイもあの解剖ビデオでちょっと格落ちしちゃった感があるからなぁ…おれは河童=実在した絶滅動物とかの方が夢があると思う

46: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:49:26 ID:rnV
>>43

グレイはもともと地球土着のUMAである!って説やら
宇宙人としてのグレイがそのまま河童説

二通りあるみたいだね

47: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:49:42 ID:pZX
つまりグレイは水棲生物なん?

49: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:51:01 ID:rnV
>>47
なんかホントにくだらねえ所だと、有明海のノリ漁場をグレイ型宇宙人が荒らし回ってるとか聞いたなw

50: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:51:43 ID:QYt
>>49
ちょっとワロタwww

52: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:54:00 ID:rnV
>>50
なんでも漁師秘伝のノリ培養液を狙っているんだとか…

あと、不良が河童狩りしたらピンク色のグレイが出てきたとか荒唐無稽な話もあったかなww

55: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:57:37 ID:QYt
>>52
グレイはノリの養殖技術を盗みにきた中韓辺りの産業スパイの可能性が微レ存?!

59: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:00:48 ID:d43
>>55
ふむ、有明グレイの正体は中韓の違法操業漁師たちへの差別意識か正体だった!
…クレームの嵐だろうなw

62: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:01:58 ID:oSb
>>59
あらゆる層を敵に回してまう…

65: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:03:33 ID:d43
>>62
そーだよ、UMAとはちょっと違うかも知れんが、釣りキチ三平に出てくる怪魚達にはワクワクさせられたものだよ

68: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:04:49 ID:oSb
>>65
わかる!実在しそうなラインてのを絶妙についてくる方がドキドキする!

70: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:06:52 ID:d43
>>68
怪魚もそうだし、2メートルのイトウとかアカメとかね
奴らは十分にUMAとして扱っていい貫禄があったよ
宇宙人←絶対いる! UMA←まあいるだろうな 妖怪←いたらいいな 幽霊←いねーよ
http://world-fusigi.net/archives/7816854.html

34: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:38:19 ID:rnV
別にヒトガタ以外のUMAについて語ってってもいいんだぜー

41: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:45:07 ID:pZX
モンゴリアンデスワーム

モンゴリアン・デス・ワーム

モンゴリアン・デス・ワーム(Mongolian Death Worm)はゴビ砂漠周辺に生息するといわれている、巨大なミミズやイモムシのような未確認動物(UMA)。牛の腸に似ている事から、現地ではオルゴイコルコイと呼ばれている。モンゴリアン・デス・ワームの捕獲例は無く、撮影された映像も存在していない。

体長は約50cmで、成虫は1.5mにも達する。体重は約9kg、体色は暗い赤色をしていると言われているが、発光するデス・ワームの目撃談も存在する。通常は地中に掘った穴の中に潜んでいるが、ゴビ砂漠に雨季が訪れる6月から7月にかけて地上に現れ、出現時に周辺のクモやヘビは姿を消すといわれている。デス・ワームはGoyoという毒性の植物の周囲を好み、Goyoの毒の成分を体内に取り込んでいる。 獲物を見つけたデス・ワームは両端を跳ね上げるような仕草を見せて相手を威嚇したあと、飛びかかって毒液を吹きかける。致死性の毒液は蒸気状で黄色く、触れると酸に触れたような痛みを感じるが、7月を過ぎると毒性は大きく低下する。また、離れた相手に電撃のような刺激を与えると言われているが、動物学者イワン・マッカールはこの特性を噂話が誇張されたものだと疑問視している[6]。
wiki-モンゴリアン・デス・ワーム-より引用
関連:生息はほぼ確定とお墨付きを得たUMA「モンゴリアン・デス・ワーム」

1a0a0df4
【UMA】モンゴリアンデスワームっていつになったら見つかるんだよ
http://world-fusigi.net/archives/7988685.html

42: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:45:40 ID:rnV
>>41
どうしたワームくん

60: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:01:22 ID:CsY
>>41
これ確定らしいな

44: ゆうくん 2015/08/15(土)23:46:26 ID:Cdz
モンゴリアンデスワーム好きなんだなww
あれ実在の可能性高いってほんとなんだろうか

51: ( ´・ω・`)_且@拓の月◆EkD1MW54Ouaw 2015/08/15(土)23:52:59 ID:WD3
ワクワクするスレだ!
(*゜∀゜)ノ

54: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:55:39 ID:rnV
>>51

どんどんくだらねえ事書いてってよー

オカルトには寛容な精神が必要、否定したい人も信奉している人も、私は拒みませんよ

53: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:54:38 ID:rr0
b64dc54f
こんなんいたらビビる

48: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:50:21 ID:QYt
そういや元祖日本UMAのツチノコって最近全然噂聞かないな…

ツチノコ

ツチノコ(槌の子)は、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA) のひとつ。鎚に似た形態の、胴が太いヘビと形容される。北海道と南西諸島を除く日本全国で”目撃例”があるとされる。

  • 普通のヘビと比べて、胴の中央部が膨れている。
  • 2メートルほどのジャンプ力を持つ。高さ5メートル、前方2メートル以上との説や、10メートルとの説もある。
  • 日本酒が好き。
  • 「チー」などと鳴き声をあげる。
  • 非常に素早い。
  • 尺取虫のように体を屈伸させて進む、尾をくわえて体を輪にして転がるなどの手段で移動する。
  • いびきをかく。
  • 味噌、スルメ、頭髪を焼く臭いが好き。
  • 猛毒を持っているとされることもある。
テレビ番組などで、ツチノコ捕獲に成功したとする話も取り上げられるが、「たたりを恐れて逃がした」「死体が消えてしまった」といった理由で追求が打ち切られ、客観的にその存在を証明できた事例は無い。
wiki-ツチノコ-より引用
関連:【閲覧注意】ツチノコの正体がついに発覚!?【都市伝説】

87f7c28b-s

56: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:58:17 ID:rnV
つちのこと言えば、矢口高雄さんのバチヘビの話が印象的だなあ

1bce3583

62: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:01:58 ID:oSb
>>56
ツチノコブームの火付け役だっけ?

58: ぺいんたぁ◆VAVA/lXXpppV 2015/08/15(土)23:59:55 ID:772
ツチノコのいる場所は分かってるが そっとしておいてる
毒とかたたりとか怖い

80: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:18:01 ID:oSb
あと日本のUMAって言ったらなんだろ?イッシーとかかな?あれは大ウナギ説が有力なんだっけか?

イッシー

イッシーとは鹿児島県指宿市の池田湖に棲むと言われる巨大水棲生物のUMA。

体長は約10m~20mと言われ、イッシー目撃の証言には「黒いコブのようなものが移動していた」というものが多い。正体は謎であるが、池田湖には2m級のオオウナギが多く棲んでいるとされ、巨大ウナギ説が有力である。この他、出現時期から池田湖に放流された大型魚、ハクレンの群の魚影の誤認ではないかとも言われる。
ただ、コブが何であったかについては不明。
過去数回テレビ番組の企画で魚群探知機などを使いイッシーらしき物体の正体を調べているが、水が濁っているため鮮明な画像を撮影することができず明確な結論は得られていない。
wiki-イッシー-より引用
関連:今も目撃情報が絶えない幻のUMA「イッシー」

66f03584-s

67: ( ´・ω・`)_且@拓の月◆EkD1MW54Ouaw 2015/08/16(日)00:04:15 ID:I0d
オレは60センチくらいあるゴキブリを見たことある
これもUMAなのかな?

69: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:05:44 ID:d43
>>67
山で虫取りしてるとドン引きするくらいデカいゴキとかナメクジいるよね

72: ( ´・ω・`)_且@拓の月◆EkD1MW54Ouaw 2015/08/16(日)00:08:46 ID:I0d
>>69
いや、ごみ捨て場にいた!

慌てて店に戻ってスタッフに話したけど案の定だれも信じてくれなかった。
んで、あくる日にスタッフがごみ捨てに行ったら顔を青くして半泣きで走って戻ってきた。

やはりヤツはいた!

75: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:11:38 ID:d43
>>72
そういや新宿には大型犬位あるドブネズミが生息してるって噂もあるよね

都会に潜むUMAもゾクゾクする

79: ( ´・ω・`)_且@拓の月◆EkD1MW54Ouaw 2015/08/16(日)00:16:48 ID:I0d
>>75
んで、次の日にサニクリーンの害虫駆除の人を呼んで消毒してもらった!
消毒のおっちゃんに話したら、んなアホな的な感じで軽くバカにされた!
でもオレは確実に見たんだよ!
スタッフも!

83: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:20:12 ID:d43
>>79

定番のエピローグだなw

やっぱり日常の裏には、怪異が潜んでいるものなんだよ

71: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:07:17 ID:oSb
そういやオオサンショウウオを釣りしてる時に川で見たって友達がいるがガチで新種UMAと思ったらしい

73: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:09:03 ID:d43
>>71
またまた釣りキチで申し訳ないが、沢坊主の話とか思いっきりUMA扱いされてたもんねオオサンショウウオw

74: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:10:41 ID:oSb
>>73
自然環境で突然見ると本当にパニック起こすぐらい焦るって言ってたわ
ベテランの爺ちゃんに大笑いされたらしいがwww

77: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:14:41 ID:d43
>>74
うらやましいなあ、そういう環境で育ちたかったよ…
きったねぇ淀川を見て育った中途半端田舎っ子だったよ僕は

81: 多重人格サイコたんЯ◆2jmrmsJDsE 2015/08/16(日)00:18:43 ID:MeB

こういうのは好きだなぁ(*^^*)♪

昔、家の近くに何故かタイヤがポンっと置かれてた。

何故タイヤ?

とちょっと近くに寄って見たら何か光沢が…

え?え?とよくよく見たらでっかいムカデ?みたいなのがぐるぐる巻きで死んでたんだよね。。。


近所のおばさんがちょうどすぐそばに居て凄いよね~って言ってて…

でも軽のタイヤ位の大きさだったんだよね。現実ではあり得ない大きさだしそこまで大きな外来種も居ないし。

おかげで普通に大きいっ!!って言われるサイズのムカデ見ても何も思わない(爆)

82: ( ´・ω・`)_且@拓の月◆EkD1MW54Ouaw 2015/08/16(日)00:19:54 ID:I0d
>>81
むっちゃ好き!
ワクワクしてきた!
(*゜∀゜)ノ

89: 多重人格サイコたんЯ◆2jmrmsJDsE 2015/08/16(日)00:24:24 ID:MeB

>>81 (*^^*)♪

実在したやつとか居るからねぇ♪

長崎県の五島とかではウミヘビとかに姿を変えるタコの昔話があったんだよね♪

で、つい最近見つかったミミックオクトパス(爆)

あれが海流に流れて来たみたいで実話だったと言う。

なかなか侮れないから面白い♪

Vol.5 擬態するタコ ミミックオクトパス

擬態とは、態(ありさま、様子や姿)を擬する(似せる)こと、という表現である。 攻撃や自衛などのために、からだの色や形などを、周囲の物や動物に似せることを指す。 擬態している生物を擬態者、またはミミック、模倣される対象をモデルと呼ぶ。(wikipediaより抜粋)

この擬態者(ミミック)という言葉を冠した生物がいる。ミミックオクトパスだ。
学名の Thaumoctopus mimicus にもミミックという文字が入っている。

ミミックオクトパスはマダコ科に属するタコで、太平洋からインド洋にかけて分布している。
腕を広げた大きさは50cm程度で、シルトっぽい砂地に巣穴を持って暮らしている。

驚くべきはその変身(擬態)能力だ。
色んなものに姿を似せる事ができる。そのレパートリーは40種類とも言われている。
Vol.5 擬態するタコ ミミックオクトパス-おきなわ図鑑より引用

39b90e46



91: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:27:24 ID:d43
>>89
鎧をまとった貝とか、UMAよりUMAらしい生き物もいるもんだ

てつのよろいを身に着けた世界唯一の生物「スケーリーフット(ウロコフネタマガイ)」

 スケーリーフット(ウロコフネタマガイ)は、2001年にインド洋から発見された巻貝で、硫化鉄でできた黒褐色のウロコを持つ、生物初の鉄のヨロイを身に着けた生物。

 この鉄のウロコは磁石に反応し、死ぬとさびるという。捕食性の外敵から身を守るためのものなんだそうだ。そんなめずらしいスケーリーフットが、新江ノ島水族館で標本展示されているという。お近くにおすまいのおともだちは要チェックなんだ。
てつのよろいを身に着けた世界唯一の生物「スケーリーフット(ウロコフネタマガイ)」-カラパイアより引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/ウロコフネタマガイ

6b1ac08c

96: 多重人格サイコたんЯ◆2jmrmsJDsE 2015/08/16(日)00:44:05 ID:MeB
>>91
深海の噴火口みたいなところにいるやつだったかな♪

明日も続きに期待します♪

84: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:20:27 ID:cWr
モスマン怖くね?

モスマン

モスマン (Mothman) は、1966年ごろアメリカ合衆国ウェストバージニア州ポイント・プレザント一帯を脅かした謎の未確認動物(UMA)。宇宙人のペットであるとの説(エイリアン・ペット説)もある。

地元の住人はこのUMAを単に「バード(鳥)」と呼んでいたが、一般にはマスコミを通じて広まった「モスマン(蛾人間)」という名のほうが有名である。
体長は約2m。腕はなく、背中に大きな翼を持つ。その翼をはばたかせる事なく、自動車よりも速く飛行する。目撃者の多くは、モスマンを一瞬しか見ておらず、モスマンの顔はあまり詳細まで覚えてはいないが、目がギラギラと赤く輝き、目と目の間隔が大きく開いていることだけは、多くの目撃者の証言が一致している。 ネズミやコウモリに似た「キィキィ」という鳴き声を発したという証言もある。
「第一発見者」とされる女性によると、彼女が車で時速160kmで逃走した際、モスマンは同等の速度で追ってきたという。また、彼女はTV番組のインタビューの際、「モスマンはフライング・ヒューマノイドに似ているような気がする」と述べている。
wiki-モスマン-より引用
関連:蛾人間モスマンが目撃される

34770161

85: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:21:32 ID:d43
>>84
モスマンのイメージ図は多くのちびっ子にトラウマを植え付けた

87: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:23:05 ID:oSb
>>84
怖い、アメリカのはなぜか無駄に生物兵器っぽい怖さがある
【閲覧注意】外国の都市伝説怖すぎワロタ…
http://world-fusigi.net/archives/7021920.html

95: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)00:42:01 ID:5J3
オカルト大好きだけど怖いの苦手
いやー大変ですわ

引用元: ヒトガタとかいう深海の怪物



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランダム

コメントの投稿

他サイト様おすすめ記事一覧

上部に戻る